選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

ケーブルテレビからアンテナへの切り替え方法は?切り替え時のメリット・デメリット

アンテナお役立ち情報

ケーブルテレビ

初期費用の安さや、電波環境の関係で契約したケーブルテレビ。

月額のサブスクリプション契約の為に発生する固定費用で、少し勿体ないかなと感じている方は多いと思います。

最近は、あまり視聴しないしアンテナにしようかな。
最近は、アンテナでも電波が良いみたいなので変更しようかな。

などと思っていらっしゃる方に向けてケーブルテレビからアンテナ視聴への切り替え方法などをご説明しています。実際にケーブルテレビや光回線からアンテナに切り替える際にかかる費用やそれぞれの視聴方法のメリット・デメリット。アンテナに切り替える際にはどの様な手順が必要になるかなどを、この記事では詳しく解説していきます。

ケーブルテレビからアンテナ視聴へ切り替える理由

ケーブルテレビからアンテナ視聴へ

ケーブルテレビからアンテナ視聴に切り替えを検討されている方の理由は多くあると思いますが。

やはり、一番多くお聞きする理由としてランニングコストの削減かと思います。アンテナ視聴の場合は、地デジの場合ですと月額料金が発生しません。(※NHKを除く。

アンテナを設置する際の費用は、初期投資として発生しますが一度設置してしまえば、メンテナンスいらずで地デジや衛星放送を視聴する事が可能です。ケーブルテレビの場合などは、TVを1台設置する毎にセットトップボックスが必要になる場合もあり、設備代などが月額の利用料金以外にも発生します。

上記の様な事から、アンテナ視聴に切り替える事で大幅なコストダウンを行う事が可能です。

では、実際にどのくらいのコストダウンを行う事ができるのか解説していきます。

長期使用の場合は、アンテナを設置した方が断然お得です!

ケーブルテレビアンテナ視聴の比較表

新築や引っ越しの際などは、テレビ視聴の際に検討される方法として「アンテナ視聴」または「ケーブルテレビなどのサブスク契約」です。

実際に初期設置の料金だけで比べると、ケーブルテレビなどの契約方式の方が安いです。アンテナ設置の場合は、本体価格から工事費用なども含めて考えると数万円という金額が必要になり、引っ越し後や新築などの際には費用も安い事からケーブルテレビなどのサブスク契約を選ばれる方も多くいらっしゃいます。

ですが、結論として「長期間使用する場合は、アンテナが断然お得です!

引っ越しを頻繁にされる方や、1年~2年の間の転勤などの場合には契約方式の視聴を行う方がお得だと思います。ですが、新築などでずっと住み続ける事を前提にした場合ですと「アンテナ視聴」がお勧めです。

アンテナ視聴の場合には、初期費用はかかりますが一度設置してしまえば、10年~15年程度は使用する事が可能な事や、月額のランニングコストがかからないといった事で長期間使用する事でトータルコストがお得になるのです。

アンテナの工事価格にもよるのですが、一般的なアンテナ工事費用を例にすると2年程の期間でアンテナ視聴の方がお得な計算になります。

では、実際にどの程度違いがあるかなどを詳しく解説していきます。

ケーブルテレビとアンテナ視聴のコスト比較

先程、2年以上使用する事があればアンテナ視聴の方がお得とお伝えしましたが。
実際には、どの程度の金額お得になるのでしょうか?

ここでは、金額の違いやそれぞれのどの程度金額が違ってくるのかなど参考価格を元に記載していますので比較していきましょう。新築や引っ越しの際にテレビ視聴で選択できる方法は大きく分けて次の3つです。

  • アンテナ受信
  • 光回線を使用した光テレビ
  • ケーブルテレビ

費用面でいうと、もっとも高額の費用なのが光テレビ。次に、ケーブルテレビ。もっとも費用が安いのがアンテナ受信です。実際に、どの程度の金額かは下の表を見て比べてみてくださいね。

テレビアンテナ 光回線 ケーブルテレビ
工事費用(部品代込み) 30,000円〜60,000円 6,000円〜30,000円 3,000円〜20,000円
月額コスト なし 2,000円〜5,000円 1,600円〜6,000円
2年使用した際の平均コスト 15,000円〜 50,000円〜 40,000円〜

※テレビのみの契約料金になります。また、契約会社や契約内容により金額は異なります。

2年間使用した場合は、圧倒的にアンテナ視聴がお得という事が分かっていただけたと思います。

当然、こちらの数字は2年をベースに計測している事もあり3年。4年と長く使用していく事で、この金額の差は更に広がる為、お得になる数字は大きくなっていきます。

アンテナ設置は、その反面3種の放送方式で一番初期投資がかかります。初期投資がかかる事から短い使用期間を想定されている場合には、一番高額の放送方式となります。月々のランニングコストがかからない事で、長期間使用前提であれば費用が安くなるといった計算方式です。

もちろん、金額以外の違いも実際にありケーブルテレビには多様な専門チャンネルがあり、そちらのチャンネルを目的に契約されている方も多いと思います。

また、受信電波の関係でケーブルテレビを契約されていた地域の方などは、現在は電波などが改善されているという事も少なくありません。電波の問題がありケーブルテレビを選択されていた方などは専門チャンネルを視聴していないという事であれば金額面からアンテナ視聴に切り替えるのは金額面で非常にお得になってきます。

電波障害地区などは、自治体や行政から通知の方が通常きますので通知が来ていないといった場合にはアンテナの設置が可能だと考えていただいて問題ありません。

ケーブルテレビや光回線からアンテナ視聴に乗り換える理由

レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

ケーブルテレビからアンテナ視聴へ切り替えたお客様にいただいた意見を集計しています。参考にしてくださいね!

では、実際にアンテナレスキューでアンテナ視聴に乗り換え工事を施工したお客様に聞いた乗り換えを希望するとして多い理由をランキング形式で3つほど紹介させていただきます。

各ご家庭や地域によっても違ってくると思いますが、乗り換えを検討している方は参考にしてみると良いでしょう。

アンテナ受信へ乗り換える理由ランキングBEST.3

アンテナ切り替えランキング
NO
01

電波環境が改善された為、アンテナに切り替えたい

2011年に地デジに移行し、アナログ放送から地デジに切り替わりました。

以前までは、地域によってはアナログ放送の視聴が難しかった地域なども多くあり、その様な地域の方はケーブルテレビを契約し利用されておりました。東京スカイツリーの誕生で電波状況が大きく改善された事や、各地域に中継局も多くできた事もあり受信できない地域を探す事の方が難しい状況です。

遮蔽障害(しゃへいしょうがい)が懸念される地域でも、別の電波塔から受信する事も可能になった為に電波による心配がなくなった事で、アンテナ視聴に切り替えを行いたいというご家庭が一番多い為にNO,01となっています。

NO
02

ケーブルテレビが有料になってしまった為

地デジ移行前のアナログ放送時期は、近くに大きな建物などが建設される事で遮蔽障害(しゃへいしょうがい)をスグに受けてしまい、テレビ映りが悪くなってしまっていました。その様な事が多い事もあり国や自治体の支援で無料でケーブルテレビを利用できていたご家庭も多くあったのですが。

地デジに移行してからは、遮蔽障害(しゃへいしょうがい)による影響も受けづらくなり電波障害も改善された為、無料の制度は廃止され継続してケーブルテレビを利用する際には有料でのみ利用可能になりました。有料になった事からランニングコストがかかり、負担に感じる方が増えアンテナ視聴に切り替えたいと相談が多くNO,02にランクインです。

NO
03

家の景観を壊さないデザイン性の高いアンテナが誕生した為

テレビアンテナといえば家の屋根上に設置されている魚の骨の形状をした八木式アンテナ。

こちらは、現在でも使用されているご家庭は多いですが、現在の主流はデザインアンテナやユニコーンアンテナといい家の景観を損なわないテレビアンテナが主流となってきました。

住んでいる地域などが景観指定区域ですと、屋根上に設置する八木式アンテナが禁止されている区域などもあるのですが、デザインアンテナなどであれば設置しても良いなど自由なアンテナ設置が可能になりました。ステンレス使用で水にも強く壁面設置する事から自然災害にも強いアンテナです。

この様なアンテナが誕生してから少しずつ、ケーブルテレビからアンテナ視聴に切り替えたいというお客様が増えてきている為にNO,03にランクインです。


光回線やケーブルテレビにも多くの魅力があるのですが。
コスト的な事や電波的な問題で、ケーブルテレビからアンテナ視聴に切り替えたいお客様が増えています

アンテナレスキューでは、ケーブルテレビからアンテナ視聴へ切り替え工事も行っています。

ケーブルテレビからのアンテナ視聴への工事は、大掛かりな工事がいらない事で、通常のアンテナ工事よりリーズナブルに対応工事を行う事が可能です。

関東エリア・東海エリアにお住まいの方でケーブルテレビや光回線からアンテナ視聴へ乗り換えでお悩みの方はアンテナレスキューまでご相談ください。

現在の契約方法から、一番最適な変更方法などベストな提案をさせていただきます。

電話相談

ケーブルテレビとアンテナ視聴!それぞれのメリット・デメリット

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

アンテナ視聴にもデメリットは存在します。どちらの選択が良いのかメリット・デメリットを見て検討するのが良いでしょう!

ここまでは費用面にクローズアップして紹介してきましたが。

費用面以外にも、それぞれのメリット・デメリットがあります。費用面だけで視聴方法を決めてしまうとのちのち後悔する事にもつながりかねないので、詳しくそれぞれの特徴を抑え検討するのが良いでしょう。

視聴方法を切り替えたら、視聴したいチャンネルが見れないやテレビ映りに影響が出てしまったなんて事がない様に詳しく確認してみてくだいね。

では、ケーブルテレビから紹介していきます。

ケーブルテレビのメリット・デメリット

ケーブルテレビのメリット・デメリット

今回の記事では、アンテナ視聴を費用面などでお勧めしていましたが。
ケーブルテレビにも、費用面以外の部分でメリットが存在します。

ケーブルテレビのメリット
  • 初期費用がアンテナ設置と比べて安い(費用が掛からない事も)
  • 弱電波地域でも使用できる
  • ネットや電話回線とセットで契約を行う事ができる
  • 専門チャンネルが豊富で番組数が多い
  • 地デジよりも画質がキレイ
ケーブルテレビのデメリット
  • 毎月のランニングコストがかかる
  • プランなどの選択が複雑である為、難しい
  • ネットなどとセット契約が多い為乗り換えが手間・難しい
  • 契約したネット回線が遅いという事が多い

ケーブルテレビの魅力は、初期投資が掛からないや安いといった事が挙げられます。

それ以外に視聴面でも専門チャンネルが豊富な事から、好きな番組が見つかる事があるかも知れません。

また、放送方式がテレビ局から有線で電波を引いてテレビにつないでいる為、地デジの放送と比べるとと非常に映像がキレイです。

電波が届きにくい地域(山間部や海沿い)などでは、ケーブルテレビを選択する事で視聴が可能になります。地域によっては「ケーブルテレビが主流」といった地域もあるぐらいです。

引っ越し先で電波の心配がある場合などは、ケーブルテレビを選択する事がベストな選択でしょう。ただ、上部のランキング部分でも説明しましたが現在は、以前のアナログ放送と比べ電波問題は大きく改善されている為、基本的には問題無いと考えて良いでしょう。

契約するケーブルテレビ局も、日本全国の地域に多く存在します。ケーブルテレビの導入を検討されている方は「(地域名)ケーブルテレビ」などの検索方法で探してみると良いでしょう。

注意点として契約内容が複雑であったり一度契約を行ってしまうと変更や乗り換えをするのが手間であったり難しいので事前にシッカリと調べて後悔がない選択をするのが良いでしょう。

アンテナ視聴のメリット・デメリット

アンテナ視聴のメリット・デメリット

費用面でお勧めしているアンテナ視聴。
基本的にメンテナンスが必要がない事から、費用面でアンテナ視聴をお勧めしていましたが実際にメンテナンスや修理などが頻繁に発生した場合にはトータルコストで多く掛かってしまう事があります。

その様なメリット・デメリットを紹介していきます。

アンテナ視聴のメリット
  • 2年以上使用した際のトータルコストが一番安い
  • 依頼から工事を行いテレビ視聴できるまでが一番速い
  • 基本的には10年以上長持ちする
  • アンテナを設置するだけなので、その他のネットや電話回線などの選択は自由
  • アンテナ本体のデザインやバリエーションなど選択が可能
アンテナ視聴のデメリット
  • 初期費用が最も高額
  • 自然災害(主に台風など)の影響を受けやすい
  • 弱電波地域では視聴に問題が出る事も
  • アンテナによっては、ご自宅の景観を損ねる

アンテナ視聴を行う際には、ご自宅に地デジアンテナ又は、BSアンテナを設置する必要があります。その為、初期投資が一番掛かります。その反面、月額費用などのランニングコストがかからないといった魅力もあります。

それ以外にも、ネットや電話回線の選択が自由になる事から安くて速い回線などを選べる事が出来るのも嬉しいですね。以前までアンテナ視聴とケーブルテレビの違いでアンテナを設置するとメンテナンスやデザイン性などが議題に挙がる事が多かったのです。

現在では、テレビアンテナも従来の形状から大きく変わり、ご自宅の壁面や屋根裏などに設置する事も可能となりました。デザイン性も進化した事や自然災害にも強くなった事で選択される方も増えています。

ただ、良い部分が多い様に見えるテレビアンテナも一般的には屋外設置の為、台風などや強風などでトラブルになる場合もあります。こればかりは、アンテナ本体の個体差や地域性なども大きく関わってきますので近所でアンテナを設置されている方に、一度聞いてみるのも良いでしょう。

状況別!ケーブルテレビからアンテナ視聴へ乗り換え方法

ケーブルテレビから契約切り替え

この記事を読んでいただいた方は、「アンテナの方がコストパフォーマンスが良いから乗り換えようかな~?」と考えている方もいるかと思います。

実際に乗り換えを行う際には、どの様な手続きが必要か?
費用は、どの程度かかってくるのか?などを詳しく解説していきます。
まず、第一に行う事として現在の契約状態の確認を行いましょう。

ケーブルテレビや親会社のHPなどの電話窓口から契約状況や解約時に必要な条件などを聞いてみましょう。

ケーブルテレビの大手「J:COM」の場合には?

J:COMで契約している場合には、2年毎に契約が自動更新される場合が多いです。当然契約内容によっては違ってくると思いますが、解約金も発生する可能性もあり。
解約する場合には契約月から年月がたっているほど解約金も高くなるといった事が多い様です。

また上記の解約金以外にも必ず必要な費用として「撤去費」がかかります。 全ての契約を解約し、視聴可能な部屋の配線関連を撤去するケースを「全撤去」と呼び費用として「6,000円」程の費用が掛かります。

また、一部の契約(電話回線やネット)を残して一部の契約を解除する場合には、「部分撤去」といいます。部分撤去はチューナーやモデムなどの一部の機器だけを撤去する作業となり「2,000円」程の費用が掛かります。

実際に、「全撤去」か「部分撤去」かの選択は契約者の方が決める事ができます。

間違った契約を解除してしまうとネットや電話が使えないなどの可能性がある為、シッカリと契約内容を確認し選択する様にしましょう。

ケーブルテレビは、入会時は安いや無料といった事も多いのですが、解約時には結構な費用がかかる事から契約変更が難しく感じてしまうかと思います。では、実際に乗り換えを行う際の状況別の手順をご説明します。

次の2パターンの状況にあわせてご説明していきます。

状況の2パターン
  • ① ケーブルテレビを契約している。テレビのみの契約の場合
  • ② ケーブルテレビを契約している。テレビ以外にもネットや電話回線もセットで契約している

上記をパターン別に説明していきます。まずは、①番のケーブルテレビでテレビのみの契約からアンテナ視聴の切り替えの場合からご説明します。

1、テレビのみの契約時のアンテナ視聴へ切り替え方法

ケーブルテレビでテレビ視聴のみの契約の場合は、スムーズにアンテナに切り替える事が出来ます。まずは、契約している会社へと連絡をし解約手続きを行ってください。

契約解除の手続きが済み次第、アンテナ工事を行う事が可能です。アンテナ工事が完了次第、アンテナ受信でのテレビ放送に切り替わります。

※ケーブルテレビでの専門チャンネルはアンテナ視聴の場合は出来なくなりますので、お気に入りのチャンネルがある場合などは事前の確認が必要です。

また、スグにアンテナ工事をしてテレビ視聴を行いたいという方は、アンテナレスキューまでご相談ください。スピード対応を売りにしているので、関東エリア・東海エリアにお住まいの方であれば当日~翌日対応も可能です。

では、次にテレビ以外の契約も行っている場合の乗り換え方法をお伝えします。

2.ネットや電話回線も加入していてアンテナ視聴に切り替えたい場合

行う作業としては、テレビ契約のみの作業と一緒です。

契約会社へ連絡をし解約手続きを行う事でケーブルテレビの契約は解除されアンテナ工事を行う事ができます。ですが、注意が必要なのは全ての契約を解除してしまう事で、電話やネットも同時に使用できなくなってしまう事です。

実際に契約を乗り換えしている方が良く選ぶ方法として次の3つのパターンがあります。パターンにより対応方法が違う為、どのパターンが最適かご自身の希望に合うパターンを確認してみてくださいね。

契約を乗り換えの際の3パターン
  • ① ネット回線も、固定電話も必要ない場合
  • ② ネット回線と固定電話を光回線へ切り替え
  • ③ 固定電話のみNTTに切り替える場合

以上が、切り替えの際に多い3パターンになります。

それぞれの対応方法を説明していきます。まずは、①のネット・電話と両方必要ないパターンから。

ネット回線も、固定電話も必要ない場合の対応方法

固定電話も携帯を持っているから必要ないや、ネットもスマホなどで調べる事で足りる為、回線を別に用意する必要がないという方の選択方法です。

実際に、以前にはあまり選択される方は少なかったのですが、近年スマホなどが年配の方にも普及が進んだ事があり、両方必要ないパターンを選択する方が増えています。

この様な方は、ケーブルテレビを契約解除後をしていただきスムーズにアンテナ工事を行う事が可能です。

ネット回線と固定電話を光回線へ切り替える際の対応方法

まず最初に行う事として、契約する光回線への契約を先に行う事です。

この様にする事で、電話やネットが使用できなくなる期間をなくす事が出来ます。光回線などの契約完了後に、アンテナ工事をする流れがスムーズな流れとなります。

少しの間、ネットや電話が使用できなくても問題ないという方は、アンテナ工事を先に行う事も可能です。

固定電話のみNTTに切り替える場合の対応方法

ネットは使用しないが、「固定電話は必要。」という方は。ケーブルテレビで契約を解除した後に、NTTなどの電話回線業者と契約をします。

電話番号が変わるのは面倒だな…。」と思われる方もいるでしょう。ですが、今までの電話番号を使用できる為、安心してください。ただ、念の為に契約する電話会社選びをしている際に、事前に確認しておく事をお勧めします。

電話回線の工事完了後に、アンテナ工事をする事でスムーズに進む事が出来ます。こちらの場合も、少しの期間であれば固定電話が使用できなくても問題ないという方は、先にアンテナ工事をしていただく事も可能です。


以上が実際に切り替えされた方が選択する多くの例となります。
現在のケーブルテレビとの契約や、その他の契約状況にあわせてベストな選択をするのが良いでしょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?
ケーブルテレビからアンテナ視聴へ切り替える際の手間やデメリットもありますが、それ以上のメリットもあるのではないでしょうか?

また、この記事でのポイントは下記の3つです。

  • 長期間使用する場合はアンテナ視聴にする事で断然お得
  • アンテナ視聴でも電波の問題は改善されている
  • ケーブルテレビから切り替え時、手間はかかるがスムーズに移行できる

実際に切り替えを行う際は、アンテナ工事業者の選択を間違ってしまうと長い間テレビを視聴できない期間が発生してしまいます。

その様な事がない様に、速い対応を行ってくれる業者を見つけるとスムーズにケーブルテレビからアンテナ視聴へ移行する事が出来ます。

アンテナレスキューでは、ケーブルテレビからの移行工事も当日対応が可能です。「テレビが何日も映らないなんて困る。」なんて方は、一度ご相談ください。

対応地域は、関東エリアと東海エリアのみとなりますが、迅速で丁寧な工事を行う事ができます。「事前相談」「現地調査」「お見積り」は無料で対応していますので切り替え工事でお悩みの方は是非ご相談ください。

アンテナに切り替えの相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…