選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

4K8K放送とは?視聴する為のアンテナ工事と費用は?

アンテナ工事

4k8k工事

最近よく耳にする事が増えた「4K対応」「8K対応」という言葉。

一般の方でも、何となく「テレビ映りがキレイになるんだろうな~。」という印象を持っている方は多いと思います。ご自宅でのテレビライフも映像がより鮮明にキレイに視聴出来たら嬉しいですね。

ですが、その反面「どうすれば見られるの?」「4K8Kって結局なに?」と思っていらっしゃる方も多いと思います。

アンテナレスキューでも、お客様からどうせ新しいのに変えるなら4K8K対応してほしいなど要望がある事も多いので、今回は4K8K放送を楽しむ為には何が必要か?

どの様に楽しむ事が出来るのか?など詳しく解説していきます。

鮮明で美しい!新4K8K衛星放送とはなにか?

4K8K工事

まず第一に知っておきたいのが、新4K8K衛星放送とは今までの放送とは異なる新しい放送だという事です。注意しておいてほしいのがアナログ放送から地デジに切り替わった際の様に、地デジから新4K8K衛星放送に移行するものではありません。

現在、視聴されている地デジ/BS/CSなどの放送は、今まで通り視聴する事ができる上で、更に新4K8K衛星放送も視聴できるというものです。「今のテレビなどを買い替えないといけないの?」なんて相談をされる事が実際あり多くの人が誤解している傾向があります。

新4K8K衛星放送は、「次世代の映像規格」などとも呼ばれており、そう遠くない未来にはスタンダードになってくるであろう放送方式です。実際に視聴する為には、新4K8K衛星放送に対応したテレビやチューナー、テレビアンテナなどが必要になります。

「2K」「4K」「8K」のそれぞれの違い!

4k8k工事

現在、一般的になっているのは「2K」のフルハイビジョンです。「4K」「8K」とは従来の「2K」を大きく超える超高画質の映像をいいます。

映像には画素数というものがあり、4Kは2Kの4倍8Kは2Kの16倍の画素数となっています。その為、大画面のテレビなどで見ても粗さが気になる事がありません。従来の2Kでは不鮮明だった色彩が明暗が表現できる様になった事から、より美しくキレイな映像を視聴する事ができるのです。

実際に画素数などの比較表を記載してみましたので確認してみましょう。

「2K」「4K」「8K」の違い
画素数規格 2K 4K 8K
画面サイズ例 32型(1920×1080) 65型(3840×2160) 85型(7680×4320)
画素数 約200万画素 約800万画素 約3300万画素

この様な差があります。

大きなテレビでキレイな視聴をしたい方や、映画やlive映像などを実際の臨場感をもって楽しみたい方などは、新4K8K衛星放送を検討してみては如何でしょうか?

テレビは、ハイクオリティ-だけど2Kを受信しているなどの場合は、実際のテレビのポテンシャルを発揮し切れていないなんて事もあります。

新4K8K衛星放送で視聴できる番組は?有料なのか?無料なのか?

新4K8K衛星放送は、有料チャンネルと無料チャンネルが存在します。

また、新4K8K衛星放送には電波地域が2つほど存在しており「右旋(右旋円偏波)」、「左旋(左旋円偏波)」と呼ばれる2つの電波地域があるのです。それぞれ特徴があり、「右旋(右旋円偏波)」は電波が右回りで衛星から送られており視聴可能なのは2K~4Kまでとなり8Kには対応していません。周波数(MHz)も1032~2071までとなっています。

左旋(左旋円偏波)」に関しては左回りで衛星から電波が送られており、周波数(MHz)は2224~3224までとなっています。3224MHzまで対応する事により2K~8Kまで全てを視聴する事が可能になります。

表示が鮮明や綺麗といった所ばかりでなく対応できる番組なども変わってくるので何の放送が視聴できるのかを事前に確認する必要があります。また、この様な周波数の違いから既存のBS/CSアンテナで視聴できる、できないなどが分かれてくるのです。

現時点での「右旋(右旋円偏波)」、「左旋(左旋円偏波)」で見られるチャンネルや既存のBS/CSアンテナで見られる番組。有料・無料の有無などを表組で記載していきますので確認してみてくださいね。

右旋(右旋円偏波)
チャンネル 料金 対応機器
BS 朝日 4K 無料 既存BSで視聴可能
BS テレ東 4K
BS 日テレ 4K
NHK BS4K
BS-TBS 4K
BS フジ 4K
※対応放送は2K4Kのみとなります。8Kは受信できません。
左旋(左旋円偏波)
チャンネル 料金 対応機器
ショップチェンネル 無料 4K8K対応機器が必要
4K QVC 無料
ザ・シネマ4K 無料
WOWOW 有料
NHK BS8K 無料
※NHK BS8Kを視聴する場合には、8K放送対応機器・受信設備が別途必要になります。
110度 CS 左旋 4K
チャンネル 料金 対応機器
J SPORTS1 有料 4K8K対応機器が必要
J SPORTS2
J SPORTS3
J SPORTS4
スターチャンネル
スカチャン1
スカチャン2
日本映画+時代劇
※対応放送は2K4Kのみとなります。8Kは受信できません。

上記が現時点のでの新4K8K衛星放送となります。今後どんどん多くの企業が参入し放送も多種多様になってくる筈です。有料・無料とチャンネルによって違いがあり、一部を除いてですが、右回りの電波は「無料かつ既存のBS/CSアンテナで視聴できる。」、左回りの電波は「大半が有料かつ4Kアンテナなど機器を対応する必要がある。」とこの様に覚えておくのが良いでしょう。

有料チャンネルには、スポーツの専門番組や映画の専門番組などが多くある事から、ご自宅にいても映画館の様な臨場感で、放送を視聴する事が可能になるでしょう。

ご注意!4K対応テレビと4Kテレビの違い!

レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

間違いのある商品を購入してしまうと損をしてしまう可能性があるのでシッカリと購入前に確認してみましょう。

ご自宅のテレビなどは、「4K対応テレビ」でしょうか?実際に4K対対応といわれると4Kの放送を視聴する事が出来ると思われる方が多いと思います。

視聴自体をする事は可能ですが、それは映像上でのお話です。ブルーレイなどで4K映像を表示する事は可能ですが、新4K8K衛星放送の電波を受信する事はできません。

「ん?」と感じる方も多いと思うので詳しく解説していきます。新4K8K衛星放送を視聴する為には、新4K8K衛星放送を受信する為のチューナーが必要になります。「4K対応テレビ」は、鮮明な映像を表示する事は出来ても、新4K8K衛星放送の電波を受信する事が出来ないのです。

結果として「4K対応テレビ」だけでは新4K8K衛星放送を視聴する事が出来ないのです。

対処法としては、「4Kテレビ」を購入する、もしくは新4K8K衛星放送対応の外付けチューナーを「4K対応テレビ」に取り付ける事で視聴が可能な状態になるのです。

新4K8K衛星放送を視聴する為に必要なテレビアンテナは?費用相場は?

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

新規工事の場合と追加工事の場合で費用は異なりますので、注意してくださいね!

ここまでは、新4K8K衛星放送がどの様な放送かを詳しくご紹介してきました。
実際に、新4K8K衛星放送を視聴する為に必要なテレビアンテナや工事などを詳しく解説していきます。

まず、4Kアンテナの工事が必要かどうかは視聴したいチャンネルによって異なってきます。上記で紹介した受信できるチャンネルを参考にアンテナ工事は必要なのか確認してみましょう。

既存のBS/CSアンテナで視聴できる(2K)
右旋(右旋円偏波)「BS 右旋 4K」のチャンネルのみ
4K8K工事をする事で視聴できる
左旋(左旋円偏波)「BS 左旋 4K・8K」「110度 CS 左旋 4K」

となります。

分かりやすくいうと右回り電波は既存の「2K(フルハイビジョン)のBS/CSアンテナ」で視聴する事が可能です。

左回りの電波のチャンネルを視聴する為には、「4K8K対応BS・110度CSアンテナ」の設置が必要になります。

テレビアンテナには、多く種類があると思いますが、衛星放送を視聴する為に必要なアンテナはお皿の形状をしているパラボラアンテナになります。地デジのテレビアンテナとは異なりますので、間違えないに気をつけてくださいね。

新4K8K衛星放送を視聴する為に設置できるアンテナは2種類

新4K8K衛星放送を視聴する為のテレビアンテナは、「110度アンテナ」と「マルチアンテナ」の2種類となります。同じ機能を持つテレビアンテナなのですが、CSのプレミアムサービスに加入する場合には「マルチアンテナ」の設置が必要になります。

プレミアムサービスの加入予定がない場合には、「110度アンテナ」を設置する事で新4K8K衛星放送を視聴する事が可能となります。実際に、テレビアンテナを購入する場合には、「4K8K対応」や「110度」といった表記してあるかなどを確認し購入する様にしましょう。

4Kアンテナの本体価格は、大体6,000円~15,000円程度で購入できます。また、業者に取り付けを依頼する場合には、本体価格+作業費の合計で30,000円~50,000円程度になります。視聴したい部屋数が多い際などは分配作業も入ってくる為、費用も変動しますがアンテナ工事の部類の中では技術料が高い部類に入るという事は覚えておいてください。

既存部材を使用する事ができない?周辺機器も4K対応しているかチェック!

4k8k工事

新4K8K衛星放送を視聴するには、ここまでテレビ本体+テレビアンテナと紹介してきましたが。

アンテナ本体以外にも、ブースターや分配器も4K8K対応する必要があります。現在、使用している製品に「4K8K対応」と記載があるか確認してみましょう。

4K8K放送がスタートしたのが、2018年12月1日からですので、それ以前にアンテナ工事をされているご自宅は4K8K対応は出来ていないだろうと判断していただいてもOKです。実際に対応出来ている機器には「4K8K対応」と記載があるのですが、実際に対応している機器であっても「4K8K対応」と記載されていない場合もあります。

4K8K表記以外にも対応できる機器なのか確認するポイントを説明していきますので、確認してみてくださいね。4K放送対応製品かどうかの確認点は、次の2つです。

4K放送対応の確認方法
  • ① 対応する周波数をチェック
  • ② SHマークの有無を確認

1つずつ詳しく説明していきますので見ていきましょう。

周波数をチェックする事で受信できる放送を判断しよう

電波を受信する際に欠かせないポイントが「周波数 MHz」です。
周波数の数字は、低いものから高いものまであり新しい放送ほど高い数字が使われています。

次の表を確認してみましょう。

2K対応製品のみで保証している周波数 4K8K対応製品のみで保証している周波数
地上デジタル BS右旋 110゜CS右旋 BS左旋 110゜左旋
周波数
470MHz~710MHz 1032MHz~1489MHz 1595MHz~2071MHz 2224MHz~2643MHz 2748MHz~3224MHz

となります。

周波数の違いによって視聴できるチャンネルが違ってくる為、周波数を確認する事で現在の機器が対応しているかを確認する事ができます。

その為、4K8Kの有料チャンネルを視聴したい方は2748MHz~3224MHzまで対応できる機器を使用する事で全てのチャンネル(2K・4K・8K)を視聴する事が出来るのです。

アンテナ周辺機器にSHマークがあるかチェックしよう!

上部の画像がSHマークになります。
アンテナの側面や説明書などに、上記のマークの表示はありませんか?

こちらは、「SHマーク」といい「スーパーハイビジョン受信マーク」の略となっています。

SHマークは、JEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)によって定められている「一定以上の性能をもっている」と評価されている商品にのみ付けられているシンボルマークになります。

このマークががついているアンテナ機器に関しては、4K8K対応は勿論の事、電波障害の影響も少ないといった優良製品の証となります。アンテナやアンテナ周りの製品を選ぶ際には、SHマークの表示がある製品を選ぶ様にする事で間違いのない対応が可能となります。

新4K8K衛星放送を視聴する為の工事と、既存のBSアンテナとの価格の違い

4k8k違い

ここまで新4K8K衛星放送について、詳しく説明してきましたが実際のアンテナ工事はどの様な事を行うのか?などが気になるかと思います。

アンテナは、一度設置してしまえば基本的にはメンテナンスフリーで10年程度は使用できます。新築のアンテナ工事などの場合には、通常のBSアンテナ工事と8Kまで対応させる工事とで業者にもよりますが5,000円程度の違いがあります。

その為、現在は8Kを視聴する予定がなくとも今後8Kテレビが安くなったり8K放送が充実してくるといった事も予想できるので現在アンテナ工事を希望している場合などには4K8K対応のアンテナにする事をお勧めしています。

ただ、注意が必要なのが既存のBSアンテナを4K8K対応にする場合には従来の右旋を8K(左旋)に対応させようとすると部屋の配線や、付随する機器まで全て交換する必要が出てくる為、工事として大掛かりになります。

この様な事から新4K8K衛星放送を視聴する為の工事費用は割高になっている事が多いのです。尚、工事業者によっては8Kまで対応してほしいとの希望を伝えないと8Kまでは対応しないといった事も多いので、工事業者の方には事前にシッカリと8Kまで対応してほしいとの旨を伝える様にしましょう。


新4K8K衛星放送とは、何のチャンネルが視聴できるのか?どの様な放送なのか?などは伝わったかと思います。

アンテナレスキューでは、新4K8K衛星放送対応の工事や新規設置なども対応しています。新規設置から追加工事を行う場合など、分かりやすいご説明と事前お見積りで安心してご依頼いただけます。

関東エリア・東海エリアにお住まいの方で新4K8K衛星放送を検討しているという方は是非ご相談いただけたらと思います。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

4Kアンテナを安く設置する方法は?助成金がある事を知っていましたか?

4k8k工事

従来のBS/CSアンテナから4Kアンテナに交換する際には、国から助成金が出るという事を知っていましたか?当然、申請が必要なので知らない方は、助成金をもらえる事はありません。

助成金として、貰える費用はトータル工事費用の1/3程度の金額を国が負担してくれるといった制度になっています。集合住宅の場合などは、約30,000円ほど金額が安くなります。

※全ての方に該当する訳ではありません。助成金の金額は個人差があります。

この助成金は、4K放送がスタートした段階で総務省とA-PAB(一般社団法人 放送サービス高度化推進協会)により始まった制度になっています。実際に助成金を受け取る為には以下の4つの条件を満たしている必要があります。

助成金の受け取る為の4つ条件
  • 4K8K放送の左旋(左旋円偏波)の電波のチャンネルを視聴したい方
  • 申請時の現段階で、従来のBS100度アンテナが設置されているご家庭
  • 設置されている従来のBS110度アンテナは2017年5月11日以前に設置されたものである
  • アンテナの設置を予定している場所は、一般のご家庭である事(店舗や事務所等ではない)

以上が、4つの条件となっています。

また、助成金の対象となるのはアンテナ本体の価格ではなく、アンテナに付随する機器の「ブースター」、「分配器」、「壁面端子」などの周辺機器が助成金の対象範囲となっています。

新4K8K衛星放送の助成金の申請手順について

実際に、どの様に申請するのか?ほとんどの方が分からないと思いますので詳しく申請手順をご説明していきます。

下記の手順で助成金を受け取る事が出来ます。

STEP
01

登録業者に4Kアンテナの交換の問い合わせや依頼を行う

対応していない業者もあるので対応可能かの有無などもシッカリと電話などで依頼前に確認してみましょう。

STEP
02

登録業者に助成金の申請、助成金の受領を依頼する

この際に申請書類の提出や、工事写真の撮影。A-PABに提出などの作業が必要になります。
(※対応していない業者もあるので事前に確認してみましょう。)

STEP
03

金額が確定した段階で通知、業者側から助成金を受け取る

実際の助成金は、ご依頼した本人ではなく施工を担当した業者側に振り込まれます。その為、助成金が確定した段階で業者から受け取る事が出来ます。または、工事料金から助成金分の金額が差し引かれている金額で工事を行う事が出来ます。


こちらが、助成金を受け取る為のSTEPになります。

業者側が対応しているという事も助成金の申請を行う事前条件となる為。工事を検討している際などは事前に確認してみましょう。

新4K8K衛星放送の助成金を受け取る為の3つの注意点

また、この制度を利用する上での注意点もあり、次の3つが助成金を受け取る為の注意点となります。新4K8K衛星放送や助成金を検討されている方は注意点もあわせて確認してみてくださいね。

申請した方、全てが助成金を受け取れる訳ではない!

新4K8K衛星放送の助成金の申請タイミングは、毎年A-PABのHPで発表されています。

2019年の7月に開始されているのですが、申請数などによっては申込枠が埋まってしまっている事が考えられます。その場合は、申請しても受け取れないといった可能性がある事は把握しておいてください。
シッカリと助成金を受け取りたいという方は、A-PABのHPを確認してみると良いでしょう。

では、実際に助成金の申請が通った場合の注意点です。

助成金の支給までには時間がかかる。1ヶ月以上の時間がかかる事も?!

助成金は、工事後申請してもスムーズに支給される訳ではありません。
平均的な時間ですが、申請が通ってから金額が確定するまでに掛かる時間が1ヶ月程度。実際に金額が確定してから助成金が支給されるには、更に時間が掛かります。

助成金が支給される事でお安く4K8K対応できるのはメリットなのですがお急ぎでアンテナを交換し鮮明な映像を楽しみたいという方には向いておりませんので時間が掛かるという事はシッカリと念頭においておいていただけたらと思います。

実際に支給方法は業者によって異なります

助成金は一度業者に支給されてから、ご依頼者様に業者から振り込まれるといった流れになります。

助成金が支給された通知に関しては、業者とご依頼者の両方に国から通知がいくので安心ですが。業者によっては、工事費用から差し引きしてくれる業者もありますが、支給されてから申請者に業者から振り込まれるといったパターンもあります。

その場合には、実際の工事費用は助成金が差し引きされていない金額を一度お支払いする必要があるので事前に依頼する業者に確認してみると良いでしょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?
新4K8K衛星放送は、今後のスタンダードになってくる次世代の放送です。

既存のアンテナから交換する場合には、費用はお高めになってしまいますが新築などで設置される場合などはお勧めです。また、設置を検討している方は次の3つのポイントを覚えておきましょう。

  • 既存のBS/CSアンテナでは2K(フルハイビジョン)までしか視聴できない
  • 4K8K対応する際にはテレビからアンテナ周りまで交換する必要がある
  • 4K8Kアンテナ工事は助成金を利用する事で安く行う事ができる

以上となります。

実際の助成金の申請や何処まで交換すれば良いのかなどは中々、分からない事が多いと思います。アンテナレスキューでは、その様な「ややこしい手続き」や「分からない」といった事も相談していただけます。

関東エリア・東海エリアで新4K8K衛星放送を希望している方は、是非アンテナレスキューまでご相談ください。「無料見積り」「現地調査無料」「無料相談」で実際の施工作業までは無料で対応を行っていますのでお気軽にご相談いただけたらと思います。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. テレビアンテナの鳥害対策!鳥害・糞害に有効な対処法を詳しく解説!

  2. テレビは映らないが番組表だけ映る!番組表しか映らなくなる原因と対処…

  3. 雷のあと、テレビが映らない・電源が入らないなどのトラブル時の対処法…

  4. デザインアンテナは映りが悪い?受信感度が弱い理由と、受信感度を高め…

  5. 景観地区でテレビアンテナは設置できる?規制内容とテレビアンテナを設…

  6. 雨が降るとテレビが映らない・映りが悪い原因から対処法を詳しく解説!…

  7. B-CASカードエラーでテレビが映らない!エラーの原因と対処法を徹…