選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

テレビアンテナのトラブル?修理が必要か故障診断と対処法

アンテナ修理

チャンネル休止

急にテレビが映らなくなった。
アンテナレベルが低下してしまった。
E201、E202、E203などのエラーコードが表示されてしまった。

この記事を読んでいる方は、上記などのトラブルを抱えている方が多いかと思います。

この様なトラブル以外にも、「アンテナが倒れている。」などのお悩みを抱えているかもしれません。

実際にアンテナトラブルに見舞われた際には、どの様に対応してよいのか分からないと思います。

修理してもらった方が良いのかな?」や「テレビが壊れてしまったのかな?」などと悩みを抱えてしまう事でしょう。その様な際に、トラブルの原因がアンテナにあるのか?もしくは、テレビや配線などの部分が原因なのか?

この様にお悩みの方は、トラブル診断を行ってみましょう。アンテナが原因と分かれば修理もしくは交換などを対応すれば解決します。天候や電波塔などの原因で一過性の可能性もあります。状況別に、細かく解説していきますのでアンテナトラブルを抱えている方は、該当する項目がない確認してみましょう。

また、お急ぎでトラブル解決の修理や調査をしてほしいという事であればアンテナレスキューにお任せください。関東エリア・東海エリアにお住まいの方であれば「電話1本」でスグに駆けつけます。

電話相談

現在のアンテナトラブル内容を確認してみよう!

アンテナトラブル対処法

アンテナトラブルといっても、多くのケースが存在します。

アンテナトラブルに気付いているという場合には、大概のケースはテレビ側から「E202エラー」や「アンテナレベル0」などのエラーコードが表示されている。

または、「映りが悪くなった。」「ノイズが酷い。」など視聴は出来るものの問題を抱えているという事だと思います。

今回、ご紹介するのは次の6つのケースの故障診断と対処法です。

アンテナトラブル事例
  • E202などのエラーコードが表示されている
  • アンテナレベルの低下またはアンテナレベル0
  • テレビ映りが悪い。またはブロックノイズが出ている
  • 一部の番組だけ映らない・映りが悪い
  • 特定の部屋のみ映らない
  • アンテナが倒れている。または曲がっている

上記などがアンテナレスキューで多く相談いただく内容となっています。

状況別に故障診断やご自身でできる対処法などを説明していますので、該当する項目があるか確認し故障診断を行ってみましょう。

それでは、E202関連のエラーコードが表示されているケースからご説明していきます。

E201やE202などのエラーコードが表示されている場合

e202

まずは、E201などのエラーコードとは「アンテナレベルが低下」している際に表示されるエラーコードです。電波の受信レベルが「一定値より低くなる」事で表示されています。つまりは、E20系のエラーは関しては電波や受信システムに問題が起きた時に発生するエラーコードとなります。

E201~E203までのエラーコードが多く発生するエラーコードとなり、それぞれの原因を解説していきます。

E201が表示される原因

アンテナの電波レベルが低下している状態です。雨などの影響などを受け電波が弱くなる事で、降雨対応放送(一時的に、画像や音声の質を下げ受信できない状態を予防する方法)に切り替わる事で表示される事があります。この場合には、時間の経過とともに解決します。

E202が表示される場合

現在、何らかの原因でテレビに電波が届いていない状態です。ケーブルや端子などの接続不良からアンテナの故障まで原因は多岐にわたります。

E203が表示される場合

このチャンネルは放送を休止していますといった意味となります。放送を休止していないチャンネルで「E203」が表示されている場合には電波の受信状態に問題があるという事が分かります。

E201~E203が発生した際の対処法

天候などにより表示されてしまうエラーコードですが、天候などの問題もないといった場合には「アンテナ線の接続」を確認してみましょう。

アンテナ端子からテレビに接続されているケーブルの事ですが、シッカリと差さっていないや差す端子が間違ってしまっている。または、端子の芯線が曲がったり折れていたりしないかの確認を行いましょう。

もともと受信できていた場合でも、「テレビの移動」「掃除」「引っ越し」などの際にアンテナ線まわりに変化が加わった際などに発生する場合があります。この様な確認・対応を行ってもエラーコードが表示されている場合にはアンテナ側の故障の可能性が高いです。

アンテナ本体が原因の場合には専門的な調整が必要な事から業者に依頼する様にしましょう。また、下記の記事ではE202(もっとも多いアンテナ故障時のエラーコード)などが表示した際の対処法を細かく解説していますので参考にしてくださいね。

アンテナレベルの低下またはアンテナレベル0の場合

アンテナレベル0

アンテナレベルとは、テレビ側が受信する電波量の指しています。

アンテナレベルが低下する事でテレビ映りなどに大きく影響しノイズが発生したり乱れが生じてしまいます。アンテナ本体側の影響から、ケーブルが断線してしまっているや接続不良をおこしているなどの際には発生します。また、元々の電波が弱い地域なども考えられます。

アンテナレベルが低下した場合の対処法

アンテナレベルが低下した際に、一番最初に確認してほしい点はアンテナ本体です。アンテナ本体が倒れたり曲がってしまっていないか?または方向が変わっていないか確かめてみましょう。アンテナ本体に問題がありそうな場合には、業者に調整してもらうのがベストな方法です。

アンテナ本体に問題がなさそうな場合には、「テレビの再接続・再起動」と「テレビの再スキャン」を行ってみましょう。

テレビの再接続・再起動方法

テレビのコンセントを抜いて再度差し込み。少しの時間を置いてからテレビの電源を入れてみてください。テレビ側の問題や軽度のトラブルの場合は、これで解決する事が多いです。

テレビの再スキャン方法

設定(ホームボタン)」⇒「テレビ放送設定」⇒「地上デジタル放送チャンネルサーチ」⇒「追加サーチ」の流れで再スキャンを行う事ができます。テレビの年式やメーカーにより方法は異なるので、各メーカーの再スキャン方法を確認し行っているとよいでしょう。チャンネルの再読み込みを行う事で改善される場合があります。

また、下記の記事ではアンテナレベルが下がった際の対処法を詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

テレビ映りが悪い。またはブロックノイズが出ている場合

テレビ映りが悪い

テレビ映りが悪い際には、「ブロックノイズ」などが発生する事が多いです。何らかの原因に通常通りに電波を受信できていない場合に発生します。映りが悪くなってしまった際には、天候などにより一過性の原因か?もしくはテレビ本体側の原因か?アンテナ側の原因判断する事が重要です。

一部のチャンネルは映るなどの場合には、テレビ側の原因という事はありません。全てが映らないといった場合には、接続不良やテレビ側の原因が考えられます。

テレビ映りが悪い・ブロックノイズの対処法

テレビの映りが悪い際の原因は、多くの原因が考えられます。テレビ側の確認と電波の受信側の確認と分けて行う事で原因が分かってくる事が多いです。また、テレビ映りが悪い際は、次の3工程を行ってみましょう。軽度のトラブルの場合には、解決する事が多いです。解決しない場合には、アンテナ業者などにお願いする様にしましょう。

テレビ周りの確認手順
  1. テレビの(再スキャン)を行ってみる
  2. アンテナ線やケーブル・B-CASカードなどの挿入・抜けがないかの確認
電波の受信状況の確認手順
  1. テレビ側にエラーコードが表示されていない確認
  2. アンテナレベルが低下していないか確認
テレビの再起動手順
  1. テレビの電源を切り電源プラグをコンセントから抜く
  2. 数分待ち再度コンセントを挿入
  3. テレビの電源を入れ改善されているか確認

また、下記の記事ではテレビ映りが悪い際の対処法を詳しく解説していますので参考にしてみてください。

一部の番組だけ映らない・映りが悪い場合

一部の部屋だけ映らない

一部のチャンネルだけ映らない原因として、まず最初にお伝えしておく事として。

アンテナ本体が故障してしまっている場合には全てのチャンネルに影響を及ぼします。一部のチャンネルが映らない原因として、電波の強さがチャンネル毎に違っている事が原因の1つです。チャンネルによって使用している周波数は違う為に影響がでる事があります。(実際にはdB程度の差なので影響をしない場合がほとんどで。)

ギリギリのレベルで受信してしまっている場合には、一部のチャンネルだけ映りが悪いなどが発生する事も。

一部の番組だけ映らない・映りが悪い際の対処法

一部のチャンネルがだけ映りが悪いなどの際には、受信レベルが正常に受信できる受信レベルに足りていない事が考えられます。その場合などには、ブースター(増幅器)を使用し受信レベルを改善する方法が必要です。改善するテレビが一台のみの場合などには卓上ブースターなども販売されています。

ブースターを使用する事で受信レベルが20db程度高くなりますのでギリギリラインの受信状況であった場合には、解決する事が多いでしょう。

一部のチャンネルが全く映らないといった場合には、受信レベルが全く足りていないや、強すぎるといった事が原因となり電波測定などを行いシビアな対応が必要になる為、業者などに依頼し調べてもらうのがよい方法です。

特定の部屋のみ映らないなど場合

特定の部屋だけ映らない

原因としては、「電波が強すぎる」「電波が弱すぎる」という可能性もあります。

ですが、特定の部屋のみ映らない場合には原因としては「接続に問題がある。」といった場合がほとんどかと思います。まずは、接続の確認、その他にテレビ側の故障がないか確認してみましょう。

また、アンテナから距離がある部屋などは電波の減衰量が多くなる事で映らなくなってしまう場合もあり、元々の電波が弱い建物では稀に一部の部屋のみ映らないといった事も発生します。

その他にも、施工ミスなどの可能性があります。「分配器に同軸ケーブルが適切に接続されていない状態。」この様の場合には、1部屋だけ映らないといった状態になります。分配器などは多くの場合は、天井裏などに設置されている事が多い為、配線確認が出来る様であれば行ってみましょう。

特定の部屋だけ映らない場合の対処法

まずは、テレビの故障がないか確認してみましょう。映らない部屋で使用しているテレビを映る部屋のアンテナ端子とつなぎテレビ映りを確認しましょう。この場合も映らないといった場合にはテレビの故障ですのでテレビを買い替えましょう。

テレビ側が原因でない場合には、接続を確認してみましょう。テレビ背面のケーブルがシッカリと正しい接続になっているか?接続するアンテナ端子側が壊れていないか?(破損していないか?)などのチェックを行いましょう。差し込み口側が壊れている可能性があります。その他にも分配器のチェックなど1本でも抜けを確認した場合には、シッカリと正しい接続を行いましょう。

1部屋だけ電波量の減衰などで視聴の問題がある場合には、電波測定などを行いシビアな設定が必要になる事から業者に依頼を行う様にしましょう。

アンテナが倒れている。または方向が変わっている場合

アンテナ倒れ
レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

アンテナの倒れや曲がっているなどの場合には、事故につながる可能性があるので放置せずスグに対応する様にしましょう!

アンテナ本体が倒れているや曲がっている場合には早急な対応が必要です。

地デジでなどの場合には、アンテナが曲がっていたり倒れていても視聴は問題なくできる場合などもあります。その為、「このままでも大丈夫かな?」と思ってしまい、放置される方もいます。

ですが、倒れているアンテナを放置していると強風などが原因で落下してくる事故につながる可能性があります。テレビアンテナは金属で出来ており重さも5Kg程度の重さがありますのでご自宅内の屋根を損傷してしまったり、一番怖いケースは落下したテレビアンテナが人にぶつかってしまう事です。この様な事がない様に、アンテナが倒れているや曲がっている場合は、放置せずスグに対応する様にしましょう。

また、方角が変わってしまっている場合には固定器具の緩みなどが原因で曲がってしまっている可能性があります。電波の受信に問題がでる事や放っておくと倒れてしまう原因にもなりかねませんので、正しい位置に設定し固定する必要があります。

アンテナが倒れや方向が変わっている際の対処法

アンテナ倒れの場合には、アンテナの設置位置が重要です。屋根上設置の場合には、非常に危険が伴いますので放置せず、業者に依頼し立て直し・固定を行ってもらいましょう。

倒れた際の衝撃で破損などがみられた場合には、新しいアンテナに交換する事をお勧めします。

ベランダや屋根裏などの危険がない場所に設置されている場合などには、シッカリと正しい方角に向け固定する事で、視聴する事が可能となります。

下記の記事ではアンテナが倒れてしまった際の対処法を詳しく解説していますので参考にしてくださいね。

方角が変わってしまっている場合も、同じく高所設置のアンテナの場合は業者にお任せするのがベストな選択です。地デジアンテナの場合には、お近くの電波塔の方向へ方角を向け固定、BS/CSアンテナの場合には、南西の方角と角度をあわせシッカリと固定する様にしましょう。ただ、BS/CSアンテナは角度が1度でも違ってくると視聴できないといったシビアな設定が必要となりますので難しい場合には業者に相談する様にしましょう。

下記の記事では、アンテナの方角が変わってしまった際の対処法を詳しく解説していますので参考にしてくださいね。


以上がアンテナトラブル時の原因と対処法になります。

テレビアンテナは、専門的な知識が必要な事が多い為にご自身で直す事は難しいかもしれません。

ですが、アンテナ本体の故障ではなくケーブルの接続の問題など比較的に簡単に直す事が可能な場合もあるんです。ご自身で出来る確認方法を知っておく事が軽度のアンテナトラブルであれば直せてしまうかもしれません。

幾つか確認してみたけど改善されなかったや、業者に依頼する必要がありそうだと判断された場合にはアンテナレスキューにお任せください。原因の特定から最適なアンテナ工事を提案いたします。

見積り」「相談」「現地調査」など施工前の作業は無料で対応していますので是非、ご相談ください。

対応エリアは関東エリア・東海エリアになりますが、相談いただければ当日~翌日など迅速な対応が可能です。

また、お急ぎの場合は下記の電話の方から直接お電話いただけましたら担当者の方が対応いたします。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

アンテナ修理を行ってもらう際の相場費用はいくら?

レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

こちらの相場費用を確認して業者に依頼する際の料金の指標にしてみてくださいね!

実際に、アンテナトラブルが解決しなかった場合には業者に依頼すると思います。

ご自身で出来るアンテナ修理もあるのですが、ほとんどの場合は高所設置や電気系統などの専門知識が必要な事から業者にお任せするのが良い選択でしょう。

そこで、実際に修理を依頼した際の相場費用などを記載していきますので参考にしてみてくださいね。

アンテナ修理の工事費用はいくら?

アンテナ工事の相場って幾らなの?」と思われる方も多いと思います。業者選びを間違ってしまうと、数万円の費用の違いが出てきてしまう事から相場費用の方を目安として覚えておきましょう。

アンテナレスキューが独自に集めたアンテナ修理業者の相場費用です。

アンテナ修理工事の費用相場
アンテナ交換 30,000円~100,000円前後
アンテナの撤去・処分 20,000円前後
配線の交換 10,000円前後
ブースター追加 10,000円~15,000円前後
分配工事 10,000円~30,000円
調整・点検 3,000円~10,000円前後
高所作業費 10,000円~50,000円前後

上記が一般的なアンテナ工事業者の相場費用です。

高所作業費などは、アンテナが屋根上設置などの場合に必要となります。

アンテナ工事は、ご自宅によって作業環境や状況が大きく違ってきます。その為、費用も開きがありますが工事料金の目安として考えておきましょう。

工事をご依頼の際などにお見積りをいただき、費用相場と大きく違ってくる場合には注意が必要です。当然、ご自宅の状況も影響しますが、大きく離れている金額の場合には別の業者も検討する様にした方が良いでしょう。

また、下記の記事ではアンテナ修理を依頼する際の相場費用や注意点を詳しく解説していますのであわせて確認してみてくださいね。

まとめ

如何でしたでしょうか?
アンテナトラブルの際の原因や対処法をお伝えしました。

詳しく知る事で、ご自身でできるトラブル対応も多くあります。業者に依頼して来てもらったら単にテレビ裏の線が抜けているだけだったなどの事もあるかもしれません。

「無料で良いよ。」と言ってくれる業者もあるかもしれませんが、業者も時間をかけている為に料金が発生するかと思います。

その様な事にならない様に、確認できる部分などは確認し軽度のトラブルは解決しておきましょう。この記事でのポイントは次の4つです。

  • アンテナトラブルの際は、原因を把握する
  • 配線関連の接続確認は念入りに
  • 高所作業や難しい作業の場合には業者に相談
  • 業者依頼の際は修理の際の費用相場を確認する

接続確認などを行い解決しない場合には、業者にお任せするのがベストです。

アンテナレスキューは、アンテナ専門チームですのでアンテナトラブルはお任せください。迅速・丁寧かつリーズナブルな価格帯でアンテナ修理・工事対応いたします。

対応エリアは関東エリア・東海エリアにお住まいの方のみとなっておりますが当日~翌日の対応も可能です。アンテナトラブルでお悩みの際には是非ご相談ください。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. デザインアンテナは映りが悪い?受信感度が弱い理由と、受信感度を高め…

  2. 景観地区でテレビアンテナは設置できる?規制内容とテレビアンテナを設…

  3. 雨が降るとテレビが映らない・映りが悪い原因から対処法を詳しく解説!…

  4. B-CASカードエラーでテレビが映らない!エラーの原因と対処法を徹…

  5. アンテナが台風に弱いはもう古い!台風などの強風に強い新基準のアンテ…

  6. ひかりTVからテレビアンテナ切り替えで月額0円に!解約方法から切り…

  7. 家電量販店にアンテナを工事依頼すると意外と高い!高くなる理由と、最…