選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善方法!

アンテナお役立ち情報

テレビ視聴方法の多様化にともない、液晶テレビ・薄型テレビ・4K8K対応など多くのテレビもぞくぞくと登場しています。

特に、日本ではオリンピックが開催される事もありテレビに対する注目も高まってきています

高画質のテレビを購入し楽しみにしていたテレビを視聴してみたら、「思っているより高画質じゃないな…。」や「画面にモザイクがでるぞ。」なんて経験をされる方も。

じつは、これ高画質テレビの力を最大限に発揮できていないのです。

アンテナレスキューにも多くの方が、「引っ越し後にテレビなどを最新の購入したのですが、映りが悪いんです。モザイクがでてしまう時もあり、まともに番組をみる事ができないんです。」などの相談を多く受けています。

テレビの映りが悪くなってしまう原因とはなんなのか?
改善する為には、どうすれば良いのか?

テレビ映りの状況別に改善する方法から原因をまとめてみました。
テレビ映りにお悩みの方は、是非参考にしてみてくださいね。

電話相談

テレビ映りの原因は電波不足かも!?電波不足になってしまう5つの原因!

電波不足の原因とは

テレビ映りが悪くなる原因は、全てが故障とわけではありません。
テレビ映りが悪くなる原因の根本にあるのが電波不足による表示不具合です。

この章では、電波不足になってしまう可能性のあるケースを5つ紹介していきます。
まずは、テレビアンテナによる電波不足から解説していきますので見てみましょう。

使用しているテレビアンテナが適していない

適していないテレビアンテナ

テレビが映る仕組みとして、電波塔から発信されている電波をご自宅のテレビアンテナで受信しテレビに映像として表示しています。

電波塔から発信されている電波を正確に受信しテレビに伝える役目をになっているのがテレビアンテナです。一般的に普及しているのが屋根上に設置されている魚の骨の様な形状をしている「八木式アンテナ」です。

アナログ放送時代には、テレビアンテナと言えば「八木式アンテナ」と言われるほどポピュラーなテレビアンテナでした。

2011年に地デジに完全移行してからは、テレビの電波を受信しやすくなった事から、王道の八木式アンテナ以外にも、「デザインアンテナ」、「ユニコーンアンテナ」、「室内アンテナ」など用途にあわせて多数のテレビアンテナが登場しています。

特に、この中でも「デザインアンテナ」は大人気のテレビアンテナで、従来のテレビアンテナと異なり、ご自宅の壁面に設置する事が可能になりました。

壁面に設置する事で天候による悪影響も少なく、字面の通りデザイン性に優れている事から、新築などでの新規のテレビアンテナ設置工事の際には80%の方以上に選ばれています

デザイン性の高いテレビアンテナは、天候などの影響をうけないなどのメリットも多いのですがデメリットとして電波の受信性能が低いのです。

電波が強い地域にお住まいの方であれば、受信性能が低いテレビアンテナでも正常にテレビを視聴する事が可能です。しかし、電波が弱い弱電界地域などの場合にはデザインアンテナなどの受信性能が弱いテレビアンテナを設定してしまうと受信状態に不安があり、映りが悪くなってしまうや、最悪映らなくなってしまう事もあるのです。

アンテナ本体の選び方!電波塔からの距離などを考え性能を考えよう

まずは、アンテナ本体を選ぶ際に基準にする必要があるのが現在お住まいの地域を理解する事です。
弱電界地域」、「中電界地域」、「強電界地域」と3つのエリアに分ける事が出来ます。
それぞれ電波塔からの距離などが密接に関わっています。

この3つのエリアは、電波の強さの指標となっているのです。
テレビアンテナには、「25素子(そし)」などの種類があり、電波の受信性能が異なります。
受信性能による違いでテレビアンテナには「弱電用テレビアンテナ」、「中電用テレビアンテナ」、「強電用テレビアンテナ」といった種類があるのです。

現在お住まいの受信状況にあったテレビアンテナを選択する事が重要となり、簡単な指標として下記を紹介しておきます。

弱電用テレビアンテナ
テレビアンテナの耐久年数

弱電用テレビアンテナは、電波が弱い地域での利用を想定しているテレビアンテナです。
電波塔まで距離がある場合には、こちらのテレビアンテナを利用します。

弱電用のテレビアンテナは「八木式アンテナ」となり、その中でも素子数が多い高性能なテレビアンテナになります。
電波に不安がある場合や、映りが悪いやノイズが出るといった際にはコチラの弱電界地域用のテレビアンテナに変えてみると良いでしょう。

中電用テレビアンテナ
ユニコーンアンテナ

中電用のテレビアンテナです。
少し基準が難しいのですが、テレビ塔から遠い訳ではないが近い訳ではないといった地域での使用を想定しています。

中電用のテレビアンテナには、多くの種類がありデザインアンテナなども選択する事も可能です。
ご自宅の電波状況は、同じエリアでも少しずつ異なり電波を測定せず曖昧に判断し中電界地域用のテレビアンテナを設置し映りが悪いというのは珍しい事ではありません

中電用のテレビアンテナを選択する際には、事前にご自宅の電波状況を測定し問題ないと判断したうえで設置するのが良いでしょう。

強電用テレビアンテナ
室内アンテナ

電波が強いエリアでの使用を想定したテレビアンテナとなり室内アンテナなども強電用のテレビアンテナになります。
使用する際の基準として、目視で電波塔などが確認できるエリアにお住まいの方であれば強電用のテレビアンテナを選択する事が可能です。

下記では、各電界地域の特徴について詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

テレビアンテナの設置位置が悪い、方向・角度が悪い

テレビアンテナの方向

テレビアンテナの方向が強風などで変わってしまうといった事があると、電波を受信しづらくなってしまいます。特にBSアンテナなどは、角度が1度でも変わってしまうと映らなくなってしまう事があるので、注意が必要です。

方向や角度以外にも設置場所によっては、電波を拾いにくくなってしまいます
上記でも紹介したデザインアンテナなどは、ご自宅の壁面に設置する事が多いです。

壁面設置などの場合には、屋根上と比べて低い位置になる為に電波を遮る障害物なども多くなり結果として電波を拾いづらくなりテレビの視聴トラブルに繋がる事も多いのです。

設置位置を最適な場所へ!遮蔽障害などもあわせて考えよう

現在、デザインアンテナなど受信性能が低いテレビアンテナを使用している場合には屋根上に設置する高性能な八木式アンテナにすると良いでしょう。

今まで、ずっと映りが良かったのに急に悪くなった際などにはテレビアンテナの方向などが変わっている事が考えられます。

特に強風時などには、アンテナの支柱が曲がってしまったりアンテナ支線が緩んでしまいアンテナの方向が変わってしまっている可能性があるので方向や角度を調整してみると良いでしょう。

下記の記事では、テレビアンテナの最適な角度の調べ方や設定方法まで詳しく解説しています。

アンテナケーブルの品質が悪い

白いケーブルの劣化

アンテナケーブル次第でテレビ映りには大きく影響します。
アンテナケーブルの品質がテレビ映りに影響すると知っている方は非常に少ないです。

電気は電線が細いほど電気の通りが悪くなる性質があります。
この仕組みとアンテナケーブルも同じで、細いケーブルを選んでしまうと受信した電波をロスしやすくなってしまうのです。

100均のケーブルは、ダメ!ケーブル品質は重要です

アンテナケーブルには、太さなどに違いがあり「4C」「5C」など違いがあります。
数字が大きくなるほど、太くなり太さにより受信した電波のロスが少なくなるのです。

アンテナケーブルには、細いケーブルから凄く太いケーブルまであります。ご自宅の状況にあわせて、出来る限り太めのケーブルを選ぶのが良いでしょう。

特に100円均一などで販売されているケーブルは非常に細いケーブルで半年程度で劣化してしまう製品が多いので注意が必要です。

以前までは、白いケーブルは劣化しやすいから黒いケーブルが良いなど言われていた事もありますが、実際にはあまり関係なくお好きな色のケーブルにすると良いでしょう。

テレビアンテナから離れている・ケーブルが長すぎる

ケーブル減衰

先程は、アンテナケーブルの太さの違いでテレビ映りに影響するとお伝えしましが、ケーブルの太さ以外にも長さでも電波にロスが発生してしまうのです。

受信した電波がアンテナ端子を通してアンテナケーブルからテレビに届けられます。
このアンテナケーブルの長さが長ければ長いほど電波をロスしてしまうのです。

アンテナケーブルによる電波ロスは、あまり大きなものではありませんが元々電波がギリギリの状態で届いている様な場合には、ケーブルの距離のロスでテレビ映りに悪影響を及ぼしてしまう事もあるのです。

ケーブルは適切な長さの太めのケーブルを!電波減衰時には、ブースターを使用しよう!

アンテナケーブルを延長している方は、特に注意が必要です。
ケーブルの長さにより電波がロスしていますので、適切な長さにケーブルを調整しましょう。

ですが、テレビの位置を変える事が出来ない場合などにはケーブルを短くする事が出来ません。その様な時には、電波損失をブースターを設置し補いましょう

ブースターとは、受信した電波の増幅器です。
テレビアンテナで受信した電波が減衰している場合には、視聴できる適切な電波まで増幅する事が出来るのです。
ケーブル損失などがある場合には、ブースターを利用し電波を増幅する事で正常に視聴する事ができるでしょう。

下記の記事では、アンテナケーブルの選び方から電波のロスの仕組みまで詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

アンテナを設置してから10年以上経過している

アンテナの老朽化

テレビアンテナは、一度設置するとメンテナンスフリーで長期間使用する事が可能です。
長く使用する方ですと、15年以上使用している事もあるんです。

ですが、テレビアンテナは屋根上などに設置しているので炎天下や雨風にさらされ年月が経過すると経年劣化してしまい防錆効果なども弱まり、次第に錆びなどで配線の接続部分が腐食しショートしてしまう事があるのです。

テレビアンテナの寿命は10年です!10年以上使用時には、新しくする事も検討しよう!

テレビアンテナは、10年が寿命と定められています。
当然、10年以上使用する事も可能ですが10年程度で壊れてしまうかもしれないといった目安になります。

長期間使用しているテレビアンテナで映りが悪くなってきたといった際には、修理などを行うよりもアンテナ一式交換してしまう方がトータルでコストパフォーマンスが良いでしょう。

アンテナ周りの機器については寿命が決められている訳ではないですが、10年程度が寿命と言われています。

下記の記事では、テレビアンテナの寿命について詳しく解説していますので気になる方は参考にしてみてくださいね。


如何でしょうか?

テレビ映りに影響する原因の多くは電波不足です。
アンテナ本体での受信状況からくる電波不足から、アンテナ本体で受信してからの電波ロスが起きてしまう電波不足まで様々なのです。

テレビアンテナを設置する際などに、雑な業者が対応した際には電波を測定せず設置してしまう業者もいるのです。
この様な場合には、最適な設置状況になっておらず映りが悪くなってしまったりなど悪影響がでてしまうのです。

最適なテレビアンテナを選んでほしいなど、テレビ映りでお困りの方は是非アンテナレスキューまでご相談ください

電波ロスが発生している場合には、ブースターの設置。不適切なテレビアンテナが設置されている際には、最適なテレビアンテナの提案など、ご自宅の状況にあわせてベストな提案をいたします。

お見積り・ご相談・現地調査」の3つ無料で対応していますので、お気軽にご相談ください。

電話相談

電波は足りているのにテレビの画質が悪い原因とは?

アンテナ切り替えのデメリット
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

テレビアンテナ以外にもご自宅のテレビの視聴状況によっても悪影響を及ぼしてしまう事があります。何気ない事が原因になっている事もあるので注意が必要ですよ!

テレビ映りに密接に関わるのは電波不足とお伝えしましたが、電波不足以外にも悪影響がでてしまうケースもあります。
では、幾つか紹介していきますので見ていきましょう。

品質の悪い電波で視聴している

品質の悪い電波

電波には、強弱がある事はここまでに紹介していきました。

一般のテレビでは、アンテナレベルとして確認する事が出来ますが、アンテナレベルとは(信号強度、受信強度)とC/N比(信号とノイズ比)を各テレビメーカーが独自計算した数値なのです。

この様な事から、アンテナレベルの数値もメーカー毎にまちまちでシャープなどは高めに表示され、東芝などは低めに表示されています。

あくまで、目安の数値と覚えておきましょう。

では、こちらで紹介している品質の悪い電波とはC/N比(信号とノイズ比)が低い状態を指します。仮に、信号強度が高くてもC/N比が低い状態ではノイズが出てしまうのです。

ブースターは使用方法を間違えると悪影響に繋がります!

間違って認識している方は、電波が弱ければブースターを使用すれば映りが良くなると勘違いしている方もいるのですが、受信しているC/N比が低い状態でブースターで電波を増幅してしまうとノイズが多い状態の電波を増幅してしまう事になり、テレビ映りを更に悪くさせてしまう事になるのです。

下記では、ブースターについて詳しく解説していますので気になる方は参考にしてくださいね。

テレビを何台も設置している

テレビを複数台設置

アンテナでの受信状態も問題ない、アンテナケーブルなども適切であってもテレビ映りが悪くなってしまう事があります。
それはご自宅内で使用しているテレビの台数が多い場合です。

テレビをご自宅内で視聴する際は、1本のテレビアンテナで受信した電波を視聴する台数分のテレビへ分配しているのです。
電波は目に見えないので減るといったイメージが湧きづらいですが、テレビの台数が多いほど電波はロスしてしまうのです。

分配損失の場合にはブースターを利用しよう

マンションやアパートなどの場合には、1本のテレビアンテナから多くの部屋に電波を分配します。
この様な際には、1部屋辺りの電波は凄く弱くなってしまうのでしょう。
こういった電波損失の場合には、ブースターを利用する事で損失した電波を補う事が出来るのです。

上記でも説明しましたが、ブースターが最適な設置状況は受信状態は問題なく電波損失がある場合に限ります。使用方法次第では非常にメリットがある機器なのです。


画質が悪くなる原因として、電波不足からC/N比(信号とノイズ比)をお伝えしました。
現在も、ブースターを設置しテレビを視聴している方などは設定に問題がないか確認してみると良いでしょう。

また、以前まではキレイに視聴できていたのに急に画質が悪くなった際などには電波不足やアンテナ機器にトラブルが起きている可能性があります。

ブースターの新規設置などは電気系統の知識も必要になり、使用方法を間違ってしまうと悪影響が出てしまう可能性もあり難しい作業です。

テレビ映りや画質が悪くなってしまって困っているなどの場合には、アンテナレスキューまでご相談ください。
現在の電波の受信状況などを測定し、ご自宅の状況にあわせた最適な提案をいたします。

電話相談

一部のチャンネルだけ映らない・映り悪い原因は?

テレビの故障
レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

テレビ映りに影響が出る際には、全てが映らなくなる・一部のチャンネルだけ映らない・全体の映りが悪くなるなど状況にあわせた対応が必要になりますよ!

テレビの映りが悪くなる際には、なにも全てのチャンネルに悪影響が出ている訳ではありません。
一部のチャンネルのみに悪影響が出てしまう事もあるのです。

特に、一部のチャンネルだけ映りが悪くなってしまう際には原因も分かり辛い事も多く、解決せず諦めている方も多いです。
では、どの様な原因から一部のチャンネルだけ不具合が出てしまうので見ていきましょう。

○チャンネルだけ映りが悪い時の原因とは?

アンテナレベルの確認方法

まず、お伝えしておきたい点としてテレビアンテナで電波を受信しているのですがチャンネルにより少しずつですが、電波の周波数が異なり受信状態が変わってくるのです。
微妙な差ではあるのですが、元々電波の受信状態が良くない場合などにはこの様な微差で影響を受けてしまう事もあるのです。

テレビアンテナで電波を受信する場合には、次の3つのパターンがあります。

方向が違う別の送信所から受信している

送信所の方向が異なる場合には、テレビアンテナの方向が正しくないケースもあり受信状態にバラつきが出てしまう

方向が同じ別の送信所から受信している

同じ方向の送信所からの電波を受信している場合でも、送信所までの距離は異なるので受信する電波にバラつきが出る

同じ送信所から受信しているが電波のチャンネルにより電波の強弱がある

同じ送信所からの電波でもチャンネルにより電波に強弱が存在します。あまり大きな強弱ではありませんが、元々の受信状態が悪い際には影響を受けてしまう事もあるでしょう。

下記の記事では、詳しく電波塔からの受信状態について解説していますので参考にしてみてくださいね。

電波のハイトパターンを知っておこう!アンテナを設置する高さも影響します!

ハイトパターン

テレビアンテナを設置する位置は、基本的にはご自宅で一番高い位置に設置するのが良いとされています。大まかには間違っていないのですが、高ければ良いといった訳ではありません

高い位置に設置する理由として遮蔽障害をなくし、電波を受信しやすい状態にする為です。
テレビの電波は目に見える事はありませんが、実際に電波は波を打ちながら移動しているのです。
この様な状態を「ハイトパターン」と言います。

このハイトパターンの電波の波を打っている箇所にテレビアンテナを設置するのが一番最適な受信状態になります。この様な事から一概に高い位置にアンテナを設置すれば良いという訳ではないのです。

状況によっては、テレビアンテナの位置を下げる事で受信状態が改善する場合もあるのです。
ただ、ハイトパターンなど電波を測定し作業する為には専用の機器や高所での作業が必須になります。
電波を測定できる機器は必須になる為、業者に相談しみてもらうのが良いでしょう。

下記の記事では、今回紹介したハイトパターンについて詳しく説明してますので気になる方は是非お読みください。

危険な高所作業は、アンテナレスキューにお任せください!

アンテナレスキュー

この様にテレビ映りに影響するのは、ご自宅内のテレビの台数からアンテナの設置位置など多岐に渡ります。特にテレビ映りを改善する作業を行うには、高所作業が必要であったり専門の機材が必要になります。

テレビアンテナの設置工事などは、引っ越しの際に引っ越し業者が設置してくれたなどもあり、電波測定を行わずに雑に工事を行ってしまっているケースもあります。

こういった場合には、天候が良い際は映るが天気が悪くなると映らないなどのトラブルが出てしまう事もあるのです。

特に、お気に入りの番組を視聴中に映りが悪くなってしまっては気分が悪くなってしまいますよね?
その様な事がない様に、テレビの視聴トラブルがある際にはいち早く解決してしまいましょう。

テレビ映りのトラブルでお悩みの際には、是非アンテナレスキューまでご相談ください。
費用や修理時間など気になる事も多いと思います。ご相談いただければ、丁寧にご説明いたします。

アンテナレスキューの対応エリアは、関東エリアと東海エリアのみとなっておりますが「現地調査」を行い工事内容・お見積りをお伝えしご納得いただいてからの施工を行います。

お見積り・ご相談・現地調査」は、無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

電話相談

まとめ

今回の記事では、テレビの電波が悪くなる原因から受信状態が悪くなる原因まで詳しく解説しました。
少し難しい内容も多いかと思いますが、テレビ映りのトラブルを抱えている方は該当している部分があれば参考にしてみてくださいね。

この記事でのポイントは次の3つです。

  • 映りが悪くなる要因の8割は電波不足
  • 電波不足になる原因は、アンテナのトラブルからケーブルまで可能性があります
  • アンテナの方向以外にも高さも意識しよう

以上です。

この記事を読んでいただき、テレビ映りが改善してもらえたらと思っています。
どうしても改善せず、お悩みの方はアンテナレスキューまでご相談ください

他の業者に依頼して改善しなかったケースでも改善してきた実績があります。
お電話・メールのどちらでもご相談を受け付けております。
24時間365日受け付けておりますのでお気軽にご相談ください

アンテナトラブルは、いち早く解決し楽しいテレビライフをおくっていきましょう。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…