選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

地デジアンテナの選び方!それぞれの特徴から設置方法まで徹底解説!

アンテナ工事

アンテナ修理

テレビを視聴する為のテレビアンテナ。
近年は、テレビも多様化しておりアンテナ以外でも、独自の放送放送を行っている光テレビやケーブルテレビなど多様化しています

ですが、今だにテレビを見る時の大多数のご家庭はテレビアンテナ視聴です。以前までは、屋根上に魚の骨の様な形状のテレビアンテナを設置しているのが主流でしたが、ここ最近はデザインアンテナ(平面アンテナ)が主流になりつつあり、屋根上設置ではなくご自宅の壁面に設置する様なテレビアンテナが増えています。

デザイン性などが優れている事から新築戸建ての方が選択する場合は、8割以上の方がデザインアンテナを選択しています。ですが、電波状況などを考えずデザイン性のみなどや価格などでテレビアンテナを決めてしまうと、

雨の日だけ映りが悪いんだよな~。
NHKだけ、ノイズが酷くて視聴できないよ。

などの事になりかねません。

アンテナを選ぶ際には、受信強度や分配する部屋数などの事を考え選択する事で間違いのないテレビ視聴を行う事が可能になります。

今後、テレビアンテナの交換予定がある方や新築に引っ越し予定先にテレビアンテナを新規設置を検討している方などは、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

地デジアンテナは大きく分けて3タイプ!それぞれの特徴を解説

地デジアンテナ特徴

地デジアンテナは、大きく分けて3種類ほどあります。

それぞれ、形状から受信できる電波力などの違いがありますが、一番オーソドックスなテレビアンテナは屋外用の「八木式アンテナ」、新築戸建てに新規設置する際やアンテナ交換の際などに人気の「デザインアンテナ(平面アンテナ)」、一番手軽に導入できる屋内専用の「室内アンテナ」があります。

それぞれが、ご自宅や周辺環境によって向き不向きがある為、良く調べた上で選択していただくのがベストです。見た目や値段などで決めてしまい後々、テレビが映らないといった事がない様にシッカリと特徴を抑えておきましょう。

八木式アンテナの特徴(屋外用)

八木式アンテナ

アンテナした受信力が魅力のオーソドックスなテレビアンテナです。
テレビアンテナの選択に迷った際には、八木式アンテナを選択しておけば間違いありません。

本体価格2,000円~10,000円
八木式アンテナ
メリット

電波の受信性能では、今回紹介する3つのタイプの中で一番優れており、ほとんどの環境下で電波を受信する事が可能です。アンテナ本体の価格も低価格で導入できる事から一番普及されているテレビアンテナになります。

デメリット

八木式アンテナの場合は設置場所が基本屋根上の設置になる事から、業者に依頼し工事を行ってもらう必要があり工事費などがアンテナ本体以外に発生します。スペースなどを確保できる場合には、屋根裏に設置するといった事も可能です。

また、基本は屋外設置のテレビアンテナですので台風や大雨といった天候の影響を受けやすく方向が変わってしまったり故障してしまう可能性があります。

デザインアンテナの特徴(屋内・屋外兼用)

デザインアンテナ

スマートなシルエットでデザイン性が特徴のテレビアンテナです。

家の景観を損ねないのが魅力であり専用のスタンドを使用する事で屋内に設置する事も可能です。一般的には、家の壁面に取り付ける事が可能な事から電波測定や接続ケーブルなどの知識がある方であれば、ご自身での設置も可能になります。

本体価格5,000円~15,000円
デザインアンテナ
メリット

何といっても、デザインアンテナのメリットはデザイン性になります。 一般的な屋根上設置のテレビアンテナと違い、壁面に設置する事で家の景観を損ねる事がありません。カラーバリエーションも4種類ある事から家の壁面のカラーにあわせて設置するテレビアンテナを選択する事が可能です。
景観指定地域などでは、屋根上のテレビアンテナは設置できないという地域もあるのですが、壁面のテレビアンテナであれば設置可能という事もあり近年、新規設置や交換の場合には大人気のテレビアンテナになります。

デザイン性以外にもメリットがあり、壁面設置やカバーがついているという事から天候などでの故障が少ないといった特徴があります。台風時などで曲がってしまうや方向が変わってしまうという事がないので、電波状況に問題がない場合にはオススメのテレビアンテナになります。

デメリット

デザイン性が魅力という事は、お伝えしましたが一般的な八木式アンテナと比べた際には、受信力が劣ります。アンテナ本来の受信力が劣る事や、設置個所が壁面設置という事もあり受信問題は発生する可能性があります。デザイン性のみで選んでしまうと、一部チャンネルのみ映りが悪いなどの問題が発生する可能性があります。

設置する技術事体は、難しい訳ではありませんが電波測定など事前にシッカリと確認してからでないと設置してからベストな状態で視聴できないという事に繋がりかねませんので注意が必要です。

室内アンテナの特徴(屋内用)

今回、紹介している3タイプのアンテナの中で唯一工事の必要のないテレビアンテナになります。
卓上タイプで室内設置を目的としているテレビアンテナになります。その為、ご自身で設置・設定する事が容易に出来ます。室内に設置する事を前提としている為、3タイプの中で受信力が一番劣りますので電界地域など、ご自宅環境を予め把握して購入する必要があります。

本体価格2,000円~7,000円
室内アンテナ
メリット

最大のメリットは、導入コストが少ないという事です。
基本的に、室内アンテナに関しては業者などに依頼する事なくご自身で設置を目的としてテレビアンテナになります。業者に依頼しませんので、業者への工事料金が必要ないという事から、費用面のメリットが挙げられます。その他にも、屋内設置ですので天候などの自然災害などの影響を受ける事がありません。電波にさえ問題ない様な地域であれば簡単に導入できるテレビアンテナになります。

デメリット

屋内用のテレビアンテナを設置する際に考える必要がある項目として、電波の受信力です。
3タイプの中で、一番受信力が弱いです。屋内設置を目的としている事などから、ご自身で設置する場合には、電波測定などで問題がないと確認してから設置する様にしましょう。
簡単な基準としては、携帯のワンセグなどで問題なく視聴できる様なご家庭でないと検討するのは厳しいでしょう。

選ぶアンテナは、設置場所の電界強度を確認してから選択しよう!

電界地域
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

アンテナを設置・交換する際には、電波の測定が必須になります。間違った選択をしてしまうと映らないなんて事もありますよ。

テレビアンテナを選択する際に、一番重要な点として「電界強度」が重要となります。

「電界強度」とは、電波の強さを指します。電波塔から送信される電波の距離や障害物の有無などを加味して強さ別にエリア分けしたものを、「電界地域」と言います。

「電界地域」には、「強電界地域」「中電界地域」「弱電界地域」と3タイプに分けれます。

「強電界地域」とは字面の如く、電波の強い地域となりますのでテレビアンテナを設置する際も屋外用のアンテナ、屋内用のアンテナとどちらからでも選ぶ事が可能となります。

「中電界地域」の場合は、屋外・屋内兼用のどちらでも設置可能です。「弱電界地域」の場合には、屋外のテレビアンテナ一択となります。

現在、お住まいになっている地域がどの電界地域に属しているかなどは、依頼する業者などに聞いてみるのが一般的ですが近所の電気量販店などに聞いてみる事で分かるケースもあるので、聞いてみるのも良いでしょう。

また、下記が電界強度の目安の数字となりますので併せて確認してみましょう。
ただし、ご自宅周りの障害物などにより正確な数字は変わってきますのでご注意ください。

強電界地域
電界強度目安 80dBμV/m
対応アンテナタイプの目安 屋内専用、屋内・屋外兼用、屋外専用
中電界地域
電界強度目安 70dBμV/m
対応アンテナタイプの目安 屋内・屋外兼用、屋外専用
弱電界地域
電界強度目安 60dBμV/m
対応アンテナタイプの目安 屋外専用

アンテナを選択する際には、他にも確認しておく必要がある項目について

確認点

電界強度は、外的要因として確認しておく重要な項目ですが。

アンテナ本体の機能に関してもアンテナの種類以外にも性能の違いがありますので確認しておく必要があります。確認項目としては、「動作利得(どうさりとく)」と「素子数(そしすう)」の2つがあります。

電界強度を確認してテレビアンテナのタイプを選択した際は、テレビアンテナの性能として「動作利得」と「素子数」の2つも確認しておきましょう。では、「動作利得」とは何なのか?という所から詳しく解説していきます。

動作利得(どうさりとく)とは?

動作利得とは、電波受信の感度を指します。デシベル(db)といった表記で記載されており、数値が大きい程、電波感度が高くなります。

受信感度は、先程説明した電界地域によって必要な数字が違ってきます。
下記の数字を参考に、現在お住まいの電界強度にあわせてテレビアンテナを選択してみるのが良いでしょう。

強電界地域
動作利得目安 5db以下
中電界地域
動作利得目安 5db~10db程度
弱電界地域
動作利得目安 7db~14db程度

素子数(そしすう)とは?

素子数とは、八木式アンテナの横棒を素子といいます。

こちらの本数を、「素子数」として数えます。素子数の数多い程、動作利得が高くなる傾向があり、その他にもビルからの電波の反射などによって起きるノイズを軽減するといったメリットがあります。

例え、強電界地域にお住まいの場合でもビルなどが多いエリアなどでは「遮蔽障害(しゃへいしょうがい)」などの影響を受けてしまう場合がありますので、素子数が高いテレビアンテナを選択した方が良い場合があります。

尚、デザインアンテナや室内アンテナの場合には横棒などの素子が存在しませんが「20素子数相当」といった表記で説明されています。


この様に、選択できるテレビアンテナは地域の電波強度や受信感度が重要になります。アンテナ設置業者であれば、電波測定などを行いテレビアンテナを選択するので問題がないと思いますが、ご自身で設置を検討する際などには事前にシッカリと確認しておく必要があるのでご注意ください。

アンテナレスキューでは、「現地調査」を行い最適なテレビアンテナをお奨めしています。また、ご希望のテレビアンテナが設置可能かなどの判断をする事もできますので、テレビアンテナの設置や交換工事を検討している方は、お気軽にご相談ください。

関東エリア・東海エリアが対応エリアになりますが、当日~翌日などの迅速な対応も可能です。テレビアンテナ設置を希望されているお電話いただけたらと思います。

電話相談

日本製の地デジアンテナの3大メーカー

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

使用したいテレビアンテナの種類や保証などを加味して選ぶのが良いですよ!シッカリとご自宅の環境にあわせて選ぶ様にしましょう!

ここまで、テレビアンテナに3タイプある事をお伝えしましたが。
テレビアンテナにも海外製の粗悪品から、日本製のテレビアンテナまで多くのメーカーがあります。

必ずしも海外製のテレビアンテナが粗悪品とは言えませんが、アンテナレスキューがお薦めするのは、日本製のテレビアンテナです。壊れなどにも強く、付随する機器なども多く発売しているので、安心して使用する事が可能です。

ではどのアンテナメーカーの製品がお薦めか?
国内シェアNo.1~No.3まで紹介していきます。

国内シェアNo.1 マスプロ

マスプロ

まずは、1つ目に紹介するのがアンテナ業界のシェア1位ののテレビアンテナメーカー「マスプロ」です。電波を高感度で受信できる製品が多く、アンテナ業界のトップメーカです。電波を妨害する要素を取り除いて高利得を追求した製品が人気です。

アンテナ本体以外にも、電波を測定できる「デジタルレベルチェッカー」や「分配器」や「ケーブル」、と「セキュリティー機器」といったモノまで豊富な製品があるのも魅力です。アンテナのメーカー選びに迷った際には、「マスプロ製」で揃えておけば間違いありません。

国内シェアNo.2 DXアンテナ

DXアンテナ

DXアンテナもテレビアンテナの総合メーカーになるのですが。
DXアンテナの強みは「デザインアンテナ」になります。スマートなデザインで屋内・屋外兼用のアンテナです。通常の八木式アンテナより電波受信力が弱いのですが、DXアンテナ性のデザインアンテナは受信感度にも定評があります。

アンテナレスキューでも、「デザインアンテナ」はDXアンテナを使用しており国内のアンテナメーカー大手の1つです。その他にも、製品の修理サポートも万全の体制が整っており安心です。

国内シェアNo.3 日本アンテナ

日本アンテナ

国内メーカーのシェア3位の日本アンテナは一般のご家庭より中規模なマンションの工事やケーブルテレビのサービスをメイン事業としています。
製品は、薄型ながら高利得なアンテナ製品が人気となっており、ベランダなどに設置できる製品なども多く販売しています。

最近では、JAXAが行っているプロジェクトで「かぐや」にも参加しています。その他にもフィリピンやアメリカ・上海などに拠点を作るなど海外進出にも力を入れている企業です。

アンテナ設置の際のよくある質問と回答集

テレビアンテナ設置質問

アンテナの新規設置や交換を行う際には、分からない事も多く。
相談前にもアンテナレスキューには多くの質問やご相談をいただきます。その中から多くご相談をいただいている質問と回答集をお答えします。

昔から電波が弱いのですが、改善してもらう事は可能でしょうか?

相談者 Aさん
ご相談への返答
電波測定などの調査を行い最適な提案を行う事が可能です。

電波を発信しているテレビ塔などから距離が離れている場合や山間部や大きなビルが近くにあった場合などには、ブースターと呼ばれる電波増幅器を使用します、あわせて受信力の強いテレビアンテナを設置する事で安定したテレビ視聴が可能になります。

自分でテレビアンテナを取り付ける事は可能できませんか?

相談者 Iさん
ご相談への返答
屋根上設置の際は、危険を伴います。
電波の受信に問題が出てしまう事もある為、業者依頼がベターな選択です。

屋外用のテレビアンテナの場合には、屋根上や高所作業が必要になる場合がほとんどです。この様な場合には、高所で5㎏程度の金属を持ちながらの作業になる為、一般の方ですと非常に危険です。また、設置ができる状態であっても電波状況や配線関連などはシッカリとした知識を持った上で作業を行う必要があります。ご自身で対応するのは、室内設置用のアンテナのみにするのが良いでしょう。

BS放送やCS放送が映りません。どうしたら良いですか?

相談者 Oさん
ご相談への返答
BS放送やCS放送を受信する為には、衛星放送を受信する為のパラボラアンテナを設置する必要があります。

基本的には、地デジアンテナは、地上波用の電波を受信する為のテレビアンテナになります。その為、地デジ用のアンテナの場合、地上デジタル放送のみの対応となります。したがって、BS/CSを受信したい場合には衛星電波を受信する為の、専用のパラボラアンテナが必要になります。

どうすれば4K8K放送を視聴できますか?

相談者 Aさん
ご相談への返答
4K8Kとは、専用のテレビアンテナが必要になります。

衛星放送という事で、BS/CSアンテナがあれば受信できる様に思う方も多いのですが、衛星放送の中でも周波数には違いがあり4K8Kを受信する為には専用のテレビアンテナから専用機器が必要になります。

下記の記事では、4K8K放送を視聴する為の費用や工事内容などを詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。


ここに紹介されている質問はアンテナ設置に関する質問の一部になりますので、その他の質問など下記で、細かく解説していますので詳しくは下記のページをご確認ください。

こちらのページに記載されていない内容で質問があった場合などは、お気軽に相談フォームよりご相談いただけたらと思います。

アンテナに付随する、その他の機器

テレビアンテナその他の機器

ここまでは、テレビアンテナのタイプなどや設置状況などを詳しく解説してきましたが、テレビアンテナを設置する際には、アンテナ本体以外にも必要が機器や便利な機器があります。

電波が弱くなってしまった際などに、電波を増幅する機器や部屋毎に電波を分配する機器など多く存在しています。使用方法など間違ってしまうと悪影響になってしまう場合もあるので、間違った選択をしない様に、注意が必要です。

使用する機会が多い、アンテナ機器を幾つか紹介していきますので確認していきましょう。では、混合器から紹介していきます。

混合器(ミキサー)

混合器とは、複数のアンテナから同軸ケーブルを1本の同軸ケーブルにまとめる役割と果たしていまUHFアンテナからの電波と、BS/CSアンテナからの衛星電波を1本の同軸ケーブルにまとめる事が可能です。

同じ「混合器」と呼ぶ部品でも異なる役割の部品が、チューナー内部にありますので、区別したい場合には「アンテナ混合器」と呼びます。

分波器(セパレーター)

分波器とは、混合された電波を地上波とBS/CSに分ける機器になります。
テレビのアンテナ線の差込口が、地上波とBS/CSと分かれている場合などの際に片方だけ電波を送る場合に使用します。
分波器と分配器と名前が似ていますが、全く別の機器ですので注意が必要です。

分配器(スプリッター)

分配器とは、混合された電波を混合された状態のまま2つに分ける為の機器になります。壁の端子が1つしかないが、2つのテレビで視聴したい場合などに使用します。この分配時には、地上波とBS/CSなどの混合された状態の電波を混合された状態のまま分ける事が出来るのです。

増幅器(ブースター)

ブースターは、電波の増幅器です。

弱電波地域などや、分配した際などに電波が弱くなってしまった際などに使用する機器となります。信号品質自体をあげる事はできませんが、弱くなってしまっている信号強度を増幅する事が可能です。

使用方法を間違ってしまうと悪影響が出てしまう事もあるので注意が必要ですが、非常に便利な機器となっておりテレビ映りが不安定な状態で使用した際などはテレビが安定して視聴する事が出来る様になります。下記の記事では、ブースターについて詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

減衰器(アッテネーター)

アッテネーターとは、電波を減衰する機器となります。

受信する電波が強すぎる場合に使用します。電波が弱いと映らないといった事は、ほとんどの方が分かると思いますが受信する電波が強すぎる事で映りが悪くなる、又は映らないといった事があるのです。

電波は、強すぎても弱すぎてもダメなのです。強すぎる電波を弱くする為に使用しますが間違った使い方をしてしまうと、悪影響がでてしまいますので減衰機の設置は業者に行ってもう事をお奨めしています。


上記などがテレビアンテナと付随する機器の紹介になります。

テレビ映りが悪いからブースターを設置してほしいや、視聴したい部屋数を増やしたいから分配器を設置してほしいなどの様な相談もアンテナレスキューでは受け付けております。

関東エリア・東海エリアのみの対応となりますが、「現地調査・お見積り・ご相談」は無料で対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

電話相談

テレビアンテナを設置するには?

テレビアンテナ設置

テレビアンテナを設置には地デジ用のアンテナとBS/CS用のアンテナと2種類があります。それぞれ設置方法が違います。

地デジ放送であれば東京スカイツリーや大阪生駒山などのお近くの電波塔から電波を受信します。BS/CSなどの場合は、衛星から発信されている電波を受信できる様に角度や場所を考え設置します。

テレビアンテナを設置する際には、アンテナ本体以外にも使用する部品も多く、基礎的な工具の取り扱いなどのスキルなどは必要になります。スキルや知識も必要な事から、基本的に業者に依頼し設置してもらうのが良いでしょう。

ご自身で、アンテナ設置や交換を行う際には、次の5つの項目を確認し問題ないか確認してから行う様にしましょう。

工事を自分で行う際の確認項目
  • 設置・工事を行う為の工具が揃っている
  • 工具を扱えるスキルがある
  • 屋根上などの高所作業経験がある
  • 電波測定やケーブル接続の知識がある
  • アンテナ落下やミス工事をしてしまうなどのリスクを理解している

こちらの項目に不安がある様な状態では、ご自身でアンテナ工事を行うのは止めた方が良いでしょう。ご自身で工事を行い視聴チェックの際に問題ないと思われていても、

寒い季節や雨の際に映らなくなるなど問題が出てしまう事があります。なにより、一番怖いのは落下事故などが起こってしまう事です。この様な事が起こらない様に、プロのアンテナ業者にテレビアンテナ工事を依頼する事をお奨めします。

アンテナレスキューでも、テレビアンテナの設置・交換など対応しています。
現地調査を行い、ご自宅の環境にあった最適な提案をいたします。
テレビアンテナ工事でお悩みの方は是非、ご相談ください。

電話相談

まとめ

如何でしたでしょうか?
アンテナの設置・交換は各ご家庭の周辺環境により選択肢が変わってきます。

ご自身で、検討する際にはシッカリと確認する様にしてくださいね。
また、この記事でのポイントは次の3つです。

  • アンテナのタイプは電波受信力や設置場所が変わる
  • 電界地域を把握しておく
  • 工事を自身で行う際には知識やスキルが必要

シッカリと理解した上で工事を行う際には、ご自身でアンテナを設置する事も可能です。金銭面でいうとプロの業者に依頼した場合と、2万円程度の金額しか変わりませんので掛かる時間やリスクを考えた際は、業者に依頼し安心して工事を行ってもらうのがベストです。

アンテナ工事を迅速かつ安全にしてほしいという方などは、アンテナレスキューに相談いただけましたしたら当日~翌日にアンテナ専門のスタッフが工事を行います。

ご相談・お見積り・現地調査」など施工前の対応に関しては無料で行っておますので、お急ぎの方は下記のお電話番号にお電話ください。メールなどでも24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡いただけたらと思います。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…