選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

新築戸建てのアンテナ工事!設置にかかる料金や相場費用は幾ら?

アンテナ工事

新築戸建てのアンテナ工事

夢のマイホーム。

いざ引っ越しを行いテレビを視聴しようとするとテレビが映らない…。

なんて思いをされた方も、この記事を読んでいる方の中にはいるかと思います。

新築戸建ては、賃貸物件やマンションなどとは違いテレビ環境が最初から用意されている訳ではありません。テレビの視聴を希望する際には、テレビアンテナ工事を行う必要があるのです。

実際に、アンテナ端子とケーブルとつないだだけではテレビは映りません。慌てて、工事の依頼をされる方も少なくありません。新築に引っ越しを行う際には、手続きなどが多く忙しい事もあり、ついついテレビアンテナの事を忘れてしまいユックリとマイホームでテレビを視聴しようとすると映らないなんて事になったら悲しいですね。

また、マイホームの建築時にハウスメーカーなどからアンテナ工事もあわせて行いますと言われてお見積りしてもらった際にも、「こんなに高いのかな?」などと思い損をした気になってしまうかも知れません。

その様な事がない様に、こちらの記事では新築などの一軒家に初めてテレビアンテナを取り付ける際の工事内容や、工事にかかる相場費用などを詳しく解説していきます。

とにかく急いで工事してほしいという方は、依頼用のフォームまたはお電話の方からご連絡ください。関東エリア・東海エリアが対応エリアとなりますが、当日~翌日のスピード対応が可能ですのでお気軽にご相談ください。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

新築に引っ越し後のテレビの視聴方法は?

アンテナ工事解説

新築時には、テレビの視聴環境が用意されていない為、引っ越し後または引っ越し前にテレビを視聴する為の工事を行う必要があります。一般的に、テレビを視聴する際に必要な工事は、次の3つになります。

  • テレビアンテナ設置
  • ケーブルテレビ
  • 光回線

それぞれの視聴方法の特徴や、メリット・デメリットがありますので詳しくみていきましょう。

テレビアンテナ設置

多くのご家庭が選択されるテレビの視聴方法になります。

新築の場合のアンテナ工事では、基本的には屋根上や壁面などに地デジアンテナを設置し最寄りの電波塔から電波を拾います。BS/CSなどのパラボラアンテナの設置の場合には衛星から電波を拾い各部屋のアンテナから延ばしたケーブルなどで電波を届け視聴できるといった仕組みとなります。

特に希望がない場合は、トータルコストパフォーマンスが良いアンテナ設置を選択する事が間違いないでしょう。以前までは、自然災害に弱いや弱電波地域では受信できないといったデメリットもあったのですが、アンテナ本体が改良された事により、電波問題も解決。

また、デザインアンテナなど壁面設置のアンテナを選択する事で自然災害にも強くなりテレビ視聴では、他の追随を許さない王道の視聴方法となります。

テレビアンテナ設置のメリット
  • 固定コストがかからない
  • 工事・視聴できるまでが速い
  • アンテナを設置すれば映るので余計な契約などの手間がない
テレビアンテナ設置のデメリット
  • 工事の初期費用が一番かかる
  • 自然災害の影響をうける
  • 建物の景観を損ねる

テレビアンテナ設置はこんな方にオススメ

今までテレビアンテナ視聴を行ってきていた方は、特にアンテナ視聴に不満がないという方も多いと思います。新築を購入された方など、これから何十年と住む予定がある方は、「テレビアンテナ一択です!」設置から視聴までが速いなどの特徴もありますが長期間住む事を前提にした場合は、費用面が重要になってきます。

初期設置の場合は、初期費用として大きな金額が掛かりますがその他の視聴方法と違い長期的に考えた場合には費用面で一番お得となっています。アンテナは、基本的にはメンテナンスフリーで10年程度は使用できる事からメンテナンス費や固定費用が一番安い視聴方式となります。

ケーブルテレビの場合

ケーブルテレビのメリット・デメリット

ケーブルテレビとは、以前までは無料で視聴出来ていた事もあったのですが現在は有料で月々のサブスク契約をしているご家庭で視聴できる放送方式となります。

ケーブルテレビは、最寄りのケーブルテレビ局から有線で電波を引き、ご家庭のテレビに接続する事で、テレビ視聴が可能になります。また、有線接続の為にテレビアンテナを設置する必要がありません。最大の特徴としては、弱電波地域などではテレビアンテナでは視聴できない場合がありますが、ケーブルテレビは有線で電波を届ける為に視聴する事が可能です。テレビ映りなどもアンテナ設置の場合よりもキレイな表示を楽しむ事ができます。

BS/CS放送なども最初に契約してしまえば、BS・CSとどちらも視聴する事が可能となり手間をかけすに好きな番組を視聴する事が可能です。最初の契約は、初期費用などは安く魅力的ではありますが月々のランニングコストがかかる為にシッカリと契約の際は検討する必要がありますのでご注意ください。

また、下記の記事ではケーブルテレビからアンテナ視聴への切り替え方法以外にも各視聴方法のコスト比較など解説しています。視聴方法で悩まれている方は、一度確認してみると良いでしょう。

ケーブルテレビのメリット
  • 専門チャンネルなどの番組数が多い
  • 弱電波地域でもアンテナした視聴が可能
  • テレビ以外にもネットや電話回線などもあわせて契約できる
ケーブルテレビのデメリット
  • 月々のランニングコストがかかる
  • 契約の解除や乗り換えが難しい
  • ネット回線が遅い

ケーブルテレビはこんな方にオススメ

ケーブルテレビを選択する方が良い代表例としては、住む期間が短い場合などです。

月々契約ではあるものの、転勤など一時的にしか住む事がないといった方は、アンテナ設置は費用がかかる為、ネットや固定電話などもあわせて契約できるケーブルテレビを選択されるのも良い選択の1つです。

また、弱電波地域などではアンテナ設置などでの視聴が難しい事もあり電波に心配がある様な地域に引っ越しされる際などはケーブルテレビを検討するのが良いでしょう。

光回線の場合

光回線

年々、契約が増えている視聴方式の1つが光回線でのテレビ視聴です。

光回線で視聴する場合には、フレッツ光などで契約した際にあわせて付属のテレビサービスに加入する必要があります。ネット形式でテレビを視聴する事が可能となり、テレビ番組が多いのも特徴の1つです。また、光回線契約時に高速インターネットなども使用できるというメリットから近年人気になってきている視聴方式の1つです。

基本的には、光回線でのテレビ視聴を目的とするよりかはネット契約を行った際にあわせて契約されるという方が大半かと思います。ここまで紹介した、3つの視聴方式の中では一番トータルコストが高くなる視聴方式でもあり契約内容が複雑な事から、光回線でテレビ視聴を検討されている方は料金や契約内容を事前にシッカリと確認すると良いでしょう。

光回線のメリット
  • ネットの使用が可能・回線が速い
  • テレビとネットの同時契約ができる
  • 有料チャンネルなどの数が豊富
光回線のデメリット
  • トータルコストが高くかかる
  • サービスの乗り換えや解除が難しい
  • 申し込みから~完了までの時間がかかる事が多い

光回線はこんな方にオススメ

光回線でテレビ視聴を選択する場合は、インターネットを光で申し込みを検討されている方が良いでしょう。あわせて契約される事でお得になる事やスムーズに工事が進む様になります。

また、有料チャンネルの数が豊富な事などから地デジでは視聴できない様な番組を視聴できるのも魅力の1つです。対応エリア外などもある事から検討されている方は、事前にシッカリ調べておくと良いでしょう。

新築・戸建てにアンテナ設置を行う際の費用や方法は?

ここまでは、3つの視聴方法を紹介してきましたが。

新築・戸建ての場合などは長期で住む事が予想される為、アンテナ設置を選択される方が多いでしょう。アンテナ設置はランニングコストがかからず、とてもお得にテレビを視聴できる方法です。では、実際にアンテナの新規工事を行う際の種類と方法を解説していきます。

主なアンテナ工事は、次の4パターンです。

  • デザインアンテナ設置(地デジ)
  • UHFアンテナ設置(地デジ)
  • ユニコーンアンテナ設置(地デジ)
  • BS/CSアンテナ設置(2K/4K/8K)

上記が主なアンテナ工事となります。

ここからは、アンテナレスキューが独自調査で調べた工事料金相場をお伝えしていきますのでアンテナ工事を行いたいが費用相場が分からないといった方などは、参考にしてみると良いでしょう。

※アンテナ設置は、ご自宅の形状や周辺環境や電波環境がよって違いがあります。一般的な費用相場として確認してもらえたらと思います。

デザインアンテナ設置の料金

デザインアンテナ

新築物件のお客様の80%以上が選択されるテレビアンテナです。どんな家の外観にも馴染むデザイン性の高さが魅力の1つです。従来の八木式アンテナと比べると電波の受信力は落ちるものの、デザイン性の高さや自然災害にも強いといった事から大人気のテレビアンテナとなっています。電波に問題がない地域であれば、デザインアンテナを選択しておけば問題ないでしょう。

新設価格相場
約35,000円~
デザインアンテナ概要
仕様 20素子相当
大きさ サイズ(mm):577×210×58、重さ:約2kg 利得:7.8~9.8
設置場所 外壁、破風板、ベランダ、屋根裏部屋
工事の所要時間 1時間~1時間半
取付器具 壁面専用取付金具、サイドベース、マスト

UHFアンテナ設置の料金

八木式アンテナ

地上デジタル放送受信用の一般的なアンテナです。今回、紹介するテレビアンテナの中で一番受信力が強いアンテナです。電波が弱い地域などでは、UHFアンテナを設置するのが良いでしょう。

基本的には、屋根上に設置する事がほとんどですが屋根裏設置など設置場所にもバリエーションがあります。通称:八木式アンテナといい魚の骨の様な形をしており、耐久性も強く設置コストも一番安いテレビアンテナとなります。

新設価格相場
約25,000円~
UHFアンテナ概要
仕様 20素子
大きさ サイズ(mm):1480×373×544、重さ:約1.1kg 利得:8.5~13.7
設置場所 外壁、破風板、ベランダ、屋根裏部屋
工事の所要時間 1時間~1時間半
取付器具 象鼻、サイドベース、マスト

ユニコーンアンテナ設置の料金

ユニコーンアンテナ

ユニコーンアンテナは、最新のテレビアンテナです。地デジアンテナの第3世代として登場し受信力の強さとデザイン性の高さから、人気が出ているアンテナです。電波環境の問題から屋根上設置しかできない場合などに、デザインの高さから選択されるといったケースが増えています。

本体の価格や工事費用など、最新のアンテナという事もあり高めの値段設定となっています。

新設価格相場
約40,000円~
ユニコーンアンテナ概要
仕様 14素子相当
大きさ サイズ(mm):672×143×123、重さ:約1.5kg 利得:5.5~6.2dB
設置場所 外壁、破風板、ベランダ
工事の所要時間 1時間~1時間半
取付器具 サイドベース、マスト

BS/CSアンテナ設置の料金

4K8K対応BSアンテナ

従来の2K(フルハイビジョン)や、次世代放送の4K8K放送を視聴する為に設置するアンテナとなっています。お皿の様な形をしているテレビアンテナで既存の地デジアンテナが設置されている場合でも追加で設置する事が可能です。多くの番組を視聴できる様になる事や、今後スタンダードになるであろう4K8K放送を視聴を希望している方は設置を行うと良いでしょう。金額は従来の2Kまでの対応と、4K8K対応では費用が異なる点は注意が必要です。

2K 新設価格相場4K8K 新設価格相場
約25,000円~約35,000円~
BS/CSアンテナ概要
仕様 BS右旋円偏波・左旋円偏波、110℃CS放送同時受信
大きさ サイズ:口径45cm、重さ:約1.7kg、利得:BS・33.8dB、CS・34.2dB
設置場所 外壁、屋根上、ベランダ、屋外
工事の所要時間 1時間~1時間半
取付器具 壁面専用取付金具、サイドベース、マスト

以上がアンテナ工事の料金相場となります。

上記の他にもご家庭によっては、高所作業が必要であったり分配作業が必要であったりと金額が変動してくるとは思います。ですが、お見積りをお願いしていた業者が大きくかけ離れたお見積り金額を提示された場合などは再度業者を検討してみるのが良いでしょう。

下記の記事では、アンテナ工事を行ってくれる業者の種類や特徴などを説明しています。

現在、検討中や悩んでいるという方はあわせて確認してみてくださいね。

また、アンテナレスキューでは関東エリア・東海エリアの新築・戸建てのアンテナ工事も対応しております。業者に依頼したけど、来てくれるのが1週間後とかで困っているなんて方はアンテナレスキューまでご相談ください。スピード対応をモットーとして行っているので当日対応も可能です。

見積り」「相談」「現地調査」までの施工作業前までは無料で対応していますのでお気軽のご相談ください。

電話相談

いつまでに依頼するのがベスト!?アンテナ工事依頼までの流れ!

アンテナ工事業者

ここからは、実際にアンテナ工事を依頼した際の工事の流れをご紹介します。

アンテナ工事を依頼するのが遅くて、「新築に引っ越ししたのでしばらくテレビも観る事が出来ません。」などの事がない様に、シッカリと工事の流れを把握しておきましょう。

また、実際に工事を依頼する際の最適手順なども紹介していきますので参考にしてくださいね。

テレビアンテナはいつまでに設置する?

引越し後、スグにテレビをみれるのがベストかと思います。

その為、早い段階でアンテナ工事をする必要がありますが実際に工事を行う事が出来るのは家が完成に近づいてからでないとアンテナ工事は出来ません。

理由としては、部屋の中のテレビ端子から外壁の取り込み口まではハウスメーカーが対応。

その後に、ようやくアンテナ工事を行う事が出来るので実際にアンテナ工事を行う事が可能になるのはご自宅の内装などが完成してからとなります。

その為、工事依頼や実際に工事してもらうのはご自宅が完成してから引っ越しまでの間にお願いするというのがベストなタイミングとなります。勿論、引っ越し前で忙しいという理由から引っ越しが終わった後に、工事を依頼するという事でも問題ありませんが、工事業者が対応してくれるまでの間はテレビを視聴できない時間が発生してしまいます。

アンテナ工事はどこに依頼するのがいいのか?

実際に、アンテナ工事を対応してくれる業者は多くあります。

それぞれ、得意不得意がありますが費用面からいってアンテナの専門業者に依頼するのが一番速く対応してくれる事や中間マージンが発生しない為、費用面でもお得になっています。

実際に新築・戸建てのアンテナ工事を対応してくれる業者は次の5つです。

アンテナ工事対応業者
  • アンテナ工事専門業者
  • ハウスメーカー(工務店)
  • 家電量販店
  • 個人経営の電気屋
  • ホームセンター

基本的には、ハウスメーカーや家電量販店なども依頼を受けてくれますが下請けのアンテナ専門業者に依頼する事がほとんどです。その為、下請け業者の工事費用と元請業者の中間マージンなどが発生し費用が割高になってしまいます。

アンテナ工事は、値段が分かり辛い事から流れで行ってしまう事が多いですが損をしない為にもシッカリと業者選びを行うのが良いでしょう。下記の記事では、業者別の工事の特徴から費用面まで詳しく記載していますので参考にしてみてくださいね。

アンテナ工事業者に依頼する際の損をしない依頼方法は?

実際に、アンテナ工事を依頼する業者を探すにしても多くの業者があり分かり辛いと思います。

そこで、損をしない業者を選び方として次の3つを行いましょう。

業者選びの際に行うの3STEP
  • ① 対応エリア内で工事を行ってくれる業者をピックアップ
  • ② 複数の業者にお見積りを聞き相見積もりをとる
  • ③ 価格や対応までの時間などを比較し、一番最適な業者を選ぶ

こちらが、損をしない業者選びの方法です。アンテナ工事は、業者によって工事料金に数万円の開きがある事も珍しくありません。相見積もりをとる事で、おおよその金額帯なども把握する事が可能です。

また、業者よっては対応してもらえるまでの時間も大きく変わってくると思うので対応までの時間も比較対象にいれてみると良いでしょう。

アンテナ工事の見積りをとる際の注意点

相見積もりをとると良いとお伝えしましたが、実際に見積りをとる為には希望する工事の詳細や引っ越しを予定している新居の環境などを把握しておく必要があります。アンテナを設置したいという依頼だけでは、含みのある金額のお見積りのみとなってしまい比較できないでしょう。

最低限、次の項目は把握しておく様にしておきましょう。

  • 設置したいアンテナは地デジ?BS/CS?もしくは両方?
  • BSの場合には4K8Kも希望する?
  • アンテナの種類は八木式アンテナ?デザインアンテナ?
  • 設置場所の希望は?
  • テレビを視聴する予定の部屋数は?
  • 屋根の形状は特殊ではないか?
  • 近隣に電波を遮蔽する様な高層マンションはあるか?
  • 工事希望時間や希望日は?

上記は、最低限となりますが。

この様な詳細を伝える事でより正確なお見積りが出ると思います。

電波環境などを把握する事は難しい事もあるので心配な方は調査などを無料で行ってくれる業者を検討するのも良いかもしれません。

アンテナレスキューでは、「現地調査」を無料で行っています。

デザインアンテナを希望し工事をしてもらったが、電波環境が悪く視聴できない番組があるなどの問題が出ない様に、事前にシッカリと調査を行いご自宅にあったアンテナ工事の提案を行っています。

アンテナ工事業者選びでお悩みの方は、是非ご相談ください。

まとめ

如何でしたでしょうか?
この記事では、新築・戸建てに引っ越しをする際のテレビの視聴方式から。

アンテナ工事を行った際の費用や方法などを紹介してきました。
この記事のポイントは次の3つです。

  • 長く住むならアンテナ設置がベストな選択
  • 費用相場を知る事で損をしないアンテナ工事が可能
  • 相見積もりをする際の調べておきたいポイント

この3つはシッカリと覚えておきましょう。

せっかく新築に引っ越してもテレビが視聴できないなんて事がない様に、事前にシッカリと準備をし損をしないアンテナ工事を行う様にしましょう。

勿論アンテナレスキューでも新築・戸建てののアンテナ工事を行っています

残念ながら関東エリア・東海エリアのみの対応となっておりますが、他地域の方はこちらの記事を参考に良い業者を探してみてくださいね。関東エリア・東海エリアにお住まいの方であれば最短当日にかけつけます。

デザインアンテナを取り付けたいや、引っ越しまでにアンテナ工事をしてほしいなどお客様の要望にお応えします。お悩みの方は、是非ご相談ください。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…