選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

アンテナ修理は火災保険適用で修理ができます!申請基準から申請手順まで解説!

アンテナ修理

アンテナ修理を火災保険で対応

台風や大雪などの突然の悪天候により、テレビアンテナが故障してしまう事があります。
そういった場合には、「火災保険」を利用する事で無償で修理できるかもしれないという事はご存知でしょうか?

戸建てにお住まいの方であれば火災保険に加入しているといった方も多いと思います。
この火災保険は、字面だけを見ると火事などの際に利用できる保険の様に思いますが、火事以外にも悪天候などの自然災害によるトラブルなども補償範囲内なのです。

ですが、火災保険に加入していれば全ての方が無償で修理できる訳ではありません。
契約状況や、経年劣化による故障などの場合には申請できないケースもあるのです。

この記事では、自然災害時の火災保険の利用方法から適用範囲。火災保険の種類に至るまでを詳しく解説しています。

自然災害で故障してしまった場合には、保険利用の期限などもあり過去に修理済みの方でも申請を行う事も可能なのです。
思い当たるふしがある方は、この記事を読み対象範囲かなどを詳しくチェックしてみてくださいね。

電話相談

この記事の目次

火災保険は、火事以外の自然災害による被害でも適用できます。

火災保険の申請方法を解説

ご自身で不動産をお持ちの方であれば火災保険に入っている事が殆どかと思います。
火災保険は、字の如く火事などに適用されるのが一般的で殆どの方が自然災害で適用される事を知りません。

近年、台風なども夏場だけに限らず10月中などに上陸や長雨が続くなど自然災害が多くなっている様に思えます。
アンテナレスキューでは緊急修理依頼が多い為に自然災害などで壊れてしまったアンテナや風などで根本から折れてしまいテレビが映らなくなってしまったなどの相談を多く受けます。

お客様に火災保険の説明をし修理費用が0円になった事でビックリされるお客様も多くいらっしゃいます。
そこで、アンテナレスキューブログでは自然災害で壊れてしまったけど火災保険適用できるのか?

などのお悩みをお持ちの方の為に、詳しく適用範囲から申請方法までをご紹介いたします。

火災保険の特徴と種類について

火災保険の種類

火災保険は、火災や落雷や雨、風などの自然災害など遭った時に保証される保険です。
対象となるのは、基本的には持ち家などの自宅とご自宅に付随するテレビアンテナも含まれています。

ご自宅をお持ちの方などは、火災保険などに加入される事が一般的ですが、ご自身が出先のホテルなどで火事に巻き込まれたなどの際に、火災保険に加入しているからといって補償が受けられるといったものではありません。ご自宅が火事になった際に適用される保険であり、怪我をされた場合などに保険金を受け取る事などは出来ません。

火災保険の補償範囲は建物

火災保険の対象

ご自宅と一括りにする訳では無く、お持ちのマンションやビル、その他にも家の敷地内の車庫や物置といった「建物」が補償範囲となります。

その為、家の屋根上や壁面にあるテレビアンテナなども自然災害などによる故障などの際は、補償範囲内となるのです。

火災保険というと大きな災害にしか対応しないと思っている方も多いと思いますが、家の家財や衣類なども加入の際に保険をかけておく事で万全に備える事ができるのです。

火災保険の適用される自然災害の種類

レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

火災保険を適用される自然災害は大きく分けて6種類ほど。ご自宅が該当されるかなどチェックしてみてくださいね。

①火事によるアンテナ故障

火事によるアンテナ故障

こちらは、そのままですが火事に備えるための保険というのは字面から想像できるかと思います。

保険の内容をそのままで火事の場合に適用されます。お隣様が火事になって被害を受けたなどの際も適用範囲となりアンテナが火事で壊れてしまったなどの際には適用範囲となります。

②大雨によるアンテナ故障

大雨によるアンテナ故障

毎年の様に、大雨被害が続いていますが雨などによりアンテナ故障が発生した際も。

補償の範囲となります。台風などで長く続く大雨などで経年劣化しているアンテナなどは故障してしまう事も多いです。テレビも映ってはいるものの映像が歪んでしまうや、止まってしまったりする現象が頻繁に起こって見ることができないというようなことも多く起こります。

③強風によるアンテナ故障

強風によるアンテナ故障

強風に関しては、夏場の台風だけではなく春一番などの風などで季節など関係なく壊れてしまう事があります。
従来のテレビアンテナは屋根上についておりワイヤーなどで支えているのですが、強風などによりワイヤーが切れてしまう事でテレビアンテナが倒れてしうや方向が変わってしまうなどが多々あります。

アンテナ破損の原因として多い、アンテナの傾倒や脱落は強風被害が一番多い為、台風の時期などには古いアンテナなどは撤去・処分を行っておくと良いでしょう。

④積雪によるアンテナ故障

積雪によるアンテナ故障

アンテナレスキューは、関東地方と東海地方を主な地域として対応しておりますので積雪によるアンテナ故障といった相談は少ないですが、積雪などにより屋根の上に設置したアンテナは屋根馬で固定されている為、屋根馬が壊れてしまうなどのケースがあります。

アンテナは住居の一番上に設置されているので受ける影響も大きいので注意が必要です。

⑤落雷によるアンテナ故障

落雷によるアンテナ故障

こちらは、夏場の時期は非常に多いケースとなります。
落雷が発生し屋根上のアンテナを直撃してしまうとテレビアンテナは壊れてしまいますので、新品に交換するか修理を行う事になります。

また、雷が発生した直後からテレビの映りが悪くなっておかなしいなという事もありますので、そういったご相談なども受付ております。

⑥その他の被害について

その他の被害

多くは無いですが、「盗難」「爆発(カセットコンロなど)」「騒擾(そうじょう)(騒ぎなどで破壊活動が行われたなど)」のケースの際も、補償される場合があります。

こちらなどは、アンテナ故障には関係の無いケースかも知れませんが知識として知っておく事で、今後のメリットになりますので覚えておきましょう。


如何でしたでしょうか?
特に自然災害時のトラブルの場合には、火災保険の契約範囲内の場合には修理が可能です。
火災保険が適用される事を知らないとご自身で実費での修理となり、突然のトラブル時には手痛い出費となってしまいます。
その様な事がない様に、現在のトラブル状況などから申請するには何が必要かなど覚えておく事が大切です。

少し分かり辛いなといった方はアンテナレスキューまでご相談ください。
申請に必要な写真撮影から、急ぎのアンテナ修理までお任せください。

アンテナレスキューは、「現地調査・お見積り・ご相談」など作業を行う前は無料で対応していますので、お悩みの方は是非お気軽にご相談ください。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

アンテナ故障時の火災保険のチェックと注意事項

火災保険の内容チェック

まずは、火災保険の契約内容を確認しましょう。

火災保険にも種類があり、火災保険の内容によっては積雪や強風で破損したアンテナには適用されないといった契約内容もあります。

あるいは保険適用となったケースでも0円にはならず、修理や工事料金から適用される金額を差し引いたを自己負担金として発生する場合があります。

フランチャイズ方式の火災保険の場合

フランチャイズ方式

火災保険には、「フランチャイズ方式」という方式があります。

少し分かり辛い名前をしていますが、内容としては自然災害による損害額が一定金額を超えた際には保険が適用されるという内容です。

フランチャイズ方式の場合には、自然災害時にも修理や工事の費用が一定金額を超えていない場合は1円も支払われず、全額自己負担となります。

フランチャイズ方式の場合には、金額をシッカリと確認しないと保険適用されない場合がありますので注意が必要です。

免責金額を契約時に決めている場合

免責金額

火災保険加入の際の契約時に、あらかじめ一定の自己負担金をきめている場合が多くあります。そういった内容の保険の際には、災害などでかかる修理費用などの損害額から免責金を差し引いた金額が保険金として支払われます。

この場合などは、もしも損害額が免責の金額を超えていない場合には、修理代や工事費用が全額自己負担となります。

ポイントは、自然災害の場合には被害の総額

被害総額

少し分かり辛いかも知れませんが、台風などで被害がでるなどの場合はアンテナのみでは無い筈です。付随する屋根なども補償の範囲内となる為、チェックが必要となります。アンテナ修理や工事のみでは損害額が高額になる事はほとんどありません。そうなると、火災保険が適用されないのです。

しかし建物に付随している屋根や、車庫、物置などの破損も見られる場合には被害額全体が大きくなる為、フランチャイズ方式や免責金額が設定されていたとしても適用範囲内となり火災保険の補償を受ける事ができるのです。

アンテナレスキューにご依頼の際などは、担当者へ自然災害が原因といった事を事前に伝えていただければ、適用の範囲内かなど確認させていただきますので修理や工事の際にはお伝えください。

火災保険の申請期間について

火災保険の申請期間

自然災害が原因の際などの、補償範囲内であっても火災保険はいつまでも使用できるものではありません。

契約内容により補償を受けられる期間などは違いますが、多くの場合には自然災害発生した日から何ヶ月以内や何年以内といった期限が設けられています。この期限を過ぎてしまうと仮に補償範囲であったとしても火災保険を利用した修理や工事ができなくなってしまうので申請期限などもあわせて確認しておく事も大切です。

まずは、自然災害の故障の可能性がある際などは無料調査をアンテナレスキューでは、行っておりますのでご利用頂きご相談ください。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!

アンテナ修理・工事の火災保険利用時の申請手順から一連の流れ

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

申請と聞くと面倒なイメージですが、アンテナレスキューでは申請サポートも行っているので難しいものではありません。

①修理・工事予約。火災保険の契約内容の確認

修理の工事予約

自然災害などで故障した際は、アンテナレスキューでは修理からアンテナ交換まで対応しておりますので。損傷した箇所などをお客様に説明し施工方法などをご説明させていただきます。また、受付は24時間365日受付ておりますのでお気軽にご相談ください。

②修理・工事当日に施工前と施工後の写真撮影

施工後の写真撮影

施工前と施工後の写真は保険申請の際に必要となりますので。こちらの写真をアンテナレスキューで写真を撮影しお客様の方へお渡ししておりますので申請時にご利用いただけます。

③修理・工事費のお支払い

工事費のお支払い

修理・工事を行った際にかかる費用を一時お支払いただきます。

後にお客様の方へ加入されている保険会社からのお振込みが行われます。

④お見積り書・領収書・施工前後の写真のお渡し

相見積もり

お見積り書・領収書・施工前後の写真などは保険申請に必要になりますので。こちらの方の準備をさせていただき、必要なデータなどをお客様の方にもお渡しいたします。

⑤お見積り書・領収書・施工前後の写真などを保険会社へ提出・申請

保険会社へ申請

必要書類などの記入サポートや提出・申請などのサポートも行う事が可能です。

申請方法がイマイチ分からないなどの際は、担当する現場作業員や担当者の方へお伝えくだされば申請サポートをいたします。

⑥保険会社からお客様の口座へと入金を確認

入金確認

申請後、保険会社の審査が通りましたらお客様の口座へと保険会社の方からお振込みされます。ここまでが火災保険でのアンテナ修理・工事の流れとなります。


以上が一連の流れとなります。

普段行うことは無い作業ですので。
少し面倒に感じるかもしれませんが、お客様が行っていただく事は。

書類の申請や記入のみですので簡単です。
保険の契約内容がイマイチ分からないなどの際にも担当者が書類確認いたしますので。調査・工事の際に工事担当者の方へ保険証券を当日お見せください。

現場担当者の方で確認させていただきます。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

特に影響を受けやすいのは台風災害!台風被害の際には、火災保険で補填しよう!

強風がアンテナへおよぼす悪影響

アンテナ故障で火災保険で補償されるケースとして一番多いのが台風による被害です。
テレビアンテナは、屋根上または屋外に設置されている事がほとんどです。

その為、台風などによる悪天候の影響をもろに受けてしまうのです。
故障には、色々なケースがありアンテナを支える支柱から折れてしまいアンテナが倒れてしまうケースから、ケーブルが断線してしまい映らなくなってしまうケースなどがあります。

こういったケースの場合には分かりやすくスグに台風の影響と気づく事も出来るのですが、台風被害により浸水が原因で、アンテナが腐食している場合などのケースでは、少しずつテレビ映りが悪くなり映らなくなってしまうといった原因が分かり辛いケースもあるのです。

特に台風被害から期間が空いてしまうと、火災保険を申請できるのかも分からず実費で修理を行ってしまったなんて事も珍しくありません。ですが、上記でもご説明した通り火災保険の申請期間は3年間です。

この補償期間内に申請する事で、火災保険の「風災補償」をうける事が可能なのです。

台風被害によるアンテナ修理費用は?風災補償はいくらまで?

節約

台風などにより、アンテナが故障し機能しなくなってしまった場合には風災補償をうける事ができます。金額は契約している、火災保険のにより異なる為、まずはご契約中の保険会社に相談をしてみると良いでしょう。

下記には、台風被害により故障した際の修理料金の相場金額を記載しています。

工事内容施工金額相場
UHFアンテナ標準工事15,000円~25,000円
BS/CSアンテナ取付け10,000円~35,000円
アンテナの交換30,000円~100,000円
アンテナの撤去20,000円前後
配線の交換10,000円前後
ブースター追加10,000円~15,000円
配線工事10,000円~30,000円
調整や点検3,000円~10,000円

上記が、台風被害により修理が必要になる際の料金相場です。
依頼する業者により値段の変動はありますが、多くの場合には結構な金額がかかってしまうのです。

壊れたアンテナの撤去からアンテナ一式の交換工事になると10万円を超えてしまう様な大きい出費につながってしまい火災保険で、全額保障でなくとも一部の金額を補償してもらえるだけでも非常に助かるのではないでしょうか?

火災保険で修理できない場合には?倒れたアンテナを再利用する事ができるかも!?

アンテナ本体が壊れていないかの確認

現在、ご契約中の火災保険の補償でアンテナの故障まで補償してもらえないケースもあるでしょう。その様な場合には、上記で紹介したアンテナ修理相場の金額がかかってしまい高額になってしまいます。

仮に台風被害によりテレビアンテナが倒れてしまっただけのケースの場合には、既存のテレビアンテナをたて直す事で再利用する事が出来るかもしれません。

ただ、アンテナが倒れてしまうと金属部分に傷が入ったり水が侵食し腐食につながってしまう可能性があります。傷ついたアンテナを一時的に再利用しても、スグに劣化してしまう事になるので注意が必要です。

アンテナの故障はアンテナレスキューにお任せください!故障は修理のプロへ依頼しよう!火災保険

アンテナレスキュー

火災保険が申請できるのか?契約で補償できるのか?何処に問い合わせれば良いのか?
などなど、一般の方は分からない事が多いと思います。

この様な際には、お気軽にアンテナレスキューまでご相談ください
アンテナ工事を行っている業者は多くいますが、修理を対応してくれる業者は意外にも少ないのです。大半の業者は、壊れたアンテナを新規のアンテナとの交換工事を勧めてくると思います。

特に家電量販などに相談する方も多いと思いますが、実際には高額の施工になってしまうケースもあるので注意が必要です。詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

アンテナレスキューは、新規のアンテナ設置から交換。おもにはテレビアンテナの修理対応を行っております。その為、台風被害の際などの対応から火災保険の申請フォローなど多くの経験があります。

相談・現地調査など無料で行っておりますので、突然の台風トラブルの際などご相談いただければと思います。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

要注意!火災保険を申請できない代表的なケース4選!

火災保険に加入していた際に、全てのケースで保険申請できる訳ではありません
火災保険を使えないケースとして幾つか代表的なケースをご紹介します。

こちらに該当していないかなど申請を検討されている方は、確認してみると良いでしょう。

経年劣化でのアンテナ故障の場合

アンテナの老朽化

テレビアンテナは、ご自宅の屋根上や外壁など劣悪な環境に長期間設置されています。その様な事から非常に頑丈に作られているのですが、長年使用するとどうしても経年劣化をしてしまうのです。

経年劣化しアンテナが倒れてしまったなどの際は、火災保険を申請する事はできません。
あくまで火災保険を申請できるのは、偶発的な自然災害時などに限定されるのです。

被害額(修理費用)が免責金額以下の損害の場合

工事の見積もり

免責金額とは、簡単にお伝えすると自己負担金になります。
損害額が、免責額未満の場合には全て事故負担となり火災保険の補償を受ける事が出来ないのです。

免責金額は、幾らというのは火災保険の契約時に決まっており、フランチャイズ方式免責方式(エクセス方式)という2つの方法があり、設定されていた免責金額が10万円の場合には、10万円以下の修理費用の場合には完全事故負担となります。

逆に、免責金額が3万円に設定されていた場合に修理額が10万円の場合には、修理金額の3万円分を自己負担し残りの7万円は火災保険で補償される仕組みです。

免責金額は、契約時に決まっているので免責金額が設定されているのか?
設定されていた場合には、幾らに設定されているのか?

上記2つは、火災保険を申請したい際には確認しておくと良いでしょう。

火災保険の対象外の場合

火災保険の対象外

近年、保険料金などを見直すご家庭も増えており一言に火災保険といっても補償内容をカスタマイズできる事から全ての方が補償を受ける事が出来るとは限りません。

保険の料金を安くしたいが為に、補償内容を少なく設定している際などの場合にはアンテナ修理などで火災保険の申請をする事が出来ません。

今後、火災保険に加入する方も現在加入中の方も金額ばかり意識してしまうと、いざという時に役にたたなくなってしまうので保険を見直してみると良いでしょう。

地震・噴火・津波などで被害を受けた場合

噴火・津波・地震の被害

ここまで、火災保険では自然災害時に補償を受ける事が出来るとご説明してきましたが一部例外があります。

地震・噴火・津波」での被害を受けてしまった場合には、火災保険では補償範囲外になります。これらの災害でも補償を受ける為には、火災保険以外にも地震保険に加入する必要があります。

日本は、地震が多い国なので地震などによる被害もカバーしたい場合には地震保険も一緒に検討しておくと良いでしょう。
火災保険のみ加入している方は、「地震・噴火・津波」でアンテナが故障してしまった際も自己負担で修理が必要になります。


この様に、自然災害による故障の場合でも修理費用が補償されないケースもあります。修理費用が補償される場合には、スグに来てくれる様な業者がいれば特に問題ないですが、自己負担でアンテナ修理を行う際には修理料金なども大切になってきます。

アンテナレスキューでは、アンテナ修理は5,000円~行っています。
自然災害時にアンテナ故障があった場合には修理のみで使用可能か?または新しくする方が今後のメリットがあるか?など、ご自宅の状況にあわせて最適な提案をさせていただきます。

まずは、自然災害時のトラブルの場合には故障状態を確認する必要があるので調査が必要になります。
アンテナレスキューでは「現地調査」などは無料で対応を行っていますのでお気軽にご相談いただければと思います。

24時間365日受付をしていますので、ご都合の良いお時間にご連絡ください。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

まとめ

如何でしょうか?
テレビアンテナが自然災害で壊れてしまった際には、修理費用を火災保険で補償できる可能性がある事は分かっていただけましたか?

まずは、保険証券などを確認し契約内容を確認した上で保険会社に相談してみるのが良いでしょう。この記事でのポイントは次の3つです。

  • 補償範囲内でも申請期限がある
  • 自然災害でもアンテナ修理などが補償範囲
  • 火災保険適用前に契約内容を確認すること

上記をシッカリと行えば特に難しい事はありません。

去年の台風被害などでアンテナに不具合が生じているが、そのままにしてしまっているなど。まだ保険の適用範囲内の可能性がありますので。

是非ともアンテナレスキューに相談いただけたらと思います。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. 自分でアンテナ修理!抑えておきたいポイントと注意点!

  2. 賃貸物件のテレビアンテナ修理の借主の負担は?修理方法はどうする?

  3. テレビアンテナの鳥害対策!鳥害・糞害に有効な対処法を詳しく解説!

  4. テレビは映らないが番組表だけ映る!番組表しか映らなくなる原因と対処…

  5. 雷のあと、テレビが映らない・電源が入らないなどのトラブル時の対処法…

  6. デザインアンテナは映りが悪い?受信感度が弱い理由と、受信感度を高め…

  7. 景観地区でテレビアンテナは設置できる?規制内容とテレビアンテナを設…