選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

テレビの映りが悪い!状況別の原因と対象法を徹底解説!

アンテナお役立ち情報

テレビ映りが悪い

いつも視聴しているテレビが急に映りが悪くなる様になってしまったや。
完全に映らなくなってしまったノイズがでる様になり視聴に問題が生じているなどのお困りはありませんか?

天候などが原因で一時的な表示不具合であれば時間と共に解決しますが、原因がハッキリしない場合などには、そのまま放っておいて解決するという事は稀だと思います。

テレビ本体が原因・テレビやアンテナに付随するケーブルなどの劣化が原因・アンテナの故障など考えられる理由は多くあります。

万が一、テレビアンテナの故障だった場合には新しいテレビを購入してしまうなどの間違った対応や、ご自身で修理を行い高所から落下してしまったなどがないい様にこちらでは、状況別でテレビの映りが悪くなる原因とご自身で出来る対処法を解説していきます。

テレビ側の問題で映りが悪くなっている場合(確認順に解説)

テレビ映りが悪い

基本的に、テレビが全く映らないといった際にはアンテナ本体から電波がきていないといった事が原因として考えられ、何かしらの機器が故障しているなどが大きな要因でしょう。

ですが、テレビ自体は映るが映りが悪くなったなどのケースには多くの理由が考えられます。テレビの映りが悪くなる時の原因は電波不足や設備の不備に問題がある事が多いです。

まずは、テレビ側で映りが悪くなってしまった際などの症状と対処法をお伝えいしていきます。

テレビ映りが悪い際に多く出るブロックノイズとは?

テレビ映りが悪い際などは、「ブロックノイズ」と呼ばれる現象が多く発生します。

テレビ放送とは電波を受信し映像を構成する平面無いにあるピクセル(画素)や矩形(長方形)が担っています。何らかの原因により電波が通常通りに受信できていない事で、十分な情報が伝達されていない際に発生します。

その際に、表示されるピクセルのかたまりを「ブロックノイズ」と呼びます。矩形のピクセルの集合体が四角いブロック状になる事で、テレビの映りを悪くしまうのです。

ブロックノイズとはテレビ本体に必要なデータが伝達されていない際に多く発生します。

その為、ブロックノイズの原因は電波不足が原因という事が分かります。ブロックノイズが出ている際などは音声のデータもあわせて不足している事が考えられますので音声が途切れたり全く音が出ないといった症状も考えられます。

ブロックノイズや音声が途切れるといった症状が出ている際には、電波の強度を改善するといった方法が必要です。ここからは具体的な原因を状況別に解説していきますのでテレビ側が表示不具合の原因と思われる方は、こちらを参考にしてください。

①テレビの視聴方法の確認を行う

現在、テレビの視聴方法には一般的なアンテナで電波を受信する方法以外にもフレッツテレビ・ひかりテレビ・ケーブルテレビ・ネットテレビといった視聴方法があります。

視聴方法が、アンテナ以外の状況であればまずは加入しているテレビ会社の方へお問い合わせを行いましょう。原因が工事や電波の供給先の問題などの一過性の場合もあります。

テレビアンテナで視聴しているテレビの映りが悪くなった方は、次の項目へ進み確認を進めていきましょう。

②アンテナ端子やテレビ周りの配線の接触不良の確認

テレビと本体とテレビ端子を繋ぐ同軸ケーブルが断線していたり、F型プラグなどが抜けているや、アンテナ端子が折れている、シッカリと接続されていないなどの接触不良の際にもブロックノイズが発生します。

シッカリと繋がっている様に見えても一度配線を抜いて先端などが傷ついていないか?緩みなどがなかったか?など詳しく確認してみましょう。

同軸ケーブルなどが傷ついてしまっている様な場合は交換が必要です。

その他に傷つきや破損が確認された際などは、テレビ本体の購入店などでお聞きする事をお勧めします。

③テレビの液晶の劣化・痛みが原因の場合

先程までブロックノイズの原因は、大半が電波不足が原因とお伝えしましたが。

テレビの液晶が原因で症状が出てしまっている事も考えられます。

テレビの液晶本体を近くで確認する事で、判断がつくかと思います。テレビを視聴時に映りが悪い線などが出る様であればテレビの液晶が原因と判断できます。

この際は、修理よりも新しいテレビを買う方法をお勧めします。

④テレビ本体や付随する機器の寿命

テレビ本体の故障や、テレビアンテナの故障や不具合が原因でない場合にはテレビ自体の寿命の可能性も考えられます。テレビのバックライトの寿命は約7年~10年といわれています。構造上は、6万時間使用出来る様に作られているのですが、視聴時間や使用状況はご家庭により異なると思います。

その他にも、アンテナの電波量が足りている前提ですがBS/CS放送は綺麗に表示しているが地デジは映りが悪いなどの際は、地デジのチューナーが壊れている・劣化しているといった事が考えられます。

付随している各パーツが壊れている際は、故障箇所のパーツを交換する事で表示は改善するでしょう。ですが、各パーツ自体の価格などは安くない事や保証期間などを過ぎてしまっている場合には費用も多く掛かる事が多いです。

その様な場合には、テレビ本体の買い替えを検討する時期と考えるのが良いでしょう。


ここまでがテレビ側で映りが悪くなってしまった際の原因と対処法になります。

ただ、テレビ側が原因とハッキリと確認する為には電波測定器などを使用し電波状況は申し分ない状況とハッキリ分かっている時のみですので、ハッキリと状況を不具合の原因を特定するのは難しいでしょう。

ここからは、テレビアンテナやが天候などによる外的要因についてご説明します。

テレビアンテナの故障や天候が原因で映りが悪くなった場合

レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

テレビ映りが悪くなる原因がアンテナ関連だった場合、表示が改善しても再度映りが悪くなる事が多いです。何度か続く様なら機器が劣化しているなどが原因かも知れませんよ!

テレビの映りが悪くなる際に、もっとも可能性が高いのはテレビアンテナやアンテナに付随する機器の故障になります。

故障以外にも、遮蔽障害(しゃへいしょうがい)テレビアンテナ本体の寿命といったケースも考えられますので、テレビは最新で故障している様に思えないが映りが悪くなってしまったなとお悩みの方はこちらを参考にしてください。

テレビアンテナの位置や方角

映りが悪くなった際などに一番最初に確認していただきたいのが、テレビアンテナの位置や方角です。正しい方角や角度になっているかなどを確認してください。

ご自身で正しい角度が分からない際などは、近隣のお宅のテレビアンテナの角度を参考にすると良いでしょうか。台風時の強風などによりアンテナ本体が支柱や屋根馬から外れてしまって傾いてしまっているや。

正しい方角に向いていない場合などは、電波不足になりブロックノイズや音声の途切れが発生する可能性があります。

周辺環境やアンテナに対して遮蔽障害(しゃへいしょうがい)はないか?

テレビ映りが悪い

地デジなどの電波は地上の電波塔から受信している為、電波の通り道に高いビルや遮る山などがある事で映りが悪くなってしまう場合があります。

ビルなどの建造物にのみ注目しがちですが、大きな木の枝などにより電波量が不足する事も考えれますので、電波を遮っている障害はないか確認してみましょう。

遮蔽障害に該当する場合などは、アンテナの設置位置や角度などを調整する事で改善されます。

ブースター(電波増幅器)の確認

ブースターとは、放送用の電波を受信した後に電波を増幅する機器の事です。

電波環境が悪いお宅などでは、こちらを取り付ける事により電波の弱さをカバーします。

ですが既に、ブースターを取りつけているのにもかかわらずテレビの映りが悪いという場合には、ブースターそのものが劣化や故障している可能性があります。

また、ブースターが不要な環境(電波が十分な環境)であるにも関わらずブースターを使用している事でノイズまで増幅させてしまっている可能性があります。

その様な場合には、ブースターを撤去するといった方法もあります。

アッテネーター(減衰器)の確認

ここまでは受信する電波が弱いという事にスポットをあててきましたが、受信する電波が強すぎても正常に電波を受信できなくなる場合もあります。

その場合は、アッテネーターを使用します。アッテネーターとは、地上デジタル入力の部分の挿入し受信した電波を弱める働きをする機器となります。

減衰量(dBデシベル)の違いで種類がありますが。こちらのアッテネーターが使用さているお宅の場合は、アッテネーター本体の故障なども疑ってください

強すぎる電波を弱めていない事で、映りが悪くなっている可能性もあるのです。

アンテナ線や分配器の確認

分配器とは、字面の通りアンテナから伸びているアンテナ線を分配して使用する機器の事の事です。ご自宅に部屋が多いご家庭などは、分配器を使用するのですが受信した電波を分配器を使用し複数に分ける事で、分配された先の電波は弱くなってしまうのです。

また、分配器が屋外に設置されている場合などは、機器の劣化も早まる事から分配器を使用しているご家庭では分配器の故障も疑ってみましょう。

また、分配器が確認できる位置に設置されている際などは分配器から接続されているアンテナ線やテレビに向かうアンテナ線などが正しく設置されているか?緩みなどないか?断線などしていないかなどを確認してみましょう。

天候や自然災害による影響の場合

天候により映りが悪くなってしまう事は多いです。

特にBS/CSなどの衛星放送は雨や雪の影響を受けやすくなっています。テレビの電波は、雨粒などで電波が反射されてしまうや吸収されてしまい弱まった電波になってしまう事があるのです。特にBS/CSの衛星放送は雨粒で電波が減衰を強く受けやすい性質があり大雨の際などは普段より弱くなってしまうや、映らなくなってしまう事があります。

ただ、雨が降った際に毎回映りが悪くなるという様な場合には天候よりもアンテナ本体が正しい場所に設置されていないなどの他の原因が考えれます。

雨が降る事で影響は受けやすいですがシッカリと正しい方向と角度に設置する事により少しくらいの雨などでは影響は受けません。

天候による影響を受けやすいご家庭では、一度アンテナの角度や方向など正しい方向で固定されているかなど確認してみましょう。


また、テレビの映りがアンテナ故障や外的要因の場合には故障機器の交換・アンテナ本体の修理や天候の影響を受けづらい対策が必要になります。その際は、室内設置のアンテナの場合でしたらご自身で行う事も可能ですが屋外設置のテレビアンテナや機材の場合には、作業に危険を伴います。

その様な際などは、お近くの業者またはアンテナレスキューまでご相談ください。

アンテナレスキューでは、関東エリア・東海エリアを中心に「無料調査」「即日対応」を行っていますのでテレビ映りでお困りの方は、是非ご相談ください。

テレビに表示されるエラーコードで原因を特定しよう

E202対処法
レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

E系のエラーコードを分析する事で大体の原因が分かってきます。簡単に対応できるエラーコードもある為、不具合発生時には確認は必須ですよ!

テレビの映りが悪くなった際や映らなくなった際などには、テレビ本体にE202などのエラーコードが表示されます。

こちらのエラーコードは各メーカー共通となっており、映りが悪くなった際や映らなくなった際などの原因を特定できる可能性があります。

テレビにエラーコードが表示されている場合には、下記のエラーコード一覧を確認いただき該当している原因は何か特定してみましょう。

B-CASカードの不具合時のエラーコード(E100~E103)

E100B-CASカードが未挿入の状態
E101B-CASカードのICカード部分の情報を上手く読み取れない状態
E103視聴できる状態にない。契約されていない番組を選局している状態

受信電波やテレビアンテナの不具合時のエラーコード(E200~E209)

E200受信できない放送。または放送されていない番組を選局している状態
E201受信状態が弱い状態。電波が弱くなり低画質、低音質になっている状態
E202電波の信号を受信できていない状態
E203放送されていない番組を選局している状態
E204テレビのチャンネルが設定されていない状態
E205契約が必要な放送を契約されていない状態で選局している状態
E209BS/CSのアンテナ線がショートしている状態

その他の不具合時のエラーコード(E400~E402)

E400テレビがデータを受信できない状態
E401受信したデータを受信機で表示できないデータの場合
E402受信したデータの表示に失敗した場合

多くのエラーコードがありますが。

エラーコードは、数字の種類によって現在の状態を把握する事が可能です。

E100~E103までのエラーコードの場合は、テレビ裏に差し込まれているB-CASカードに何らかの問題がある状態です。

アンテナやテレビトラブルで多いのはE202などのエラーコードになります。

アンテナの故障から付随する機器の故障まで多くの原因が考えられますが、E202などが出た際などは、下記の記事を確認し参考にしてみるのが良いでしょう。

映像トラブル時にで自分で出来る簡単改善方法

テレビの映りが悪い。」などの映像トラブルの際は、ここまで多くの原因をお伝えしましたが。

専門用語が多い事や、実際に女性や高齢者の方ですとアンテナ本体の確認なども容易に行う事は出来ないと思います。

こちらでは、テレビの映りが悪くなった際にご自身で出来る簡単な改善方法になります。アンテナ関連の故障などでない場合は多くが解決するかと思います。

テレビ周りの確認方法

テレビ周りの確認手順
  • ①テレビの再設定(再スキャン)を行ってみる
  • ②アンテナ線やケーブル・B-CASカードの挿入・抜けがないかを確認

まずは、簡単にできる接続の確認とテレビ側で再スキャンを行ってみてください。

下記の記事ではメーカー別に再スキャンの方法などを詳しく説明していますので参考にしてみてください。

電波の受信状態やエラーコードの確認

電波の受信状態の確認手順
  • ①エラーコードが表示されている場合は確認
  • ②アンテナレベルの確認

テレビ本体で現在のアンテナレベルを確認する事ができます。

アンテナレベルとは、受信レベルを指しており「アンテナレベル0」と表示されてしまった際は、電波を全く受信できていない状態になります。

アンテナレベルの表記や確認方法などは各メーカーにより異なりますので下記の記事で、詳しい確認方法から各メーカーの数値まで解説していますので参考にしてください。

テレビの再起動を行う

テレビの再起動とは、パソコンの様なイメージをもちますが非常に簡単です。

テレビの再起動の手順
  • ①テレビの電源を切り電源プラグをコンセントから抜く
  • ②数分待ち再度コンセントを接続し
  • ③再度、テレビの電源を入れ視聴を確認

上記が女性1人でも出来る簡単改善方法です。

男性などで高所が得意な方やDIYが得意な方であればご自身でアンテナ修理や交換も可能です。ご自身で修理・工事を行いたい方は下記の記事を参考にしてください。

こちらの改善方法でテレビの映りが改善されない場合には、アンテナの故障や劣化・故障などが原因、またはアンテナの向きや角度が変わってしまっているなど対処するには専門的な知識や技術が必要です。

慢性的に映りが悪くなってしまった際などは、専門の方に相談するのが良いでしょう。

関東エリアや東海エリアにお住まいの方は、アンテナレスキューまでご連絡いただければ「無料調査」「即日対応」を行っておりますので是非ご相談ください。

アンテナレスキューは、テレビアンテナ専門のプロですのでテレビ映りが悪い原因などもスグ特定し改善いたします。

まとめ

テレビ映りが悪い際は、テレビ関連などの内的要因からテレビアンテナやアンテナ周りの機器などの外的要因まで多岐にわたります。

まずは、下記の項目を確認し焦らずご自身で出来る方法を試してみましょう。

  • テレビ配線やテレビ周りの機器に接触不良はないか?
  • テレビの液晶パネルに異常がないか?
  • テレビ映りが悪くなった際は初期設定をしてみよう
  • 分配器、ブースターなどのアンテナ機器にトラブルがないか?
  • アンテナが曲がっていらり、方角が変わっていたり、折れていない?

上記の確認は、ご自身で行ってみましょう。

原因を特定する事で、無駄な出費を防ぐ事も出来ますし修理を依頼する際にもスムーズに進みます。

ご自身で確認を行いテレビ映りが改善されない際にはアンテナレスキューまでご相談ください。原因を特定しテレビ映りを迅速に解決いたします。

故障や新規設置の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…