選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

アンテナ工事・修理を自分で行う方法と注意点

アンテナお役立ち情報

アンテナ工事・修理を自分で行う

テレビアンテナの工事・修理をご自身で行う方法をご紹介したいと思います。

2011年より地デジに完全移行し、それからは様々なテレビ放送が登場しました。地デジのみでなくBS/CS放送・光テレビ・インターネットテレビなど多種多様です。

地デジ放送に切り替わり古いVHSアンテナが放置してあるから撤去したいや、新しい放送用のアンテナを設置したいなどご自身でアンテナ設置などの工事や修理を行うには、手順や注意点をシッカリと理解しておく事で可能です。BS/CS放送用のパラボラアンテナや4K/8Kアンテナなどをとりつける事で多くの番組を視聴できる様になります。

そこでアンテナレスキューではご自身で新規設置などの工事・故障などの修理を行う際の注意点から方法までを詳しく解説したいと思います。是非、参考にしていただけたらと思います。

テレビ放送の種類について

アンテナ工事・修理を自分で行う

アンテナの工事・修理を行う前にまずは、テレビの放送の種類をお伝えいたします。

視聴したいテレビが何の放送なのか?修理したいアンテナが何のアンテナなのか?

シッカリと理解することで間違ったアンテナを購入してしまったや、視聴したいテレビが見れなかった…。などの費用や時間を無駄にする事も無くなります。

地上デジタル放送

2011年に地上デジタル放送に移行してからは最も多くのご家庭で視聴できるポピュラーな放送方式です。地上デジタル放送は、地上の電波塔から放送電波を受信しテレビで視聴できる様になっています。

地上デジタル放送では、「フジテレビ」「TBS」「日本テレビ」などの昔からお馴染みの番組を主張できるのが特徴で、その殆どが無料視聴可能です。(※一部を除く。)

以前まではアナログ放送が主流でしたが地上デジタル放送移行後は、一般家庭の定番の放送方式となり、今後も地上デジタル放送が王道の放送方式である事は変わらないと思います。

BS/CSなどの衛星放送

衛星放送とは字面のごとく、衛星からご自宅のパラボラアンテナに受信し放送を視聴できる放送方式です。衛星放送は地デジ以前から放送しており一般のご家庭でも受信できるお宅は多いかと思います。

衛星放送には、大きく分けて2種類の放送がありBS放送とCS放送があります。

BS放送は、NHKなどの放送が主だったのですが現在では、NHKだけでなく日本テレビやフジテレビなども参入しており、BS日テレやBSフジなども聞いた事もあるのではないでしょうか?

CS放送は、海外のスポーツ番組や映画チャンネルなど専門性のあるチャンネルが多く。

趣味や興味のあるジャンルに特化している半面、視聴する為には有料契約をする必要があります。スカパーなどの有料チャンネル名を聞いた事もあるのではないでしょうか?

ケーブルテレビ

ケーブルテレビとは、テレビアンテナを設置せずに放送を視聴できるのが特徴です。

視聴できる番組は、地上波デジタル放送などとほぼ同様の内容ですが、ケーブルテレビ専用の放送などもありテレビアンテナが不要という事から契約されている方も多いかと思います。

年々、視聴できる番組や専門性のあるチャンネルなども増えてきている事から今後に期待されている放送です。ですが有料チャンネルや月額の費用などもかかりますので、検討されている方はシッカリと頭にいれておきましょう。

光テレビ

光テレビとは、インターネットの光回線を利用し映画やドラマやアニメなどを視聴できるのが特徴です。

主には、NTT東日本やNTT西日本によるフレッツ光やNURO光などの光アクセスサービスを通じてサービスを利用する事が可能です。

テレビアンテナを不要しており、アプリなどをダウンロードする事でスマホやタブレット・パソコンからや外出先からも視聴する事が可能になります。光回線のスピードや提供エリアなどによりサービスの違いもありますので契約を検討されている方は事前に調べておきましょう。

インターネットテレビ

インターネットテレビとは、最近普及しはじめているテレビ放送です。

有名な所ですとAbemaTV・Hulu・AmazonプライムなどになりTVコマーシャルなどでも多く宣伝しているのでご存知の方も多いかと思います。

光テレビと同様にインターネットを軸として放送している放送方式ですのでテレビアンテナは不必要としインターネット環境が整っていればテレビ以外のスマホ・タブレット・PCからも視聴可能です。専門性のある番組などが多い事から日本でも少しずつシェアを伸ばしています。


ここまでが大きく分けたテレビ視聴の放送方式です。

テレビアンテナ工事や修理が必要となるのは、地上デジタル放送とBS/CSなどの衛生放送になります。ご自身で修理・工事を検討されている方は放送方式に間違いが無いか確認してみてください。

テレビアンテナを自分で工事・設置する方法について

アンテナ工事・修理を自分で行う

テレビアンテナをご自身で設置する事は正しい知識を持っている事で可能です。しかし、設置方法や設置方法を間違えてしまった場合などは視聴する事ができません。

その様なトラブルにならない様に、ご自身でテレビアンテナ工事・設置する場合の方法をBS/CSアンテナ・地デジアンテナ、4K8Kアンテナと種類別に詳しく解説していきます。

BS/CSアンテナ(パラボラアンテナ)の工事・設置方法

BS/CSのアンテナ工事で一番大切な事は、アンテナの角度になります。

BS/CSアンテナは、衛星放送ですので地デジアンテナとは方向が違い衛星に向けてアンテナの方角を向ける必要があります。

※屋根上設置の場合などは、危険を伴いますので専門の方またはアンテナレスキューに相談ください。

BS/CSアンテナ(パラボラアンテナ)の設置方法

外壁・ベランダ設置の場合
  • ①BS/CS用のアンテナを南西方向(午後2時の太陽の方向)に向けて設置する場所を確保
  • ②配線回路・電波状況の確認
  • ③ベランダもしくは外壁などの壁面に固定用の金具を取りつけて設置
  • ④アンテナの角度を南西方向(午後2時の太陽の方向)の角度に調整
  • ⑤角度が決まり次第、アンテナをシッカリと固定

BS/CSアンテナは角度が合っている場所を確保できる場合には、室内などに設置する事も可能です。その場合は、穴開けなどの必要もなくスムーズに作業する事が可能です。

ですが、BS/CSアンテナは角度や方向次第で表示に影響が出やすいのでテレビの映りなどを確認しながらの調整をするのが良いでしょう。

地デジアンテナ(UHFアンテナ)の工事・設置方法

地デジアンテナは、地上波デジタル放送を視聴する為に必要なテレビアンテナになります。

遮蔽障害などを受けやすい電波ですので、工事・設置する際などは電波状況等の確認を行い作業してください。

複数のお部屋で見る場合などは、分波器やブースターなどが必要になります。(※この様な配線の接続関連・電気系統作業は知識が必要です。)

地デジアンテナ(UHFアンテナ)設置前の確認点について

作業前の事前確認について
  • ①取付場所の選定(屋根上・ベランダ・壁面など)
  • ②設置場所がきまったら電波状況を確認(電波状況が悪い場合は、別の場所を検討する)
  • ③配線構造などを考え必要機材等を準備(分波器やブースター・減衰機などの準備)

地デジアンテナ(UHFアンテナ)の設置方法

ベランダに設置する場合
  • ①ベランダの取り付け予定場所にアンテナを固定する器具の取り付け
  • ②差し込み金具等でアンテナを固定する
  • ③配線構造などを考え必要機材等を準備(分波器やブースター・減衰機などの準備)
外壁に設置する場合
  • ①外壁に設置用の固定金具の取り付け
  • ②アンテナ本体を固定金具に設置
  • ③加工作業を行い配線関連の接続を行う
屋根上に設置する場合
  • ①屋根馬を取り付け、アンテナを差し込む
  • ②ワイヤー等で落下しない様にアンテナ本体を固定
  • ③加工作業を行い配線関連の接続を行う
  • (※危険が伴いますのでご注意を)

以上が地デジアンテナの取り付け方法になります。

ベランダ等の作業の場合には単独での作業も可能ですが、高所にある外壁や屋根上での作業の場合には、単独作業ですと危険を伴います。専門の方に依頼するか、もしくは2人での作業を行う様にし危険のない日に安全に行いましょう。

4K8Kアンテナの工事について

4K8Kアンテナは、地デジアンテナの設置などと比べると非常に難易度が高いです。

理由として、電波状況の確認から専用ブースターの設置、ケーブルに周辺機器の交換等を行う事で視聴可能になるのですが、BS/CSアンテナと同様に角度などの設定が非常にシビアなテレビアンテナです。

その為、ご自身で作業を行う際には高い知識は勿論の事、他のアンテナ工事・設置よりもお時間は長くかかるかと思います。高所での長時間作業は危険を伴いますので、効率や安全を考えプロに依頼するのも1つの選択肢です。

ご自身で行う際には、電波状況等の確認、視聴確認・安全確認などを行える様に2人以上での作業を行ってください。

テレビアンテナが故障した際に自分で行う修理方法

レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

テレビアンテナの故障の際に、自分で修理する方法を詳しく説明します!

テレビが映らないといったアンテナトラブルから、経年劣化などで古くなってしまったアンテナなどの場合には、テレビアンテナ自体の修理を行う。もしくはアンテナを新品のアンテナと交換する事になると思います。

故障の原因は、様々な要因があり、各ご家庭によって違うかと思います。修理して直したいと思う気持ちはあるかと思いますが、実際はテレビアンテナに関しては修理料金と、交換料金とでは大きな差がありません。

その為、長く使っているテレビアンテナの場合などには新しいモノに交換してしまった方が長期的にみてお得になりますので、こちらでは故障したアンテナを新品のアンテナと交換する方法を解説していきます。

テレビアンテナ交換方法

屋根上の場合
  • ①壁面・屋根上についている既存のアンテナの取り外し
  • ②新しいアンテナの組み立て・準備
  • ③屋根上に上り土台の屋根馬とマストの取り付け
  • ④マストの角度調整(地面から90度)を行いテレビアンテナの固定
  • ⑤固定したアンテナを四方からワイヤーでシッカリと固定
  • ⑥固定したアンテナとケーブルの接続
  • ⑦電波状況と角度の確認(テレビ映りもあわせて確認)
  • ⑧角度調整を行い弛みなどがない様に調整

以上が、テレビアンテナの交換方法になります。

アンテナが故障した際などは、上記の方法を参考に修理・交換を行ってみてください。

テレビが映らないやアンテナレベルが低下といったアンテナ故障が原因と特定出来ていない場合などに交換してしまうと無駄に費用と時間を取ってしまいますので、下記の記事でアンテナが故障などの外的要因か?テレビ関連などの内的要因か?などのチェックも行っておきましょう。

アンテナ修理・工事の注意点

テレビアンテナの修理・工事をご自身で行う事で修理費用や設置費用などの削減につながりますが、テレビアンテナとは一般的には高所に設置してある事から作業に危険が多く伴います。

ご自身で、アンテナ修理・工事を行う前にこちらの注意点の方をシッカリと確認していただき対策を考えながれ進めてください。

地域の受信電波が弱くなっている

こちらは、修理・工事をする前に事前に調べておく必要があります。

遮蔽障害や、地域の電波塔の関係で受信レベルが下がっている事が原因の場合です。

特にアンテナが故障していないにも関わらず、アンテナ本体の交換等を行ってしまうと無駄に終わってしまします。そういった場合は、ブースターなどの電波増幅器が必要となりアンテナ本体の作業ではありません。

修理・工事には高所作業が必要になる

テレビアンテナを設置する場所は、ご家庭により様々ですがベランダ・屋根上・壁面といったどれも高所での作業が必要になります。また、屋根上での作業では屋根瓦を傷つけてしまうリスクや、足を滑らせてしまい落下をして大怪我に繋がる危険性もあります。

普段から高所での作業に慣れている方などは、問題無いかと思いますが不慣れな方や高所作業に自信が無い方などは、ご自身で作業するといった選択は危険です。

費用削減と考えて怪我をしてしまって逆に高くついてしまう可能性がありますので安全の為にも専門の方に依頼をする様にしましょう。

アンテナが落下してしまうリスク

屋根馬や固定金具に止めて設置していますが、金具との設置が緩くシッカリと固定されていないといったケースがあります。

その場合ですと、作業日には問題などなくとも台風などの風が強い日などには固定している金具が外れてしまい落下などのリスクもたかまってしまいます。

アンテナが落下した場合などは、小さいモノでも30㎝以上はある金属ですのでアンテナ自体も破損します、それ以上怖いのが通行人やご自宅の人などにあたってしまう事です。

マンションや集合住宅などで落下時に他の家の屋根に落下してしまうなどのリスクもあります。そうならない様にご自身で作業する場合は、シッカリと取扱いには気をつけてください。

テレビアンテナ修理・工事を自身で行う前の確認点

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

修理・工事を行う前に事前に知っておきたい情報や確認のご紹介です。ここは重要項目ですのでシッカリ確認くださいね!

ご自身でテレビアンテナの交換や修理を行う前に、シッカリとこちらの内容を確認ください。こちらの内容を確認できないや、分からないといった場合にはアンテナの修理・工事は難しいでしょう。下記の4つの項目を確認していただき問題なく作業できるかなどの判断材料として参考にしてみてください。

設置場所の加工ができる・加工できる機材を持っている

テレビアンテナの工事を行う場合には、ご自宅の壁面などに穴を開ける作業が必要になります。ケーブルを通したり、金具を固定する為に加工する必要があるのです。

作業を行うには、屋根や壁面のどの部分に何があるか?加工をして大丈夫かなどのアンテナ以外の知識なども必要になってきます。間違った場所などを加工して穴を開けてしまった場合や出来系統の配線を傷つけてしまう、アンテナを上手く固定できないなどのトラブルが発生してしまいます。

アンテナ工事を行う際は、事前にご自宅の加工状況や必要な機材などもあわせて調べて準備しておきましょう。

受信電波の測定を行える・チェッカーを持っている

こちらは、一般の方で持っていいるという方は少ないかと思います。

アンテナ工事を行う際には、工事前に電波状況をシッカリと確認する必要があり、電波状況に問題がないと分かった上で作業を行う事ができます。

その為、電波を測定するチェッカーを事前に準備する必要があるのです。チェッカー自体はインターネットなどでも購入できるのでご自身で工事を検討されている場合には、事前に購入し準備しておくと良いでしょう。

BS/CSアンテナの場合などには、「BSコンパス」というアプリで方角や角度などを調べる事ができますのでスマホなどでダウンロードし使用してみてください。

電気系統や接続する配線の取り回しを理解できる

テレビアンテナの修理・工事を行うには配線や電気系統の理解が必要です。

何も考えずに繋いでしまってもテレビは映ってはくれません。事前に、幾つの部屋数で使うのか?どの配線はどの部分に接続するのか?などシッカリと考えておく必要があります。

多くの部屋で使用する場合には、分配器やブースターといった機材が必要となり専門的な知識も必要になりますので事前に調べてみて分からないや難しいと感じた場合にはご自身で行うのは止めておきましょう。

まとめ

こちらの記事を読んでいただき自力でアンテナ修理・工事を行うのは難しいなと感じた際には無理をせず専門の業者またはアンテナレスキューにご相談ください。

  • 加工の知識と配線や電気系統の知識が必要
  • ご自身でのアンテナ工事には高所作業のリスクがある
  • アンテナ以外にも多くの機材が必要になる

上記がご自身でアンテナ修理・工事を行う上でのポイントとなります。

事前準備ができていない段階で工具等から揃えたなどの場合には、業者に依頼する金額と変わらない金額が掛かってしまう事もあります。

安全・安心に設置したいとお考えであれば専門業者やアンテナレスキューまでご相談ください。

アンテナレスキューでは、アンテナ修理・アンテナ工事後の8年保証も行っていますので施工後も安心していただけますのでお見積りやご相談だけでもお気軽にご連絡頂けたらと思います。

故障や新規設置の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…