選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

突然の「E202」で映らない!状況別の原因と自力で出来る対処法とは?

アンテナ故障

e202

家のテレビが突然映らなった際などに表示される「E202エラー」。

家のテレビが突然映らくなった際などに表示される「E202エラー」。
テレビ画面には「E202 受信できません。」などのエラーコードが表示されてしまいます。

「E202」エラーとは、テレビのエラーコードの一部です。
このエラーコードが表示されている原因は、何らかの原因でテレビに電波が届いていない状態で表示されているのです。

急にテレビが映らないなどで原因が分からず困ってしまう事がない様に、ご自身で出来る対処法から「E202」エラーが出る原因まで詳しく解説していきます。

では、「E202」エラーとは何なのか?どの様な原因で表示されてしまうのか?から見ていきましょう。

色々と試してみたけど解決せず、スグに直してほしいという方は下記の電波番号からアンテナレスキューへご相談ください。最短当日、熟練の技術者が伺いテレビ映りを改善します。

電話相談

そもそも「E202エラー」とは何か?

e202対処法

結論から言ってしまうと、何らかの原因でテレビに電波が届いていない際にテレビから表示されるエラーコードです。
テレビに表示されるエラー内容としては、下記の内容が一般的なテレビで表示されます。

例)エラーコード

エラーコード

E202 信号が受信できません
E202 アンテナの設定や調整を確認してください
E202 アンテナ接続か受信環境に不具合があるため、ご覧になれません

この様な内容が表示され、テレビの放送全体が映らない。もしくは特定のチャンネルのみが映らない時などに表示されます。
エラーの原因は、多くの原因がありますが外的要因と内的要因の2つに分ける事画できます。外的要因の場合などは、屋根上や壁面のアンテナの受信トラブル。
一時的な電波障害など、調査を行って調べる必要がありますが。

もし内的要因が原因だと分かっている場合には、ご自身で修理・対処する方法があります!

エラーコードが表示される原因は?

エラーコードが表示される原因

主に、E202エラーコードが表示される原因は電波がテレビに供給されていない状態です。
電波がテレビに供給されていないと聞くと、「電波が悪いだけかな?」と考える方も多いと思いますが、電波が供給されていない原因は多くあります

一部の例になりますが、次の原因が考えられます。

テレビ映りに悪影響を及ぼす原因!
  • アンテナ機器が故障している
  • アンテナの方角が変わってしまった
  • テレビ側の配線が接続できていない
  • B-CASカードの接続不良
  • チャンネル設定を間違っている
  • 受信した電波が正常に視聴できるレベルに届いていない
  • 悪天候の影響を受けている

割りと多い要因の一部を記載しています。
この様な原因があり、なんらかの原因でテレビを視聴できるレベルの信号が届いていない状態で表示されるエラーコードが「E202」なのです。

このE202の原因を特定する事で、エラー状態を回避しテレビを視聴する事が出来ます
また、上記で紹介したエラーコードには外的要因内的要因と別れています。

それぞれ、原因や対処法の大きく異なってきます
内的要因の場合は、テレビ側の設定などを行う事で改善される様な比較的に軽い症状です。
ですが、外的要因の場合はアンテナの故障や悪天候による影響などが原因で、エラーコードが表示されている事があり、その場合には個人で対応するのは難しいでしょう。

まずは、ご自身で対応する事ができる内的要因の対処法から見ていきましょう。

また、下記の記事では「E202エラー」以外のエラーコードについても詳しく解説していますので、他のエラーコードが表示されている場合には、参考にしてみてくださいね。

E202エラーの内的要因の4つの対処方法

レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

エラーが出ている際には幾つかの原因が考えられます。内的要因の場合にはご自身で解決できる事もあるため、各項目をチェックし対処してみてください。

エラーの出ているテレビのチャンネル設定を再度やり直してみる

チャンネル設定

現在、エラーが出ているテレビのチャンネル設定の確認を行ってみましょう。
その際に家にテレビが1台のみでは無い場合などは、他の部屋のテレビも調べてみましょう。E202エラーが1台のテレビのみだった場合などは、内的要因の可能性が高いのでチャンネル設定などを行う事でエラーが解消されるケースがあります。

チャンネル設定を行う方法としては、テレビによって細かい部分は違うのですが。「チャンネル設定」→「再スキャン」。この流れは、殆どのテレビで一緒ですので「再スキャン」を行い確認してみましょう。

テレビの配線ケーブルなどを再度繋ぎ直してみる

分配器ケーブル

映らない原因としては、アンテナや電波の要因と思われる方も多いかと思いますが、実はケーブル関連でエラーとなってしまっている事も多いです。

ケーブルが正しく接続されているか?また、ケーブルが劣化等で断線していないかなど、一度細かく調べてみましょう。
ケーブルや端子の傷ついているなどの場合には新品に交換する事で映る様になります。

この時点で改善されない場合には、アンテナの故障の原因が高いです。

地デジ・BS/CSアンテナの向きを確認し方向を直してみる

テレビアンテナの方向

台風雨風などでアンテナの方向が変わってしまい正しく受信されていないといったケースがあります。
その際にも電波が弱くなる事でE202エラーが表示されてしまうケースがあります。

実際にアンテナの方向を正しくする事で直るという事もあるのですが、基本的にアンテナは壁面または屋根上に設置されている事が多いのでご自身で作業される場合には高所作業になり危険が伴います。

季節によっては屋根上などは滑りやすくなる滑落などがおきる可能性がある為、アンテナが原因と思われる際は無理をせず専門家の方に相談するのがベストな対応です。

B-CASカードを入れ直す。または挿入されているか確認する

B-CASカード確認

JCOMなどに加入されている方のみのお話になってしまいますが、B-CASカードの確認と入れ直しを行ってみてください。差込口に上手くさせていないや、子供がいるご家庭ですと子供がテレビから抜いてしまっていたなど思わぬ原因があります。

1度B-CASカードを取り出して、きちんと挿入されているかどうか確認してみてください。

外的要因のE202エラーについて

E202 映らない

E202エラーの外的要因の場合とは、地域全体が映らない、もしくは放送局側に問題がある場合など。
個人では対処できないケースを指します。

E202エラーの外的要因には代表的な3つの原因があります。
基本的には、外的要因は待つといった方法以外には解決策は無いのですが。。。
理由をシッカリと理解している事で、不安は無くなる筈です。

地域全体の電波障害が原因

電波障害

地域全体でテレビが映らない場合などは、自治体の公式ホームページを検索し調べてみましょう。「○○市(区) 電波障害」などのキーワードで検索する事で、各地域の自治体の公式ホームページが出てきます。

サイト内の「相談窓口」や「電話番号」が掲載されているはずですので、そこから現在の状況を伝えて聞いてみるのが良いでしょう。

チャンネル自体の放送休止が原因の場合

チャンネル休止

チャンネル自体の放送休止の場合には、通常の場合は大概が「E203」と表示されることが多いです。それにもかかわらず、「E202」のエラーコードが出ている場合、放送休止になっていないチャンネルなどでE202エラーが表示される場合は、チャンネルが原因ではなく電波の受信環境に問題があります。

台風などの天災が原因の場合

台風などの自然災害

夏場の台風の時期などの、大規模な災害の後などは電波状況が悪くなることが多々あります。ですが、このような天候などによる一時的なエラーが原因と思われる際には、復旧を大人しく待つ方法しかありません。

気を付けておきたいのは、一時的な強風などによるものが原因なのか?強風や雨などによってアンテナが倒れていたり、折れてしまった場合などは電波が復旧したとしてもテレビの映りが改善しません。
このような場合には、アンテナの交換・修理が必要になります。
アンテナレスキューの無料相談窓口などで相談していただければ「台風被害」による修理などのキャンペーンを行っているので通常よりお安く修理や・交換ができる場合があります。

以上が、外的要因の主な電波トラブルの原因となります。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!

E202以外にも多くあるエラーコード!

テレビのエラーコードの原因

この記事では、「E202」のエラーコードについて詳しく記載していますが他にも、「E201」や「E203」などテレビ映りに影響を及ぼしてしまうエラーコードはあります。

下記に、一部にはなりますが一般のご家庭で表示される事が多いエラーコードを記載しています。「E202」以外のエラーコードが表示され困っているといった方は確認してみると良いでしょう。

よくあるエラーコード一覧
E100 B-CASカードが正しく挿入されていない状態です。
B-CASカードの向きやICチップ部分に汚れがないかなど確認してみましょう。
E201 電波の受信状態が低下している状態です。
周辺環境からアンテナ本体に異常があるなど多くの原因が考えられます。
E202 テレビに電波が届いていない状態です。
配線エラーから故障まで多くの原因が考えられます。
E203 指定したチャンネルが放送を休止している状態です。
E204 存在しないチャンネルを選択した際に表示されるエラーコードです。
別のチャンネルを設定してください。
E209 ケーブルに問題がありショートしている状態です。
ケーブル関連を確認してみましょう。

今回紹介している「E202」とならんで特に多い「E201」や「E203」といったエラーコードもあります。
「E201」や「E203」についても詳しく説明していきます。

「E201」の原因とは?

E201とは、E202とならんでエラーコードとして表示されるケースが多いです。
「E201」は、アンテナレベルが不足している際に表示されるエラーコードです。電波不足といった状況は、「E202」と同じですが、全く電波を受信していない「E202」と受信はしているがアンテナレベルが低い状態の「E201」とは原因も異なる場合もあります。

下記が、「E201」エラーが表示される際に考えられる原因の一部です。

  • ケーブルや配線に異常があり電波が減衰している
  • 雨や雪など天候が原因で電波が減衰している
  • アンテナ本体に異常や故障があり電波が減衰している

特に「E201」は雨や強風などでアンテナの角度や方角がズレてしまい受信状態が悪くなっている事が原因になっている事が多く、台風や強風発生時の後からエラーコードが表示されている様な場合には、アンテナの方向や角度が正しいか確認してみるのが良いでしょう。

「E203」の原因とは?

「E203」は少し特殊なエラーです。
エラー表示の内容としては、放送が休止している際に出るエラーになるのですが。
放送を休止しているチャンネルを選択する事は少ないと思います。
実際に表示されてしまうケースとしては下記が原因となります。

  • アンテナが古い(チャンネルに対応していない)
  • 有料チャンネルなどを契約していない

この様な状況化で、「E203」エラーが表示される事があります。
特にBS/CSを視聴したい際など、アンテナがチャンネルに対応していない事がありエラーコードが表示されてしまうのです。
従来のBS/CSアンテナではBS右旋で視聴できるチャンネルしか視聴できません。
BS左旋や、110度CS左旋のアンテナで受信するチャンネルを視聴する事が出来ないのです。

その他にも、BS/CSなどの一部有料チャンネルを選択時にも表示される可能性があります。
元々、有料チャンネルを契約していない場合から有料チャンネルの契約が切れてしまった際などが考えられます。

「WOWOW」や「スカパー!」などは有料チャンネルなので視聴を希望する際には契約が必要になります。
番組表には表示されているので、「無料で視聴できるのかな?」と勘違いしてしまう方も多いのです。

下記の記事では、どのアンテナが対応しているのかなど詳しく記載していますので確認してみてくださいね。

E202の原因が分からない・改善しない場合には

「改善方法を試しても、テレビ映りが解決しないな…。」
「外的要因か内的要因か原因自体も分からないよ…。」
「自力で対処・修理するのは難しいな…。」
今すぐテレビが見たいのに、どうしよう…。」

こんな時には、アンテナ工事業者に依頼し修理してもらうのが良いでしょう。
まずは、原因を特定する事で修理・方向調整を行う事でテレビと視聴できる様になるでしょう。

エラーが出ている原因がハッキリしていない状態で、「アンテナ方向が原因かな?」と判断しご自身で作業を行う方もいますが、高所に設置されているテレビアンテナの自力調整は危険なのでオススメできません

アンテナの修理業者をお探しの方はアンテナレスキューへ!

アンテナレスキュー

関東地方や東海地方の方であれば私達アンテナレスキューにご相談ください
事前に、トラブルの症状をお聞きし大体のお見積りをお伝えする事が可能です。

また、「現地調査・ご相談・お見積り」は無料で行っていますので、ご自宅で電波状態を測定し最適な工事を提案いたします。

技術のない業者に依頼してしまうとアンテナの方向調整で済むような場合でも、「新しくアンテナを交換しないダメです。」などの様な適当な工事をする業者もいます。その様な業者に相談してしまうと無駄に費用が掛かってしまうや、根本的な原因が解決せずテレビ映りの悪化が再発してしまうなどのトラブルにもつながりかねません。

心配な方は、一度アンテナレスキューまでご相談ください。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

ご相談前のチェック事項

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

現在、住んでいるのは集合住宅ですか?もしくは、一軒家ですか?2つの場合で対処方法はそれぞれ違いますので細かく解説していきます。

集合住宅(マンション・アパートなど)に住んでいる場合

マンション・アパートでのBS視聴方法は?

住んでいる建物が賃貸(マンション・アパート)の場合などは、一度管理会社に相談を先にしてみてください。相談時に、同じ建物に住んでいる人などにテレビ映りの状況などを事前に聞いておくのが良いでしょう。

E202エラーなどの電波が届いていないといった状況が、ご自身の部屋または1室なのなのか?
建物全体が電波が届いていないのかによってその後の対応が変わってきます。

集合住宅(マンション・アパート)全体が影響を受けている場合などは、管理会社が対応してくれる場合が殆どですので事前に聞いてみるのをおすすめします。

持家(一軒家)に住んでいる場合

戸建て

戸建てなどの持家に住んでいる方はすぐに業者に相談して大丈夫です!
アンテナレスキューは、お客様からお問い合わせいただいてから最短15分で駆けつけ、E202エラーの原因を突き止めます。屋根上などの高所作業もアンテナ修理のプロが現地に伺いますので安心してお任せいただけます。

まとめ

如何でしたでしょうか?
ここまで紹介した「E202」のエラーコード以外にも、テレビの不具合時に表示されるエラーコードは多くあります

まずは、エラーコードが表示された際には慌てずに内的要因から確認を進めていく事をオススメします。アンテナの故障などでない場合は、1つずつ確認していく事で改善される事が多いからです。

また、この記事でのポイントは次の4つです。

  • E202エラーの際はテレビの設定など行い表示チェックを行ってみる
  • 配線関連のチェックを行ってみる
  • 周りのテレビの状況などを調べてみる
  • 原因が分からないや改善しない場合にはプロに相談する

スグに解決する場合も多いので、まずはチェックをしてみましょう。
チェックしていただいても分からない場合などは、アンテナレスキューまで相談ください。

アンテナレスキューでは、映らないや・画質が悪いアンテナレベルが低いなどのアンテナトラブル専門業者です。
ご相談いただければ、ご自宅の電波状況や環境にあわせて最適な提案を行います。

お見積り・現地調査・ご相談」など施工前の相談については無料で対応を行っています。
対応エリアは、関東エリアと東海エリアのみとなりますがテレビアンテナの事でお悩み方は、お気軽にご相談ください。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. デザインアンテナは映りが悪い?受信感度が弱い理由と、受信感度を高め…

  2. 景観地区でテレビアンテナは設置できる?規制内容とテレビアンテナを設…

  3. 雨が降るとテレビが映らない・映りが悪い原因から対処法を詳しく解説!…

  4. B-CASカードエラーでテレビが映らない!エラーの原因と対処法を徹…

  5. アンテナが台風に弱いはもう古い!台風などの強風に強い新基準のアンテ…

  6. ひかりTVからテレビアンテナ切り替えで月額0円に!解約方法から切り…

  7. 家電量販店にアンテナを工事依頼すると意外と高い!高くなる理由と、最…