選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

アンテナを選ぶ前に知っておきたい電界強度とは?電界地域もあわせて解説

アンテナお役立ち情報

電界強度

電界強度」、「電界地域」などの単語は知っていますか?

地デジを視聴する為には、テレビの電波塔からアンテナに電波を受信し視聴する事が出来ます。一般の方は、「テレビアンテナなんてどれも同じだろう。」と思っている方も多いですが、実はテレビアンテナの種類や性能は様々で、地域によっては使用できないテレビアンテナもあるんです。

これを知らないばかりに、ご自身の希望のテレビアンテナを選んで取り付けてしまうと、テレビを視聴しようにも映らないや、映りが悪いなんて事になってしまうんです。

業者に工事を依頼してもシッカリと電波測定を行い工事を行ってくれる様な業者でないと同じ様な事になりかねません。その様な事がない様に、テレビアンテナを設置予定がある方は、「電界強度」を事前知識として覚えておきましょう。

また、お住まいのエリアは電界強度の調べ方などもあわせて解説していきます。

難しい単語ばかりで分からないし、シッカリ映る様にアンテナ工事を行ってほしいという方は、アンテナレスキューにご相談くだされば迅速にテレビアンテナ工事を行います。お悩みの方は、ご相談ください。

電話相談

では、電界強度とは何なのかから見ていきましょう。

電界強度とは?

電界強度にあわせたアンテナ選び

電界強度とは、電波塔から届けられる電波の強さを指すものです。言わば電波のレベルみたいなものですね。

地デジを視聴する為には、放送電波をテレビアンテナで受信し視聴するのですが、各ご家庭により電波塔からご自宅までの距離は異なります。この距離や電波の通り道などの障害物などにより電波の強さに違いが出てきます。

ご自宅までの届いている電波の強さを示してくれる数値が電界強度といいます。

一般的にですが、電波塔から距離も離れておらず周りに山や建物がない様な場所は電界強度は強いでしょう。

逆に電波塔から距離もあり、電波の通り道の方向に山などがある様な地域の場合は、電界強度は弱い傾向にあります。

テレビの映りが悪いやノイズが出るといった際には、ほとんどがテレビに届けられる電波不足が原因です。電波不足になるのは、一概に受信している電波が少ないからといった訳ではありませんが、こういった電界強度が弱い地域のご家庭であれば映りが悪いなどのトラブルが多いのです。

この様な事がない様に、地デジを視聴したい場合には電界強度が強い場所を選ぶ必要があります。とはいえ「電界強度は電波塔の距離や障害物によって決まっているのでは簡単に強い場所に移動するなんて出来ないよ。」と思われでしょう。

ですが、電界強度が弱い地域でも諦める必要はありません。電界強度が弱いという事が分かっているのであれば、選択するテレビアンテナも受信力が強い高性能なアンテナを選択する事で解決できるのです。

こういった、電波の弱い地域でデザインアンテナや室内アンテナなど受信力が弱いテレビアンテナを選択してしまうとテレビ映りに影響が出てしまいますので、事前に電界強度という知識を持っておく事で安心です。

その為には、電界強度がどのくらいあるのかを知る必要がありますね。
ここからは、電界強度の調べ方をご説明していきます。

電界強度の調べ方

A-PAB

まずは、自分の地域が何処の電波塔からテレビ電波が来ているのか確かめる必要があります。

電波の向きを調べておくことで、テレビアンテナの方角や設置場所などの参考になるからです。業者に依頼する場合は、調べる必要はないですが、ご自身でDIYで工事予定の方であれば必須です。

電波の向きの調べ方は、下記のリンク先の「A-PAB」というサイトで簡易的に調べる事が可能です。

参考URL→http://apab-tv-area.jp/

この記事を書いている私はというと、関東在住ですので電波塔は「スカイツリー」になります。

関東方面の方は、ほとんどがスカイツリーかと思います。
電波塔としては、最大の大きさですし最強の電波塔になりますね。

とはいえ、住んでいる地域からの距離も関係してきますので近ければ近いほど電界強度は強くなります。

ですが、全ての方が電波塔から近くに住んでいる訳ではありません。
山や建物などに遮られてしまう事で電波を正常に受信できない事もあるのです。

その様な事がない様に電波塔からの距離をカバーする為に他ののTVの電波塔(中継局)がああります。

ご自宅から「スカイツリーなどの元となる電波塔」とカバーする為の「中継局の電波塔」の方向を把握しておきましょう。風などでアンテナの方向が変わった際には、電波塔の方向などを把握しておく事で方向調整などを行う事が可能です。

近所の家のテレビアンテナの方向も参考に

先程、調べ方などを御伝えしましたが更に簡単に調べる方法として近所の家の地デジアンテナの方向です。

近所の家のテレビをアンテナを見てみてください。ほとんどが、同じ方向に向いていると思います。その方向こそが電波塔の方向なのです。

とは言え、注意点もあります。
近所の方と同じ方向の電波塔に向ける予定でいても、実際に電波測定を行った際に別のエリアの中継局の方が電波が良好といったケースもあります。

この場合には、受信感度が良い方向の中継局にアンテナを向ける方が電波が安定します。テレビアンテナは、強い機器ではありますが電波に関しては非常に繊細です。

僅かな地理的な差しかない場合でもどの中継局に向ければ良いのか?などが変わってくる為、アンテナ設置をする際は電波測定を行う。又はシッカリと電波測定を行ってくれる様な業者に依頼する。この部分は、シッカリと抑えておきましょう。

電波塔の向きが分かったら電波塔までの距離を参考にしてみよう

電波塔までの距離

基本的な指標として、電界強度を判断する基準として電波塔までの距離が目安になります。
電波塔までの距離が近い場合には、電界強度は高い傾向があります。逆に距離がある場合には、電界強度が弱い事が多いです。

ですが、電波塔から距離が近くても電界強度が高いと一概に判断してしまうのは危険な事です。本当は電波チェッカーなどで計測するのがベストな方法ですが、そんな専門的な機器を持っている方は少ない筈です。

この様な時には、近所の家電量販店などでエリア内の電界強度など聞くと教えてくれます。アンテナ業者などに依頼する場合には、あわせて業者に聞いておくと良いでしょう。


電界強度とは普段聞きなれない単語ですので分からない事も多いかと思います。

アンテナレスキューでは、現地調査を行い電波測定をし、ご自宅に適したアンテナ修理・工事を行います。

テレビ映りが悪いや、新規でアンテナを設置したいがどうすればといった様な事なら是非ご相談ください。長年の経験と、技術で視聴にベストな工事を行います。

電話相談

電界地域とは?それぞれの特徴は?

ここまで、電界強度のご説明をしてきました。

電界強度とは、受信している電波の数値という事は分かっていただけたかと思います。では、ここからは「電界地域」について解説してきます。

「電界強度」、「電界地域」と同じ様な単語です。

ここまでの情報をシッカリと読んでいただけていれば、単語を見てピンとくる方も少なくない筈です。電波の強さにより地域別にレベル分けをしたエリア名が「強電界地域」、「中電界地域」、「弱電界地域」と呼ぶのです。

この地域によって、選択できるテレビアンテナやブースターを設置する必要があるかなどの1つの判断基準になります。

テレビアンテナも電界地域により「強電界地域用のテレビアンテナ」「弱電界地域用のテレビアンテナ」と分けられているのです。

ですが、実際に電界地域をハッキリと分ける為の基準の数値は決まっていないのです。「dB(デシベル)」といった単位があるのですが、この単位は信号強度を指します。

このデシベルの数値が60dB以上の地域を、強電界地域と定めているアンテナメーカーもあれば、80dB以上と定めているアンテナメーカーもあります。とは言え、一般社団法人放送サービス高度化推進協会では60dB以上をテレビの電波受信可能としているので、目安として60dB以上の信号強度があるから、ひとまずは基準には達しているんだなとの目安にしておいてみてください。

下記の表には電界地域を分けるおおよそのデシベル数値を記載しておきますので参考にしてみてくださいね。

強電界地域
電界強度目安 80dBμV/m
中電界地域
電界強度目安 70dBμV/m
弱電界地域
電界強度目安 60dBμV/m以下

では、ここからは各電界地域の特徴を詳しく見ていきましょう。

一番最初に強電界地域からご説明します。

強電界地域の特徴

強電界地域

強電界地域とは、字面のまま強い電界強度がある地域です。

電界強度の目安としては、80dBμV/mの数値があり、電波塔からも近い距離にあると言えます。その為、電波などは安定している事から、受信能力がそれほど高くない様なテレビアンテナでもキレイに視聴する事が可能です。

簡単な判断基準としては、携帯などのワンセグ放送簡易室内アンテナなどもで余裕で受信する事が可能です。

中電界地域の特徴

中電界地域

電波塔から中距離などに位置する地域です。

電界強度の目安は、70dBμV/m程度の数値となります。60dB以上あれば視聴できる目安の数値ですので、強電界地域の数値と弱電界地域の真ん中辺りの数値領域となります。

テレビアンテナなども屋外用・屋内用とどちらでも選ぶ事が出来る地域帯の為、特にテレビ視聴は問題ないでしょう。ですが、中電界地域に住んでいる方でも、エリア内の数値にも幅がある為、テレビアンテナを決める際には、受信力が強いアンテナを選んでおく、又はシッカリと電波測定してもらい問題ないと判断したうえでアンテナを選ぶ事で安心です。

判断基準の1つワンセグ放送などは、電波が入ったり入らなかったりといった不安定な視聴環境です。

弱電界地域の特徴

弱電界地域

弱電界地域は、電波塔から距離があるや電波を遮る建物や山などがあり信号強度が低いエリアです。電界強度の目安としては、60dBμV/m以下となっており、デシベル数が58dBの場合でも40dBの場合でも同じ弱電界地域として判断される為、注意が必要です。

基本的には、テレビアンテナは受信力が強い屋外アンテナ一択となります。

それ以外にもブースターと呼ばれる電波増幅器が必要となります。屋外アンテナにブースターなどを使用する事で問題なく視聴できる弱電界地域もありますが、信号強度が特に低い様なエリアでは、一部のチャンネルが映らないなどテレビの視聴トラブルも珍しくありません。

ワンセグ放送などは、ほぼ受信する事ができないのでテレビアンテナ設置の際にも、注意が必要です。弱電界地域にお住まいの方は、ご自身でアンテナ工事などは行わず、シッカリと技術を持ったプロの業者を選択する事をオススメします。


この様に、現在お住まいのエリアの電界強度を知る事でテレビの視聴方法やアンテナの選び方など大きく変わってきます。

強電界地域の方であれば、業者などに頼らずとも、室内アンテナを設置するという簡単な方法でテレビを視聴する事も可能ですし、弱電界地域の方であれば受信力の強いアンテナを選択するやケーブルテレビに加入するなど選択肢が絞られる筈です。

信号強度が弱い地域に住んでおり、テレビ映りが不安定で困っているなどの際には、アンテナレスキューに相談いただければ、電波測定を行い最適なアンテナ工事を提案いたします。

アンテナの新規設置は、八木式アンテナ税込み20,000円のポッキリ価格でご案内しています。対応エリアは関東エリア・東海エリアのみとなりますが、お悩みの方はスグにお電話でご相談ください。アンテナ専門のプロのスタッフがスグに駆けつけます。

電話相談

電界地域にあったテレビアンテナを選択しよう

ここまで読んでいただいた方はご自宅の電界強度が重要という事が分かっていただけたかと思います。ここからは、テレビアンテナの種類や性能についてご説明していきます。

現在、お住まいのエリアの信号強度にあわせて選択する参考にしてくださいね。

八木式アンテナ

八木式アンテナ
八木式アンテナ

もっともポピュラーなテレビアンテナです。

基本的には、屋根上設置を前提としているテレビアンテナになります。アンテナの受信力は、今回紹介するアンテナの中では一番強く、弱電界地域でも八木式アンテナとブースターを設置すればテレビが視聴できる様になるでしょう。

本体価格も安く、屋根裏などにスペースを確保する事ができる場合には、設置する事も可能です。電波に不安がある場合や、弱電界地域などの場合には八木式アンテナ一択となります。

デザインアンテナ

デザインアンテナ

近年、新規設置の場合には主流になりつつあるテレビアンテナです。

平面アンテナや壁面アンテナとも呼ばれる事もあり、屋根上などにするテレビアンテナではなく、ご自宅の外壁などに設置するアンテナとなります。

最大の魅力として、壁面設置やカラーバリエーションもある事から、ご自宅の景観を損ねる事がありません。景観指定区域などにお住まいの場合には、屋根上にテレビアンテナを設置する事が禁止されていますが、壁面に設置するデザインアンテナならOKという事もあります。

本体価格などは、八木式アンテナよりは5,000円~10,000円程高く中電界地域・強電界地域にお住まいの方であれば設置する事が可能です。

注意点として、電波の受信力が強いアンテナではないので中電界地域にお住まいの方でも映りが不安定になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

室内アンテナ

ハウスメーカー

室内設置型のテレビアンテナです。

室内にテレビアンテナを設置しケーブルを直接テレビに繋ぎ視聴する事ができる為、アンテナ工事を業者にお願いする必要がありません。

値段も安いモノは3,000円程度からあるので導入コストが安いです。

ですが、電波の受信力は低く強電界地域のみでしか使用する事が出来ません

スカイツリーの近くにお住まいの方や、ワンセグ視聴がトラブルなく綺麗に入る様なエリアにお住まいの方であればオススメのアンテナでしょう。

強電界地域でも映らない事もある!

強電界地域でも映らない

電界地域のお話を、ここまでしてきましたが電界地域とはあくまでエリア内の信号強度の目安であり、エリア内にあるご家庭でも必ずしも信号強度が高いとは限りません

強電界地域にお住まいの場合でもテレビの映りが悪いやノイズが入るなどの事があります。それは、強電界地域であってもご自宅周りの電波が弱い可能性などもあるのです。では、どの様なケースがあるのか2つほど紹介しますので順番に見ていきましょう。

障害物が電波を遮ってしまっている

遮蔽障害

電波の通り道に、遮っている建物や山などがある場合に受信力が下がります

少し離れている所に建物などの障害物がある場合には、電波は回り込んでくるので受信できるのですが、近くに障害物などがあった場合には、正常に受信できない事があるのです。

この様な状態の事を「遮蔽障害(しゃへいしょうがい)」と言います。

ご自宅の近くにマンションが建設されたや、裏手の電波塔までの間に山などがあるといった場合には、強電界地域でも電波を受信できず視聴トラブルを起こしてしまうのです。

この様な事がある為、強電界地域にお住まいの方でも安易にテレビアンテナを決めずアンテナ工事前には、電波測定を行うと良いでしょう。

マンションやビルなどが建設されてから映りが悪くなった場合などは、共同アンテナを設置して、テレビを視聴するといった方法もあるので、そういった場合には各自治体に相談してみると良いでしょう。

電波が強すぎても映らない事も

電波が強すぎても映らない

電波の強さ弱さを、ここまでご説明してきました。

電波が強い程、良いという事は分かっていただけたかと思いますが。一点、落とし穴として受信する電波が強すぎて視聴トラブルが出てしまう事があるのです。

電波は、強いほど良いのでは?」と思われる方も多いですが、強すぎても弱すぎてもダメなのがテレビの電波なのです。

強すぎる電波の場合には、減衰機(アッテネーター)を使用します。強すぎる電波を減衰し正常な数値としてテレビに届ける機器を使用します。

電波が強いエリアなのに、映りが悪いといった際にはこの様な原因があるかも知れません。専門の業者などに電波測定を行ってもらい、適切な対応をしてもらいましょう。

心配な時はプロにお願いしよう!

アンテナ業者に依頼

ここまで電界地域や電界強度の内容を説明してきましたが、ご自宅で受信できる電界強度を知らない事には、判断するのが難しいと思います。

仮に、DIYなどでご自身でアンテナ工事を行おうと考えていても、電波を測定する為の機器まで購入していては、業者に依頼するよりかえって高くなってしまうかも知れません。

それ以外にも、アンテナ工事は高所作業となる事や電気系統などの専門的知識が必要になるので、少しでも心配がある方はプロの業者にお願いする様にしましょう。

重要なのは電波測定をし対応してくれるか!?

業者によって値段や対応に違いはあると思いますが。
アンテナ業者などであれば、そこまで大きな違いはないと思います。

ですが、同じアンテナ業者の中にも電波測定などを行わずエリアやカンなどに頼ってしまい電波測定を疎かにし工事を行う業者もいるのです。(※なかには、電波測定器をもっていないなんて業者も…。)

その場合、工事後の確認後には問題なく視聴できていたとして後日映りが悪くなってしまうなどのトラブルに繋がるのです。

その様な事がない様に、シッカリと電波測定を行い適切な判断をしてくれるといった点など、値段やスピードなど以外にも判断基準として重要なポイントとなります。

アンテナレスキューでは、無料で現地調査を行いお住まいのエリアや、ご家庭の状況にあった最適なアンテナ工事を行います。対応エリアは、関東エリア・東海エリアのみとなっていますが、ご相談いだければ最短15分でお伺いする事も可能です。

お悩みの方は、是非お電話からご相談ください。
24H365日受付ております。

電話相談

まとめ

如何でしたでしょうか?
一般の方であれば、あまり聞いた事がない「電界強度」や「電界地域」。

この2つを知る事で、最適なアンテナ工事や選択肢が広がる事でしょう。この記事のポイントは、次の3つです。

  • 電界強度を調べよう
  • 電界地域にあったアンテナや視聴方法を選択しよう
  • 分からないや難しいといった場合にはプロに相談しよう

このポイントを抑えておけば、業者選びやアンテナ選びの参考になる筈です。

また、この記事を読んでいただいても少し難しいなと感じる方も多いと思います。その様な方は、アンテナレスキューに相談していただければ最適なご提案をいたします。

八木式アンテナの新規設置などは、20,000円のポッキリ価格で対応しています。最低価格のみをお伝えしている様な業者の場合には、お見積りを聞いてから想定と違い過ぎて困るといった事もある筈です。

アンテナレスキューの場合には、その様な事がありません。

是非、お悩みの方はフォームまたはお電話の方からご相談ください。
アンテナ専門のプロのスタッフが対応させていただきます。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…