選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

アパートやマンションの賃貸物件でBS/CS放送を視聴する方法とは?

アンテナ工事

マンション・アパートでBS/CSを視聴

今、住んでいるマンション・アパートでBS・CS放送を視聴したいと思った事はありませんか?マンションやアパートに住んでいてBSやCSを視聴したいけど、アンテナ設置とか分からず、視聴を諦めている様な方は多い筈です。

ですが最近では、BS/CS放送が視聴できるマンションやアパートが増えてきています。

そこで、今回の記事では住んでいる物件でBS/CSが視聴できるか確認する方法や、視聴できない場合には、BS/CSを視聴する為の方法をご紹介していきます。

許可が必要なのかどうなのかなどもシッカリと説明していきますのでお困りの方は是非、参考にしてくださいね。

急ぎで、設置してほしい方などは下記の電話番号にお電話いただければ迅速に設置工事に伺いますのでご相談ください。

電話相談

マンションやアパートでBS/CSが視聴できない時に確認する事とは?

賃貸物件でのBS/CSを視聴する方法
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

賃貸物件で、BS/CSを視聴を希望している方はまずは幾つかの項目をシッカリと確認してみましょう!

現在、お住まいのアパート・マンションでBS放送が視聴できない方は、まずは、アンテナが設置されているか確認してください。この際に、アンテナが設置されていない場合には、BS/CSを視聴する事が出来ません

設置されていない場合には、アンテナを設置する事で視聴できる様になりますが、マンションやアパートにアンテナを設置する際には、幾つか確認する項目があります。

設置を検討する前に、次3つを確認しておきましょう。

アンテナ設置前に確認しておきたい確認点について
  • ①現在、契約されている物件の賃貸契約の確認
  • ②アンテナを設置して問題ないかの確認
  • ③テレビで視聴できるかの直接確認

設置を検討する際には、この2点の確認を事前にしておく事で後々、問題になる事がありません。では、1つずつ解説していきますので見ていきましょう。

現在、契約されている物件の賃貸契約の確認

契約書の確認

賃貸物件にアンテナを設置する場合には、まずは賃貸物件の契約内容を確認してみましょう。アンテナを設置すれば受信し視聴できる環境であったとしても、物件によってはアンテナを設置する事が禁止されている場合があります。

この様な事を確認せず、設置してしまうと後々、外してくださいといった事につながりかねません。その様にならない為に、設置工事を行う前に契約内容をシッカリと確認しておきましょう。

契約内容が不明な状態で設置するのは、リスクとなりますので契約書を確認したが分からないといった方は、大家さんや管理会社などに確認を取るのが良いでしょう。

アンテナを設置して問題ないかの確認

アンテナを設置して問題ないかの確認

BS/CS放送を視聴する為には、衛星放送用のパラボラアンテナの設置が必要になります。マンションなどの場合には、ベランダなどの手すりに設置する事になります。

ですがベランダには、アンテナを設置する場合には許可をとる必要があります。

ベランダに洗濯物などを干す程度であれば許可は必要ないのですが、アンテナなどの場合には、専用の固定器具で固定する必要がある為に、景観を損ねる可能性があります。

この様な場合には、許可なく設置する事が出来ません

基本的には、ベランダなどは共有スペースとなっており勝手に手を加える事はできないのです。物件の外観に違いが出る様な作業を行う際には、大家さんや管理会社に許可を取る必要があるので注意が必要です。

契約上で設置が難しい場合には?

管理会社や大家さんに確認した際に、許可がおりないや設置が禁止されている場合があります。この様な場合には、固定型のBS/CSアンテナを設置する事が出来ません。

こういった場合には、室内にアンテナを設置するという方法があります。室内設置のアンテナの場合には、設置は比較的に簡単ですので、ご自身で設置する事も可能です。

ですが、室内設置のテレビアンテナにもデメリットがあり設置場所によっては受信できる電波にバラつきがあり、正常に視聴できない事も多いです。

特にBS/CSアンテナの場合には、電波を受信する角度などが1mm単位変わってしまうだけで、視聴できないなどが起こってしまう様な繊細な設定が必要です。また、外壁や屋根の素材によっては電波を通さないといった事もありますので室内設置を検討する際には、シッカリと電波測定し設置する様にしましょう。


BS/CSアンテナの設置が問題なく設置してほしいといった方は、アンテナレスキューに相談いただければ、15,000円~でテレビアンテナの新規設置を行っています。

当日~翌日には、設置工事の対応も可能ですのでBS/CSの交換や新規取り付けを検討されている方などは、是非ご相談ください。

また、視聴できない様な物件の場合には、アンテナを設置する事で視聴可能になりますが事前に確認を取っておかないと、アンテナの工事を行ってから外さなければいけないなどのトラブルに繋がる事がありますので事前に確認を取っておいてくださいね

電話相談

アンテナを設置する前にBSが映るか確認してみよう

確認方法
レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

BS/CSが映る場合には、接続方法を調整するだけで視聴できる様になるので、確認は必須です!

BSをアパートやマンションで視聴したい場合には、アンテナを設置する前にBSが映る物件なのか確認してみましょう。確認方法としては、管理会社や大家に電話などで確認せずともスグにテレビ側で確認できる簡単な方法をご紹介します。

テレビで視聴できるかの確認方法

室内のテレビ端子をテレビ裏に接続しテレビを視聴している場合には、テレビ端子からのケーブルを「地上デジタル入力」と書かれている入力口にケーブルを繋いでいる状態の筈です。このケーブルを、「BS/110度CS入力」と書かれている入力口に繋ぎ直してください。

繋ぎ直した後に、テレビリモコンでBSのボタンを押します。これで、幾つかチャンネルを変更してみて、一部のチャンネルでも視聴できる様であればBS/CSを視聴できる物件です。

端子が1つの場合には、「BS/110度CS入力」に接続してしまうと地デジ放送が視聴できなくなってしまう為、分波器を用意しましょう。分波器とは、1つの端子から二股に端子を分ける事が出来る機器です。二股に分かれた端子を、「地上デジタル入力」「BS/110度CS入力」の端子にそれぞれを繋ぐ事で地上波・衛星放送と両方を視聴する事ができる筈です。

要注意!テレビ端子が2つの場合には?

テレビ端子が2つの場合には、地デジとBSと元から分かれているのでケーブルを2本用意する事で視聴する事が可能です。端子が2つある場合に視聴できない様なケースの場合には、接続方法を間違っているなどが考えられます。

または、元からBS端子に繋いでいないなども考えられます。この様な場合に業者に依頼してしまうと接続ミスのみで費用が発生してしまう事も考えられる為、シッカリと確認しておきましょう。

BS/CSに対応していないマンション・アパートでBS/CSを視聴する方法とは?

賃貸でBS/CSを視聴するには?

では、マンション・アパートでBS/CSを視聴する方法をご紹介していきます。
BS/Cを視聴できない物件では、BS/CSを視聴する為には次の3つ方法があります。

  • BS/CSのアンテナを設置する
  • ケーブルテレビを契約する
  • 光回線の「フレッツ・テレビ」を契約する

基本的には、賃貸物件でアンテナなどの工事をする際には許可が必要です。

これは、ケーブルテレビや光テレビの場合に工事が必要になるので同じ事が言えますので、物件によっては契約する事ができないので検討されている方は事前に確認してみてくださいね。

BS/CSのアンテナを設置する

BS/CSアンテナが設置されていない物件の場合には、BS/CSアンテナを設置する事で視聴できる様になります。賃貸物件にアンテナを設置する場合には、確認が必要ですが問題がないといった場合には、ベランダなどの手すりなどにアンテナを固定し設置します。

アンテナが設置されている様な物件の場合でも4K8Kなどの放送を視聴したい場合などは、専用のアンテナを設置する必要となり既存のBS/CSアンテナから4K8K対応のアンテナに交換します。

室内アンテナの場合ですと、特に許可を取る必要もないのでお手軽に設置可能ですが受信感度が悪い事からオススメできるテレビアンテナではありません。その為、快適にBS/CS放送を楽しみたいといった方は、管理会社や大家に許可をもらい室外にアンテナを設置をオススメしています。

また、近年ではBS/CS放送が視聴できるテレビが増えている事から、BS/CSアンテナが設置されていない物件の場合でも、住んでいる方の要望で大家さんや管理会社がBS/CSのアンテナを設置してくれるという事例も増えています。設置が禁止されており、BS/CSアンテナがない様な物件の場合には、大家さんや管理会社に掛け合ってみるのも良いでしょう。

設置してもらえる様な場合には、金銭面などは大家や管理しているオーナー負担で設置してもらえますので、相談してみましょう。

ケーブルテレビ・光テレビを契約して視聴する場合

テレビアンテナを設置できないといったケースの場合には、ケーブルテレビ・光テレビといった選択肢があります。この場合は、テレビアンテナを設置する必要はありません

ですが、ケーブルテレビや光テレビをを加入する際には、配線の工事が必要になります。工事では、壁に穴を開けるなどをの作業を行う為、契約をする前に大家さんや管理会社に許可を取る必要があります。アンテナの様に設置してスグに視聴できる訳ではありませんので、混み具合によっては長い期間待たされる事もあるでしょう。

マンションやアパートにテレビアンテナを設置する方法

BS視聴確認

ここまでは、設置できる状況かの確認方法などを詳しく解説してきましたが。

ここからは、具体的にアンテナを設置する際にはどの様方な設置方法があるかを見ていきましょう。

テレビアンテナは、必要な機材や部品と知識や技術を持っていればご自身で設置を行う事も可能です。ご自身で設置するのは、テレビ映りの問題や固定があまく落下の恐れがあります。

アパートやマンションなどの共同住宅でご自身でアンテナ工事を行う事は、オススメはできませんので経験豊富なアンテナ工事のプロにお任せするのがベストな選択です。

では、設置に必要な部材から見ていきましょう。

アンテナを設置する際に必要な部材や機材とは?

BSアンテナ

ご家庭の状況や、視聴したいチャンネルにより異なりますが。
最低でも、アンテナを設置しBS/CSを視聴する為には次の4つが必要になります。

  • アンテナ本体
  • 分波器
  • 接続ケーブル
  • その他

では、それぞれがどの様なモノか見ていきましょう。

アンテナ本体を準備しよう

テレビアンテナの設置許可が出た場合には、設置したいテレビアンテナを準備する必要があります。通常のBS/CS番組を視聴したい場合には、フルハイビジョン用のBS/CSアンテナをご準備いただけければ問題ありません。

ですが、4K8K放送を受信したい場合には4K8K対応のテレビアンテナを準備する必要があります。

この際の注意点なのですが、4K8K放送を受信する場合にはアンテナ本体以外の機材も対応の機材に変更する必要が出てきます。専門的な知識も必要な事から4K8K対応のアンテナを設置したい場合には、プロにお任せするのがベストです。

詳しく知りたい方は、下記の記事で4K8Kについて詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

分波器を準備しよう

分波器

分波器とは、受信電波を分ける為に必要な機材です。

アンテナを設置した際に、別々のケーブルを使用している場合には必要ありませんが。地上波と衛星放送の電波を1本のアンテナ線できている場合には、分波器を準備する必要があります。

テレビ裏を確認していただければ分かるかと思いますが、「地上波」と「衛星放送」と差し込み口は2つに分かれています。この2つに、それぞれのアンテナからの接続が必要になりますので、この際に使用するのが分波器です。

1つの端子しか存在しない際などは、分波器を使用し電波を「地上波」「衛星放送」と分ける事ができるのです。間違った分波器を使用してしまうと受信不可などが発生してしまう可能性がある為、適切な分波器を選ぶ様にしましょう。

接続ケーブルを準備しよう

テレビ裏などで接続部分が分かれている為、ケーブルを「地上波用」と「衛星放送用」の2本準備する必要があります。(※地上波は視聴しないなどの場合は必要ありません。)

基本的に、賃貸物件でケーブルが2本用意されているという事はありませんので、ご自身で視聴環境にあわせ準備する必要があります。ご自宅の受信環境をシッカリと把握し、BS端子に対応したケーブルを選ぶ様にしましょう。

その他

その他の項目として、取り付け金具や設置する為に使用する工具などの準備が必要になります。

DIYなどで使用する工具などをお持ちの方であれば、お持ちの工具を使用していただけますが持っていない方であれば、工具セットなど工事にあわせた工具や機材を準備する必要があります。

アパートなどで屋根上に登っての作業が必要になる場合などは、「3連ハシゴ」などを準備する必要もあり大掛かりな準備が必要になります。工具から準備する際などは、プロの方にお願いした方が、ご自身で行うより安上がりになる可能性が高いので、幾つか業者にお見積りを取って比較検討するのが良いでしょう。

下記の記事では、ご自身でアンテナ設置をする際の準備物から注意点などを解説していますので、DIYでアンテナ工事をしようと考えている方は参考にしてみてくださいね。

取り付け場所を決める

アンテナ取り付け場所

BS/CSなどの衛星放送を視聴する為には、シッカリと電波を受信できる環境にアンテナを設置する必要があります。衛星放送用の電波は、繊細な為に角度がズレや障害物などにより映らなくなってしまうといった事も多くあり、パラボラアンテナ設置の際には細心の注意が必要です。

マンションやアパートにアンテナを設置する際には、多くの場合はベランダの手すりなどに設置する事が多いです。この際には、固定金具などでシッカリと固定しズレがない様に設置するのですが、正しく角度や方向に設置しないと固定してから映らないや映りが悪いなどの不具合が出てしまう恐れがありますので、電波の受信方向や角度を考え障害物など注意し設置する知識と技術が不可欠です。

アンテナ専門業者に設置してもらう方法

アンテナ工事

BS/CSアンテナは、非常に繊細な設置が必要です。

マンション・アパートなどの共同住宅の場合にはアンテナを設置中に落下させてしまったなどのトラブルに繋がる事や、設置してからも映らないといったなどの問題が起きる可能性があります。

この様な事が起きない様に、無理をせずアンテナの専門業者にお任せし設置してもらう方法がオススメです。実際に、ご自身で行った方が安上がりになり、費用の節約に繋がります。

ですが、費用の節約につながるのは設置に成功した際のお話です。

落下トラブルや、設置トラブルなどが発生してしまった時には、プロに依頼しておけば良かったと後悔する事に繋がりかねません。分からないや危険を感じる場合には、無理に自分で行わずプロに相談をする様にしましょう。

下記の記事では、アンテナ工事の相場費用を詳しく解説していますので設置工事を検討している方は、参考にしてみてくださいね。


テレビアンテナは、専門的な知識がないと難しい事が多く判断がつかないといった事が多いです。アンテナレスキューでは、「相談・お見積り・現地調査」と作業前の対応は無料です。

分からない事が多く悩んでいる方などは、一度ご相談いただければと思います。お急ぎの方は、お電話の方でご依頼いただけましたら当日~翌日に迅速にアンテナ工事を行います。

電話相談

まとめ

近年は、BS/CS放送に対応している賃貸物件は増えてきており、入居時から視聴できる事も多いですが、引っ越し先などが古い物件の場合などには、視聴できない事もありBS/CSを視聴できないとの相談されるケースも少なくありません

マンションやアパートの場合には、確認する点や注意点なども多く悩んでいる方も多いですが、まずはテレビアンテナ端子からのケーブルを「BS・110度CS入力」に繋いて一部でも視聴できるのか確認してみる様にしましょう。

この記事のまとめとして、次の4つはシッカリと意識してもらえたらと思います。

  • 賃貸の場合には契約書を確認
  • 設置の許可を取る
  • BS対応の物件か確認をとる
  • 設置する際はプロにお任せしよう

以上になります。

アンテナ設置の許可がおりない際などに、ケーブルテレビや光テレビに加入を行う際などにも工事が必要となるので大家さんや管理会社への確認を忘れない様にしてくださいね。

大家さんや管理会社などに確認していただき設置許可が出た際などは、アンテナレスキューにご相談いただければスグに設置工事にお伺いします。対応エリアは、関東エリア・東海エリアのみになりますが、お電話いただけましたら迅速にアンテナ工事を行います。

幾らで出来るの?」や「いつ来れますか?」などの相談も喜んでお応えしますのでお気軽にご相談ください。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…