選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

テレビアンテナが倒れてしまう原因!台風などの強風時の影響とは?

アンテナ故障

強風がアンテナへおよぼす悪影響

現在、テレビの視聴方法は何でしょうか?

テレビアンテナを設置してテレビを視聴している場合には、天候などの影響を受けやすく主に夏の季節などには、台風などの強風の影響を受けてしまう事が多いです。

アンテナレスキューでも夏場などは、アンテナ修理の依頼件数が冬場に比べて2倍以上の件数です。そのぐらい夏の季節の雨や風というものはテレビアンテナに悪影響を与えてしまうのです。

台風の時期以外にも、強風などで影響を受けてしまい。

突然、テレビが映らなくなってしまった。
先日から急にテレビにノイズが出る様になったな。

など、お困りの方は多いです。

この記事は、強風時にアンテナ故障してしまいお悩みの方に向けた内容の記事となっています。では、台風などの強風が発生すると、テレビアンテナにどの様な影響を与えてしまうのかを見ていきましょう。

強風発生時にテレビアンテナが受けてしまう影響とは?

強風発生時のアンテナへの影響
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

テレビアンテナが曲がってしまったり折れてしまったりしている際には、注意が必要です!早急に対処しておきましょう!

この記事を読んでいる方は、強風や台風発生時の後にテレビ映りが悪くなってしまい悩んでいる方ではないでしょうか?

台風時の強風が発生した際には、テレビアンテナには多くの悪影響があります。

特に、屋根上に設置している八木式アンテナなどは影響を受けやすく、テレビ映りに問題がなくとも台風などの強風が過ぎた後には、一度テレビアンテナの状態を確認してみると良いでしょう。

では、実際にどの様な影響を受けてしまうのか順番に解説していきます。

アンテナが折れる・倒れる

アンテナ折れる・倒れる

強風発生時には、テレビアンテナが折れるや倒れてしまう事があります。

シッカリと、固定工事を行っている場合でも強風などの強さによっては珍しい事ではありません。地デジなどの場合には、テレビアンテナが折れたり曲がったりしてしまっている様な場合でも、テレビが視聴できるといった場合があります。

この様な場合には、テレビアンテナの異常に気付きにくく、特に怖いのが倒れたテレビアンテナが屋根からテレビアンテナが落下してしまう事です。テレビアンテナは金属性で3Kg~ありますので落下した際に、大きな事故に繋がってしまう可能性だってあるのです。

また、テレビアンテナは耐久年数として10年が寿命と言われており長期設置しているテレビアンテナの場合には、アンテナ本体以外にも固定器具などの劣化も進んでいる可能性もあるので、長期間使用している際には一度、点検などのメンテナンスを行っておくと良いでしょう。

アンテナの向きが変わる

アンテナの方向が変わる

強風発生時に、テレビアンテナの方向が変わってしまうケースがあります。

アンテナの方向がズレてしまっている事でテレビ映りが悪くなります。強風が発生した後からテレビの映りが悪くなった際には、アンテナの方向がズレてしまっている可能性が高いです。

方向が変わってしまう様な際には、固定器具に緩みも発生している可能性もありますので、注意が必要です。また、特に見た目に分からずとも、数㎜単位で方向が変わってしまっただけで映らない事もあり、BS/CSなどのパラボラアンテナなどは非常に角度や方向がシビアです。

屋根上などの高所に設置されているアンテナの場合などは、高所での作業が必要になる為、方向調整の作業も危険が伴います。

安全の為にも、屋根上にテレビアンテナ設置している場合には専門の業者に依頼する様にしましょう。

電波が遮られる事で映りが悪くなる

雨と電波の関係性

台風や強風発生時には、風と一緒に雨なども降るといった事が多いと思いです。
その際などには、テレビの映りが悪くなる事が多々あります

雨などの水滴は、受信するテレビ電波を吸収してしまう性質があり電波強度が弱まってしまうのです。

雨などに遮られて一時的に電波強度が弱くなっている際には、慌てる必要はありません。雨や風などが収まる事で、テレビの電波も回復する筈です。

ですが、台風が過ぎた後でもテレビの映りが悪いや映らないといった際には、アンテナの方向が変わってしまっているなどのケースが考えられますので確認してみましょう。

テレビ電波の中継局が電波を出していない

中継局が一時中止

大型の台風が発生した際などには、テレビの中継局が機能しなくなる場合があります。この場合には、テレビの電波が送られてこないのでテレビを視聴する事が出来ません。

時間が経つ事で回復しますが、心配な方などは近隣の方などにテレビは映っているかなど確認してみましょう。

中継局が電波を中断している様な際には、お住まいのエリア全て映らなくなるので近隣の状況を聞く事で判断できる筈です。


この様に強風発生時には、テレビアンテナには多くの悪影響があるのです。

一時的なテレビ映りが悪い際には、慌てずに待つ事で改善されるでしょう。ですが、強風時にテレビアンテナが折れたや曲がってしまったなどの際には、時間が経過しても改善する事はありません

アンテナの方向が変わってしまった際などには、ご自身で直してみようと思う方もいる筈です。高所での作業などに慣れている方であれば、地デジの方向調整ぐらいは出来るかも知れません。ですが、心配だなと思われる方は専門の業者に相談する様にしましょう。

アンテナの方向を調整しようとして屋根から落下などをしてしまっては、大変です。アンテナレスキューでも、アンテナの方向調整から交換・撤去などテレビアンテナの事はお任せください

対応エリアは、関東エリアと東海エリアのみとなりますが迅速にアンテナ専門のスタッフがお伺い解決いたします。

電話相談

強風発生時にテレビの映りが悪くなった時に確認しておきたい4項目!

確認方法
レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

デザインアンテナなどの壁面設置のテレビアンテナに変更する事で雨や風の影響を受け辛くなりますよ!

台風などが発生した際に、アンテナに及ぼす悪影響は分かっていただけたかと思います。

ですが、実際にテレビの映りが悪くなったや映らなくなってしまった際には原因は何なのか?などや、現在のアンテナレベルにみあった対処法を紹介していきます。

では、1つずつ順番に見ていきましょう。

テレビ映りが悪くなった場合には、アンテナレベルを調べよう

アンテナレベル

強風時などにテレビの映りが悪くなった際には、一番最初にアンテナレベル(受信レベル・受信強度)を調べてみましょう

アンテナレベルは、テレビ本体から確認できるお手軽な方法です。

お手持ちのテレビリモコンから、「設定」ボタンを押す事で確認できます。
テレビのメーカーや機種により、確認方法や表記が違う為、分からない方は説明書などで確認方法を見てみましょう

アンテナレベルには、大きく分けて3つの状態があります。

アンテナレベルの状態
  • 十分にある
  • 不足している
  • まったくない

テレビを視聴する際には、「十分にある」といった状態が望ましいです。
ここからは、それぞれのアンテナレベルにあった対処法を解説します。

アンテナレベルにあわせた対処法

現在のアンテナレベルは幾つでしたでしたか?
下記の表がアンテナレベルの基準値となるので参考にしてみてくださいね。

十分にある不足しているまったくない
日立18以上(推奨は18〜37)18未満0
三菱22以上22未満0
東芝30以上(推奨は30〜65)30未満0
SHARP60以上60未満0
SONY
Panasonic44以上(50で安定)44未満0

この表のアンテナレベルにあわせた対処法を確認し照らし合わせてください
それでは、十分にある状態から見ていきましょう。

アンテナレベルが十分にある場合

この場合には、受信している電波はシッカリと足りている状態です。

受信強度が足りている場合に映りが悪くなっている際には、アンテナの信号などが強すぎるなどの問題があるかもしれません。台風や風などが原因の受信強度の問題ではない為、その他の原因が考えられます。

テレビの裏側のB-CASカードの抜けがないかなど確認してみましょう。

アンテナレベルが不足している場合

受信強度が不足している様な状態の際には、テレビやケーブル周りの確認を行ってみましょう。ケーブルやアンテナ端子などに緩みや抜けがないかなどもあわせて見ておきましょう。

地デジの場合などは、テレビ本体から地域設定やチャンネル設定を行う事で映りが悪いといった症状が改善されるか見ておきましょう。

軽度の場合には、この様な方法で改善がみられる場合があります

アンテナレベルがまったくない場合

受信強度がまったくないといった際には、ケーブル関連が抜けている可能性があります。テレビや端子周りなどは、ご自身で抜けや緩みなどがないか確認してみましょう。

また風や雨などの影響で、アンテナ周りの機器がショートなどを起こしてしまっているケースが考えられます。

確認できる場所にブースターなどが設置されている際には、ケーブルの抜けがないか電源が入っているかなども確認してみましょう。

テレビアンテナの方角などを目視で確認

アンテナの方向確認

次に、確認してほしいのがテレビアンテナの方向や角度の確認です。

とは言え、「方向なんて分からないよ。」と思われる方も多いと思います。その様な方は、簡単な判断方法として、ご近所のテレビアンテナの方向と比べてみると良いでしょう。

目視での確認の為、ハッキリとした事は分からずとも明らかに方向がご自宅だけ違っているや、アンテナ本体に傾きがあるや曲がってしまっているなどのケースも考えられます。

アンテナ方向の確認の際の注意点として、地デジアンテナと、BS/CSなどの衛星放送用のテレビアンテナの方向は、違うという事です。混在して考えない様にご注意ください。

BS/CSのパラボラアンテナは、お皿の様な形状をしている白いテレビアンテナになります。

他の部屋などのテレビ映りも確認

ご自宅に、映りが悪くなってしまった部屋以外にもテレビの視聴環境がある際には、確認を行ってみましょう。他の部屋では、キレイに視聴できるのに一部の部屋のみ映りが悪いといった際には、雨や風の際などに停電などを伴い、その拍子でテレビ本体が壊れてしまっているケースもあります。

ご自宅全体で映らないや、映りが悪い際にはテレビアンテナ側などの故障が考えられます。

レコーダーなどテレビに付随している様な機器は取り外し確認してみるのが良いでしょう。

BSや地上波それぞれのチャンネルを複数確認

チャンネルの確認

テレビの映りが悪くなった際には、視聴できるチャンネルを一通り確認してみましょう。

BS/CSを視聴できる際には、地上波と一緒に確認する事で何処に問題が出ているか分かるケースがあります。

特に、雨などの際はBS/CSは映りが悪くなってしまう傾向があるので焦らず回復するか待つのが良いでしょう。一定期間経過しても回復しない場合などには、BS/CSのアンテナ側の異常という事が分かります。


この4つを確認する事で原因を特定する事が出来るかもしれません。

原因を特定する事で、テレビ側の故障と勘違いしてテレビを買ってしまったや、方向調整のみの対応で済んだのに、業者にアンテナ一式交換をお願いしてしまったなどを避けられるかもしれません。

とは言え、一般の方がテレビアンテナの角度や方向を調べるという事は少し難しい部分があると思います。

この様な際には、アンテナレスキューまでご相談ください。無料で現地調査を行い、トラブル内容にそった最適な提案をいたします。

対応エリアは、関東エリアと東海エリアのみとなってしまいますが新規のアンテナ設置も20,000円ポッキリで対応していますので、テレビアンテナを長年使用している方は、この機会に新しいテレビアンテナに変更するのも良いかも知れません。

お悩みの方は、一度アンテナレスキューまでご相談ください。
アンテナ専門のスタッフが、丁寧かつ迅速に対応いたします。

電話相談

強風発生時のアンテナトラブル時にアンテナ修理をお得にする方法

お得に修理

では、実際に強風時にテレビアンテナ側でトラブルが出てしまっている際には、どうしたら良いのでしょうか?テレビアンテナの工事を行ってくれる業者は、多くあり何処を選んだら良いか分からないと思います。

業者選びも間違ってしまうと、無駄にアンテナ一式交換を進められて交換してしまうなんて事だってあるのです。では、どの様な修理を行うのか順番に詳しくみていきましょう。

火災保険を利用する

契約書の確認

台風や強風時などの自然災害によりアンテナが故障してしまった際には、火災保険が利用できる事を知っていましたか?

火災保険とは、字面の如く火事などの際にしか補償してもらえないと思っている方も多いのですが、ご自宅の災害全般に使用できるのです。

ここで、重要なのが火災保険に加入しているか?また、火災保険の契約書をあわせて確認してみましょう。

また、火災保険に加入しており自然災害時にも補償がある際にもテレビアンテナを長期設置し劣化が進んでいたと思われる様なテレビアンテナの場合には、補償対象外になるケースもあるので注意が必要です。

下記の記事は、災害時の火災保険利用について詳しく記載していますので参考にしてみてください。

既存のアンテナを再利用

アンテナ再利用

強風時にテレビアンテナが倒れてしまった際などには、テレビアンテナを再利用できるケースもあります。倒れた際などに故障箇所が無いや、アンテナ本体に劣化がないといった条件はありますが、再利用できた際にはアンテナ本体価格が浮く計算になるのでお得に修理できる様になります。

ですが、ここで注意点が業者によってはアンテナの再利用の工事を対応していない業者もいます。この様な事は、業者依頼の際には事前に聞いておかないと後々、失敗したかなと思う事にも繋がりますので、確認しておく様にしましょう。

ですが、屋外設置のテレビアンテナの場合には雨や風などで劣化も進んでしまうのである程度の期間使用しているテレビアンテナの場合であれば、新品に交換した方がお得になるかもしれないので、信頼できるプロの業者に相談してみる様にしましょう。

アンテナの方向調整のみを行う

アンテナ方向調整

強風時には、アンテナの方向が変わってしまいテレビ映りが悪くなってしまうというケースが非常に多いです。

アンテナの使用期間も、あまり長くない際には方向調整だけで済ませる事で費用的にもお得になります。アンテナの専門業者に依頼する事で、電波測定をして正しい方向調整を行ってくれる筈です。

業者によっては、方向調整のみは対応していない業者もある為、業者選びの際には事前にシッカリと確認する様にしましょう。


この様に、強風時のアンテナ修理には知っておく事でお得に進められる様な修理方法があります。当然、アンテナ本体が破損している様な際には新しいテレビアンテナに交換するのが最適解になります。

風などの災害時などのアンテナ故障でお悩みの方は、アンテナレスキューまでご相談いただければ火災保険が利用できるかの判断

また、方向調整や既存アンテナの利用などの対応も可能です。

テレビアンテナの事は、アンテナレスキューにお任せください。ご相談いただければ、最短15分でお伺いしアンテナトラブルを解決いたします。

電話相談

まとめ

この様に強風時のアンテナトラブルは多くあり困りものです。
ですが、原因をシッカリと知っておく事で焦らず対応できます。

この記事でのポイントは、次の3つです。

  • 強風時のテレビトラブルの際は、まずはアンテナレベルの確認
  • トラブル内容によっては安く修理も可能
  • 自然災害時には、火災保険の補償範囲

以上です。

原因を絞り込む事で、修理対応も安く行う事が可能かも知れません。

また、軽度のトラブルであればご自身で解決できる事だってあるのです。

ご自身で出来る対処法を行い改善しない場合には、アンテナレスキューまでご相談いただければ現地調査を行い、最適な提案を行います。

お見積り・現地調査・ご相談」は無料で対応を行っていますのでお気軽にご相談ください。

アンテナトラブルを迅速に解決いたします。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…