選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

不要なアンテナの撤去する際の工事費用の相場と注意点

アンテナお役立ち情報

アンテナの傾き

地デジに完全移行し、以前に使用していたアナログアンテナなどが不要になったご家庭も多いと思います。

処理方法が分からない事などで、何年間も屋根上にそのままにしていませんか?長い間、放置しているとワイヤーやアンテナ本体などが錆びで劣化し様々なトラブルを招く原因になります。

この様な事がない様に、不要になったテレビアンテナは撤去を行いましょう。

アンテナの撤去に関しては、様々な業者が行ってくれますが対応する業者により、撤去費用なども異なりますので、ここではアンテナ撤去費用の相場。
また、近年増えているテレビアンテナの撤去詐欺などの注意点についても詳しく解説していきます。

最適な撤去方法から業者選びなどをお伝えしていますので是非、撤去の際には参考にしていただければと思います。

テレビアンテナの撤去が必要になるケース

アンテナの撤去の解説
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

不要なアンテナをそのまま放置されているご家庭を見かけますが、いずれ撤去・処分は必要になります。何かトラブルが起きる前に撤去してしまいましょう!

テレビアンテナが不要になるケースにはご家庭により違ってきますが。

下記の内容に該当する様であれば撤去を検討してください。また、現在使用中・または使用できるテレビアンテナでも状況により取り換えを検討する必要などありますので、参考にしてください。

撤去が必要なケース
  • ① 不要になったアナログアンテナが設置したままになっている
  • ② 光テレビやケーブルテレビに移行しアンテナが不要になった
  • ③ BS/CSアンテナなどの放送を見なくなった
  • ④ 強風や劣化などで倒れたアンテナがそのまま放置してある
  • ⑤ アンテナに錆びが出ている
  • ⑥ 10年以上使用している
  • ⑦ 引っ越しする事になった際

上記に該当する場合には、アンテナ撤去を検討してみるので良いでしょう。

複数該当される方は、トラブルに繋がる可能性が高くなってきます。テレビアンテナ本体の寿命は10年と言われており、仮にアンテナ本体に問題はなくともアンテナに付随する機器やワイヤーなどが劣化しトラブルに繋がる可能性があります。

下記の記事では、テレビアンテナの寿命について解説していますのであわせて参考にしていただければと思います。

不要になったアンテナが設置されているケース

テレビアンテナが不要になった際は、撤去・処分を検討しましょう。

不要になるケースとしては、使用しなくなったアナログアンテナが設置されている状態やケーブルテレビや光テレビに切り替えた際、スカパーなどの衛星放送を解約した際などになります。

設置状態のアナログアンテナ

アナログアンテナを設置したままといったご家庭は、じつは結構あるのです。

ですが、アナログ放送は2011年7月24日に終了しアナログアンテナは役目を終えています。費用がかかる事や、面倒といった理由から放置されている方が多いと思います。

アナログ放送終了から10年近くの日数が経過している事でアンテナ本体や、その周りにも劣化の症状が出始めている頃合いかと思います。アナログアンテナの場合は、多くは屋根上に設置されている事が多い為、天候などによる影響を受けやすく、塗装がはがれた場所から錆びなどが出る事で劣化していきます。

今後、使う事があるかもしれない。」なんて思っている方もいるかも知れませんが、今後使用される事はありませんし、アナログアンテナでは他の放送を受信する事は出来ません。倒れてしまい外壁や屋根を傷つけるなどのトラブルが無い様に、早めに撤去を行いましょう。

衛星放送の契約解除により使用しなくなったBS/CSのパラボラアンテナ

先程までは、アナログアンテナについてお伝えしました。

BS/CS放送を視聴する際は白くて丸いお皿型のパラボラアンテナがありますが、ご家庭により屋根上やベランダなどに設置されているかと思います。

こちらも、使用中・使用予定の場合には問題は無いのですが。スカパーなどの衛星放送の契約時に設置し契約を解除してしまった後も放送を視聴しないのに設置されている場合があります。

今後も衛星放送を視聴しない!」といった場合には、撤去する事をお勧めしています。

設置し続けている事で少なからず劣化は進み処分を行う必要が出てきます。トラブルになった際に処分や工事を検討するという選択は危険です。視聴しないと分かっている場合には夏場などの台風の時期が来る前に処分を行いましょう。

テレビアンテナが倒れた・劣化した・傾いているケース

不要になったアンテナの場合でも現在使用しているアンテナの場合でも該当するケースになります。不要になったアンテナが倒れたり傾いている場合などには、一刻も早く撤去を行いましょう。倒れて落下し事故に繋がりかねません。

また、使用中のテレビアンテナであっても劣化などを見受けられる際には撤去し新しいテレビアンテナを設置する事を検討してください。

アンテナの寿命は10年ですので使用している環境により年数は多少前後しますが、劣化は進んでいます。目視でも問題がなさそうだと判断した場合でも10年を1つの目処に一度点検など依頼しましょう。使用できる状態であれば、ワイヤーの緩みなどを調整する事で安全に使用できる様になり安心です。

落下なんてしないのでは?」と思っている方も多いかと思いますが。数年前の関東での台風の時期には、落下などや倒れなどの事故につながる事が多かったのです。

テレビアンテナは全て金属で出来ている事や、古いアンテナなどは魚の骨の様な形状をした八木式アンテナなどは棒状の金属ですので落下した際は非常に危険です。折れたり倒れたりしている方は、勿論ですが劣化したアンテナはいつかは必ず撤去や処分を行うのですから問題が出る前に対応しておきましょう。

引っ越す事になりテレビアンテナを処分する必要があるケース

マンションやアパートなどの賃貸物件でBS/CSなどのパラボラアンテナを設置している方も多いと思います。

引っ越しの際などは、現状回復をする必要がありテレビアンテナをそのままにしていく事は出来ません。その為、引っ越しする際などはテレビアンテナの撤去が必要になります。アンテナを放置したまま引っ越しを行い、後から管理会社や大家さんの方から「テレビアンテナを撤去してください。」と連絡がきてしまい2度手間になる可能性があります。

また、テレビアンテナは劣化などがなければ引っ越し先のご自宅でも使用可能なのです。業者によっては、古いアンテナの再利用は受け付けていないといった場合もありますが。

使用や設置してくれる業者もありますので、引っ越し先でも使用できるかなど撤去をお願いする際に、相談してみるのがオススメです。劣化などがある場合は素直に新しいアンテナを設置する事をお勧めします。

上記の事から引っ越しが決まった際などは、早めに業者に相談をする事で再利用や面倒な二度手間を防ぐ事が可能です。


テレビアンテナの撤去・処分は後回しにしがちですが。

思わぬトラブルを起こしてしまう事もある為、劣化などのサインがでている際には撤去を行いましょう。アンテナレスキューでは、テレビアンテナの撤去から処分もあわせて行っております。関東エリア・東海エリアで処分を検討されている方は、是非ご相談ください。

撤去を行わない事で起きる2つの危険

アンテナ撤去しないと危険

面倒な事で放置していまいがちの不要になったアンテナ劣化状態のアンテナ

しかし、その様な状態で放置している事で大変な被害に繋がる可能性があります。

ここからは劣化しているテレビアンテナや、倒れているテレビアンテナを撤去を行わず放置した場合におきうる被害をいくつかご紹介します。

屋根や建物への被害のおそれ

倒壊する事によって被害は、ご自宅の屋根や外壁。

それ以外にも近隣の住宅への被害も考えれます。強い台風の際などはテレビアンテナが飛ばされてしまったらと考えるとゾッとしてしまうと思います。

また、倒れる事による被害以外にもご自宅の壁面の劣化にも繋がります。

劣化したアンテナは錆びやすく、錆びたアンテナに雨などが降る事で錆びが流れ落ちる事があります。この流れた錆びが壁面などに付着する事で外壁にシミが出来る事や劣化にも繋がります。

ステンレス製のアンテナであれば錆びは出辛くはなりますが多くの年数が経過している場合には防ぐ事は難しいと言えるでしょう。

長期間放置しているアンテナがある方は、アンテナを目視で確認し錆びや傾きがないかなどを確認してみましょう。

人身被害などの人への被害のおそれ

アンテナを撤去を行わなず放置していた際の一番の危険なケースです。

実際に台風などの時期には、毎年屋根瓦や、テレビアンテナが落下しています。家庭用のテレビアンテナの重さは1Kg~5Kg前後の重さがあり、その重さが屋根上から人へ落下してきた場合などは重大な事故になってしまうでしょう。

人だけでなく、ご自宅の車や盆栽などといったモノに被害が出る可能性があります。

面倒だなと感じる事や、お金がかかるといった事で放置していると人を巻き込んだ大きな事故に繋がる可能性があります。自然災害の被害とは言え、責任者はアンテナの所有者になりますので、この様な被害に繋がらない為にも劣化したアンテナの撤去は必要だという事をシッカリと覚えておいてください。

安全に撤去を行ってくれる業者と費用の相場

アンテナ撤去相場費用
レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

撤去費用の相場を知っておく事で損をしない業者選びができます。現在のご家庭の状況にあった業者選びを行いましょう!

不要になったテレビアンテナの撤去はご自身で行う事も可能です。

お金がかかりそうだし、自分で撤去をしてみようと思われる方も多いと思いますが、アンテナの撤去や処分は高額な費用ではありません。

屋根上などでの作業では落下してしまう危険性や、破損してしまう可能性・その他にも電気系統の配線の問題など。専門知識が多く必要になってきます。

その様な事に詳しい方であれば、ご自身で撤去・処分を行う事は難しくありません。ちょっと、自分では出来ないなといった方は、こちらで費用の相場からお願いできる業者まで解説していますので参考にしていただければと思います

不要アンテナの撤去を行ってくれる業者の種類

不要になったアンテナの撤去を行ってくれる業者は多くあります。

それぞれに特徴があり、その時の状況によっても選択する業者は変わってくると思いますので是非、参考にしていただければと思います。

引越し業者に依頼

引っ越し業者にお願いする場合には、引っ越しを行う前提でお願いするのがベストな選択です。基本的には、引っ越し業者ですのでアンテナ撤去だけの依頼は受けてはくれません。引っ越しを前提とした作業の中で撤去だけでなく引っ越し先での再設置などを行ってくれます。

ただ、アンテナの専門業者ではないので引っ越し先の環境によっては受信レベルが悪い設置場所になってしまったなどのデメリットもあるでしょう。

アンテナは対応外の業者もありますので、引っ越し時にお願いを予定している際などは事前に相談するのが良いでしょう。

外壁・屋根塗装業者に依頼

外壁や屋根の業者で撤去を対応してくれる業者もあります。

外壁や屋根の業者は普段から高所での作業になれている事から作業はスムーズです。ですが、アンテナの撤去の作業のみでは受けてはくれないので、ご自宅の屋根や外壁を塗装などを依頼する際などに足場を組みますので、ついでに撤去も行ってくれる流れとなります。

対応可能かは業者によっても変わってきますので事前に相談される事をお勧めします。

ただ、外壁や屋根の業者にお願いする際の注意点としてアンテナ専門の業者ではない為、配線関係などは対応できない可能性もあります。

アンテナの専門業者に依頼

お願いできる業者は多くりますがオススメはアンテナの専門業者です。

なんといってもアンテナの専門業者ですのでアンテナを熟知している事や配線や元気系統に強いのが特徴です。

撤去に関しても多く対応している事から、スピーディーに対応してくれる事や撤去以外にも処分などもあわせて行ってくれる筈です。

スピード感を持って、撤去から処分まで行ってくれるのは安心ですね。


撤去を行ってくれる業者は多くありますが。

撤去から処分やアフターケアと実は、撤去も多くの作業があり、全てを通して行ってくれるのはアンテナの専門業者になります。

処分はしてくれなかったから処分の手間が掛かった。」などの事がない様に撤去の業者選びは慎重に行いましょう。

関東エリア・東海エリアの方はアンテナレスキューまで相談いただけたら撤去~処分までをスピーディーに対応します。新しいアンテナと取り換えたいなどの相談もあわせて行っていただけるので、是非ご相談いただけたらと思います。

アンテナ撤去費用の相場は?処分費用もあわせてご説明

テレビアンテナの撤去を業者にお願いした場合の費用の相場を業者やご自宅の環境によっても違ってくるとは思いますが、平均的相場価格は15,000円となります。

費用の内訳としては。

  • アンテナ撤去作業費用
  • 不要アンテナの処分費用
  • その他オプション費用

上記がアンテナ撤去する際の相場の費用となります。

オプション費用といった内訳がありますが、こちらは高所作業費などの費用となります。業者によっては、処分費用は別にかかるといった所もありますのでお見積りを依頼する際は、どこまで対応してくれるか事前にご質問しておくと良いと思います。

優良業者であれば、処分費用まで見越した上でお見積りを出してくれる筈です。

極端にお見積りが安い場合などは、現地で処分費用やオプション費用が必要となってしまう事がありますので、依頼の際にシッカリと聞いておくのが良いでしょう。

とは言え高所作業など実際にお客様のご家庭状況によっても変わってくる事もある為、事前にハッキリとした金額を確定するのは難しいと思います。その為、平均の相場価格を参考にしみてください。

撤去費用が少し高いなと感じる方へ

不要なアンテナの撤去で10,000円以上かかるのは少し高いなと感じる方もいらっしゃると思います。

しかし、こちらの記事で説明してきましたが不要アンテナを放置している事で発生するかもしれない、人への被害や、ご自宅への被害といった事があった場合は、お金で解決できない様な事態になってしまう可能性があります。

少し大袈裟な様ですがアンテナレスキューでは、この様な相談を多く受けている為、撤去は迅速に行う必要があると断言できます。

ご自身で行う事で、費用を抑える事ができるかも知れませんが必要な工具や時間を考えた際に、損をするかも知れません。

アンテナレスキューでは、「ご相談・調査無料」ですのでアンテナ撤去・処分を検討されている方やお悩みの方は、是非ご相談いただけたらと思います。

悪徳業者やアンテナ工事の詐欺にご注意を!実態と手口を解説

アンテナ撤去詐欺

テレビアンテナ工事の詐欺被害が増えている様です。

不要アンテナの撤去などの被害も出ているそうですので、アンテナレスキューではこの様な被害者を増やさない為にも、シッカリとした業者選びを行っていただける様に注意点を記載し注意喚起を行っています。

気をつけたい5パターンの実例紹介
  • ① NHK・総務省などといった人物の訪問
  • ② NHK・総務省などを名乗った請求書が届く
  • ③ 前金を受け取って工事をしない
  • ④ 必要ではない工事を強引にすすめてくる
  • ⑤ アンテナ点検を装って工賃を請求する

上記に該当される様な事があった場合は気をつけましょう。

一般の方は、テレビアンテナに知識がない事から、その様な所を狙った悪徳業者がいます。アンテナの工事詐欺のなかでも訪問販売業者は特に気をつけましょう。

なぜなら、今までの被害の中で一番多いのは訪問販売形式のアンテナ業者だからです。依頼もしていないのに、突然訪問し相場よりも高額な料金で修理や工事を勧めてくる事があるからです。

不審な訪問や勧誘などにはくれぐれもご注意し、こちらの記事で費用相場などを参考にしていただき、ご自身で目で判断し業者選びをしていただくのがベストな選択かと思います。

まとめ

如何でしたでしょうか?
アンテナ撤去について、費用から注意点までを解説しました。
アンテナ撤去を検討している際のポイントは、下記の4つです。

  • 不要なアンテナは放置していると危険
  • アンテナの撤去・処分費用の相場は15,000円前後
  • 撤去をお願いする際の業者選びは慎重に
  • 突然訪問してきた業者にはご注意を

以上になります。

地デジ完全移行時期の2011年前後に変更したテレビアンテナは、もうじき寿命を迎えるテレビアンテナが多いです。

傾きや、倒れ、劣化がないかの目視での確認。10年以上経過しているテレビアンテナの場合には、メンテナンスなどを行ってください。

関東・東海エリアの方はアンテナレスキューで対応可能です。
相談無料」「調査無料」「撤去費用:12,000円~」で承っておりますので、お悩みの方は是非ご相談ください。

アンテナ撤去の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…