選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

雨が降るとテレビが映らない・映りが悪い原因から対処法を詳しく解説!

アンテナ修理

雨が降るとテレビが映らない

突然テレビが見れなくなってしまった…。」なんて経験はありませんか?

雨の季節になると突然のゲリラ豪雨などが多発し、いざテレビを視聴しようとすると映らなくなってしまっているといった事が結構多いのです。
アンテナ修理を専門としているアンテナレスキューでも、特に雨が多い5月~6月などは「急に映らなくなってしまって見てもらえませんか?」といったご相談が多いのです。

雨の日にテレビの映りが悪くなるといった現象は、何も今にはじまった訳ではなく、地上デジタル放送移行前のアナログ放送時代から多いトラブルの1つなのです。

台風などの暴風雨などでアンテナ本体が倒れてしまっているといったケースの際には、一般の方でも分かりやすく悩まずに済むのですが、雨や水滴などが原因でショートしてしまっているといった分かり辛いケースもあります。

このショートしているといった原因の際には、初期段階で修理対応を進めてしまえば大きなトラブルにはなりませんが、放置しているといずれ完全にアンテナ本体が壊れてしまってアンテナ設備一式を交換しなければならないといった大きなトラブルに繋がってしまうのです。

この様な事が、起きない様にこの記事では雨が原因でテレビが映らなくなる・映りが悪くなる原因から確認ポイント、対処法までを詳しく解説していきます。

今日はお気に入りの番組があるから今スグ解決したいんだ!」といった方は、下記のアンテナレスキューの電話番号までご連絡いただければ最短当日で修理を行いますのでお気軽にご相談いただければと思います。

では、雨天時にテレビ映りが悪くなってしまう原因から見ていきましょう。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

雨天時にテレビの映らなくなってしまう原因

雨天時にテレビの映らなくなってしまう原因
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

雨降り時の原因は、多くの原因が考えられますよ。現在の映らない状況と照らし合わせて確認していただく事で原因が特定できるかもしれません。

雨天時にテレビ映りが悪くなってしまう原因は、アンテナ修理の中でも原因を特定するのが難しい部類に属しています。

分かりやすくアンテナ本体が影響を受けてしまっているケースから、雨の水滴でショートしてしまっているケースまであります。

色々なケースがあるのですが、技術や知識をあわせもっている業者であれば該当箇所の修理のみで直る場合もありますが、技術がない業者に依頼してしまうと「アンテナの故障です。一式交換すれば直ります。」などの様な事を言われてしまい、無駄に大きな料金をお支払いする事になってしまうのです。

テレビアンテナの新規設置などは、特に知識がなくても出来てしまう為に片手間で工事をしている業者も結構多いので注意が必要です。

雨で電波が遮られてしまっている

雨や雪

テレビの電波は、雨の影響を受ける事を知っていましたか?
地上波の場合には近隣の電波塔から、BS/CS放送の場合には衛星から電波を発信しご自宅のテレビアンテナで受信しています。

この際に、雨が降っていると雨粒に電波が微量ながら電波が吸収されてしまうのです。
その為、雨が降っている際にはご自宅に届く電波が通常よりも減衰した状態になってしまうのです。

また、アンテナ本体も雨などで濡れていると通常より受信感度が悪くなります
この様な事から、雨降り時には昔から映りが悪くなってしまう事があるのです。

症状としては、雨降り時にはブロックノイズが発生音声が途切れてしまうなど完全に映らなくなってしまう訳ではなく、映りが悪くなってしまうといった症状になります。

特にBS/CSアンテナは、雨の影響を受けやすい

雨で、電波が吸収されてしまうといった性質をお伝えしまたが、特に雨で影響を受けてしまうのがBS/CSなどの衛星放送です。雨が降ると、地上波は映っているのに、衛星放送だけが映らなくなってしまうといった事があるのです。

理由としては、地上波の場合には近隣の電波塔から受信していますが衛星放送の場合には宇宙にある衛星から電波を受信しています。地上から遥か遠くにある衛星からの電波は受信するまでの間に距離も遠く雨の影響を強く受けてしまうのです。

この様な事から、雨の日だけBS/CSが映らなくなったといったトラブルが多いのです。

アンテナが倒れた・方向が変わってしまった

アンテナ落下の危険性

豪雨が降っている際には、雨だけではなく風も吹いている事が多いです。
強風の影響で、アンテナ本体の角度や方向が変わってしまう事があります。

特に台風などの強風時には、アンテナ本体が倒れてしまっていたという事もあるのです。
地上波の場合には、少しぐらい角度や方向が変わってしまってもテレビを視聴する事が出来るのですが、衛星放送の場合には、角度や方向が少し変わってしまうだけでも電波を受信できなくなってしまうのです。

方向が変わってしまった際に、また風が吹いて正しい方向に戻ったりすれば良いですが、勝手に直ってくれる可能性は低く調整が必要になるでしょう。

1度、目視でアンテナの位置を確認してみましょう

雨・風が止んだ後にも、テレビ映りが悪い際にはアンテナの方向が変わっているなど何かしらアンテナ本体に影響を受けている可能性が高いです。

この場合には、一度アンテナを目視で確認してみましょう。
アンテナがシッカリと立っている様であれば、正しい方向に向いているかの確認も忘れずに行ってみてください。正しい方向の基準としては、近隣のご自宅のアンテナの方向を参考にすると良いでしょう。

目視で確認した際に、アンテナが倒れている様な場合には、落下の恐れがあるので急いでアンテナ業者に相談すると良いでしょう。

下記の記事では、アンテナの方角について解説していますので参考にしてみてくださいね。

アンテナ配線の接続部分でショートしている

雨降りが原因で1番難しいのがショートしてしまっているケースです。

台風などの暴風雨が過ぎた後からテレビの映りが悪くなってしまい、アンテナの角度や方角などの確認を行っても問題はなく、電波の受信状態も問題がないといった場合でも映りが悪いが何故だろうといった相談を受ける事があります。

目視などで特に問題ないと判断しても、同軸ケーブル内に水分が入ってしまってショートしているといったケースがあるのです。

特に判断を難しくさせているのは、このショートが原因で映らなくなってしまったとしても、天気が良い日が続き、水分が蒸発してしまうと映る様になるという点です。

この場合には、雨が降るとまた映らなくなってしまうので「雨が原因で受信状態が悪くなってしまっているのかな?」といった判断をしてしまうのですが、実はショートしているのが原因なのです。

ショートしても、また映れば問題ないのでは?」と考える方もいるかと思いますが、金属部分に水分が入ってしまうと、金属部分が腐食してしまい錆びついてしまいます。

この状態が長く続く事で、いずれにせよ完全に映らなくなってしまうのです。
同軸ケーブルのみであれば安価な金額で修理が出来ますが、ブースター部分の接続部分でショートしてしまうとブースターが壊れてしまい高額の修理料金になってしまう事もあります。

アンテナの設置位置にもよりますが、ご自身で確認も難しいので知識と技術を持ったアンテナ業者に相談がするのが良いでしょう。

技術がないアンテナ業者が対応した場合には多いケースです!

この水分が入ってしまいショートしてしまっているといった事案は、主に業者による防水加工のあまさが原因です。アンテナ設置工事を行う際には防水加工を行うのですが、アンテナレスキューにご相談いただいたアンテナ修理を行いにいくと、防水加工があまくゴムテープで巻きつけているだけで、水分が浸食しショートしてしまい、真っ黒に焦げ付いているといったケースがあるのです。

技術力があるアンテナ業者もいますが素人に近いアンテナ業者もおり、ご依頼する際には注意が必要です。

下記の記事でもショートについて詳しく解説していますので参考にしてくださいね。

防水加工は、アンテナ設置部分にも必要です!

ご自宅の壁面などにアンテナ設置する場合には、壁面に穴をあけてアンテナを設置するのがですが、この際に防水加工が悪いとアンテナ本体が腐食するだけではなく、ご自宅の壁面が腐食してしまうという事があるのです。

こうなってしまうと、アンテナ本体の交換価格などとは比較にならない金額の修繕費がかかってしまうので安いだけの素人業者に本当に気をつけてくださいね。


この様に、雨降り時のテレビトラブルは多くの原因が考えられます。
まずは、雨降り時にテレビ映りが悪くなってしまった際には焦らず待ってみるのが良いでしょう。

雨が止んだ後にも、継続して映りが悪い場合にはアンテナ本体にトラブルが出ているなと判断していくのが良いでしょう。

解決策が分からず、お悩みの方はアンテナレスキューまでご相談ください
アンテナ修理を専門としており、数多くのケースを見てきたので原因から最適なご提案をする事が可能です。「お見積り・ご相談・現地調査」までを無料で行っておりますのでお気軽にご相談いただければと思います。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

雨の影響を受けない為の雨対策!

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

適切な雨対策を行う事で改善するので確認してみてくださいね!

ここまでは、雨による悪影響についてお話してきましたが、ここからは雨降り時に悪影響を受け辛くなる対策をご紹介していきたいと思います。

雨や風が吹くと、頻繁にテレビ映りが悪くなってしまいお悩みの方は参考にしていただければと思います。

アンテナ本体を頑丈に固定する

アンテナ工事

まず、アンテナ本体を固定する方法です。
アンテナ本体はシッカリと固定されている様に見える場合でも、実は緩みが発生し方向などが少し悪くなっている場合があります。

そうすると、本来受信できる電波が減衰してしまい尚且つ雨降りで雨に電波が吸収されてしまい結果として映りが悪くなってしまう場合があるのです。

急にテレビ映りが悪くなるといったケースが発生する様になった場合には、アンテナ本体の方角や角度の可能性も高いです。一度メンテナンスも含めてアンテナ業者に相談してみると良いでしょう。
早い段階で相談する事で軽微な修理で済む場合もあるでしょう。

防水グッズをアンテナに施す

アンテナ修理

アンテナ本体に、防水措置をする事も有効な手段の1つです。
撥水シートをアンテナ本体にかける事で、アンテナ本体が雨が付着する事を防止できます。

雨が原因で電波が減衰している事を予防できる事や、アンテナ本体の劣化スピードを遅らせる事にもつながります。

また、アンテナ本体だけでなくアンテナのケーブルに防水キャップなども販売されています
ご自宅のアンテナ設置状況にあわせて最適な防水グッズを使用するのも対策になるでしょう。

ブースターを利用し受信強度の調整

ブースター

ブースターを利用し雨による悪影響を補う方法です。
雨の影響を減らすといった考えではなく、雨により影響を受けた電波を補い最適にするといった考え方です。

ブースターとは、受信した電波を増幅する機器を指します。
ブースターを利用し、受信した電波を最適な強さまであげる事で雨による影響を減らす事が出来るのです。

特に、ギリギリでテレビが映る様な状態の電波の状況の場合には、かなりの効果を発揮するでしょう。
下記の記事では、ブースターについて詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

屋内アンテナに変更する

テレビアンテナ屋根裏設置

雨による影響を減らす為、屋内にアンテナを設置するといった方法です。

屋内設置は、ご自宅の屋根の材質や近隣の状況・電波の受信状況により対応できない場合もありますが、雨の影響を減らす事が出来る方法です。

屋内といっても部屋の中といった訳ではなく、屋根裏などに設置する方法になります。

雨の影響を減らすといったメリット以外にも、ご自宅の屋根上からアンテナがなくなるので景観が良くなるといった面でもメリットといえるでしょう。

屋根裏にアンテナを設置する場合には、屋根の材質が電波を通さない材質だと設置自体できない事もあり電波チェッカーなどでシッカリと判断してから行う必要があるので、ご自身で工事を行わず業者に依頼し相談してみるのが良いでしょう。

下記の記事では、屋根裏設置のテレビアンテナについて詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。


防水加工として、販売されているグッズを使用する簡単な方法から業者に依頼する本格的な方法までご紹介してきました。

原因も分からず、難しいケースが多い雨降り時の受信トラブル
楽しみにしていたテレビも雨が降ったせいで視聴できなくなってしまうと悲しいですよね。

この様な事がない様に、お悩みの方はアンテナレスキューまでご相談ください。
アンテナレスキューでは、関東エリア全般を365日24時間受付で対応していますのでお気軽にご相談いただければと思います。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

確認作業にはご注意を!原因が分からない時は、プロに相談しよう!

アンテナ工事業者

テレビが映らなくなってしまったや、映りが悪くなってしまった際に、DIY感覚でご自身で調整や点検を行う方がおります。

この際に、間違った修理方法を行ってしまうと更に悪化してしまうといったケースもあるので注意が必要です。

高所での作業が必要になる際は、細心のご注意を!

高所作業は落下の危険性

普段から高所での作業になれている方であれば、目視確認などを行っていただく事もできると思いますが、一般の方が高所で作業するとなると作業前は問題ないかなと思って挑戦しますが実際に屋根上などの不安定な場所にのぼると急に怖くなってしまいます

確認や点検作業中に落下事故などを起こしてしまう危険性もあるので、注意しましょう。
高所での作業が必要な際には、プロの業者に依頼すると良いでしょう。

雨天時のトラブルなどは、原因が難しい!修理に強い業者に相談しよう!

アンテナレスキュー

ここまで、原因を紹介してきましたが雨降り時のトラブル箇所を見分けるのはプロの業者でも難しいです。電波の問題から、アンテナ本体の問題まで幅広く、実際に雨降り時に作業を行える訳ではないからです。

アンテナトラブルならアンテナレスキューにお任せを!

アンテナ修理を専門に行っているアンテナレスキューにお任せください。
幾つかの業者が原因が分からずといったケースも何件も対応してきています。

高所作業車が必要なケースから、アンテナ接続部分のショートが原因まで多くの経験があります。
関東エリアのみの対応となってしまいますが、「お見積り・ご相談・現地調査」まで無料で行っていますので、お気軽にご相談いただければと思います。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この様に雨降り時のトラブルには多くの影響が考えられます。

割りと諦めてしまう方もおられるのですが、最適な施工を行えば改善する事だってあるのです。
この記事でのポイントは次の3つです。

  • 雨などの水滴には電波は吸収されてしまう
  • 防水加工があまいとショートしてしまう
  • 点検・確認の際に高所作業には気をつける

以上となります。

雨が原因で、映りが悪くなってしまうと梅雨時期などにはテレビを快適に視聴できなくなってしまいます。

原因さえ特定できれば、多くの場合には改善する事が可能です。
ただ、間違った判断をしてしまうと効果がない対処法を繰り返してしまう事になるでしょう。

その様な事にならない様に、原因はハッキリは分からないが改善したいという際にはアンテナレスキューにご相談ください。ご相談いただきましたら、最短当日お伺いし原因を特定し最適な提案をいたします。

365日24時間受け付けていますので、お気軽にご相談してくださいね。

アンテナ不具合や新規設置のご相談は気軽にご連絡ください!
アンテナのご相談は気軽に!
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. デザインアンテナは映りが悪い?受信感度が弱い理由と、受信感度を高め…

  2. 景観地区でテレビアンテナは設置できる?規制内容とテレビアンテナを設…

  3. 雨が降るとテレビが映らない・映りが悪い原因から対処法を詳しく解説!…

  4. B-CASカードエラーでテレビが映らない!エラーの原因と対処法を徹…

  5. アンテナが台風に弱いはもう古い!台風などの強風に強い新基準のアンテ…

  6. ひかりTVからテレビアンテナ切り替えで月額0円に!解約方法から切り…

  7. 家電量販店にアンテナを工事依頼すると意外と高い!高くなる理由と、最…