選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

地デジアンテナを屋根裏に設置するには?設置できる条件と注意点を解説!

アンテナ工事

テレビアンテナ屋根裏設置

テレビを視聴する際に、必要なテレビアンテナ。

一般的には、テレビアンテナは屋根上に設置するという事が認知されていると思います。近年では、「デザインアンテナ(平面アンテナ)」などが多く普及してきた事で、ご自宅の壁面に設置も一般的になってきましたが、実は、「屋根裏」にテレビアンテナを設置できるという事をご存知でしたでしょうか?

屋根上に設置する事で、「電波を受信しやすい。」といったメリットもありますが、家の景観を損ねてしまうや、天候などでの劣化や風などで倒れてしまうなどの自然の影響を受けやすいといったデメリットもあります。

ですが、いくつかの条件をクリアしている事で屋根裏に地デジアンテナを設置する事も可能です。屋根裏には、屋根や壁といった障害物が多く、住宅の構造や材質によっては受信できる電波の影響を受けてしまい受信しづらくなる場合があり、設置を検討する際には電波状況の測定などが必須となります。

この記事では、どの様な条件を満たしている事で屋根裏にテレビアンテナを設置できるかや?設置する際の注意点など詳しく解説していきます。

アンテナの新規設置などで急ぎで屋根裏など目立たない場所に設置してほしいという方は、お電話いただけましたら最短当日~翌日には対応可能ですので、ご相談ください。

電話相談

では、屋根裏に設置する条件から見ていきましょう。

テレビアンテナの屋根裏設置の条件と注意点は?

テレビアンテナの屋根裏設置の注意点
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

設置できる条件が整っている場合には、非常にオススメの設置場所になります。設置できる条件などは詳しく、この記事を確認してみてくださいね!

テレビアンテナの屋根裏設置とは、地デジアンテナを屋根裏に設置する方法を指します。

地デジアンテナには、大きく分けると2種類あり「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」になります。

この様なアンテナを屋根裏に設置する為には、次の3つの条件を満たしている必要があります。

屋根裏設置の3つの条件
  • ①点検口がある
  • ②屋根裏にアンテナを設置するスペースがある
  • ③テレビ視聴に必要な電波を受信できる

この3つの条件が1つでも欠けてしまうと、屋根裏にテレビアンテナを設置する事が出来ません。

点検口に関しては、テレビアンテナや作業員が屋根裏に入る為に必要になりますので、人の出入りが可能な大きさがあるか事前にチェックしておきましょう。

また、入れるだけの点検口があったとしても設置できるスペースが必要になりますので、アンテナ以上の大きさの屋根裏スペースがあるかも見ておく必要があります。

最後に1番重要になる部分として、電波状況の確認になります。

点検口があり、スペースを確保できたとしても電波が入らないといった状況ではテレビを視聴する事が出来ません。電波測定は、アンテナ業者などでチェックをしてもらう、又は電波チェッカーなどを購入し屋根裏内の電波状況を確認してみましょう。電波に問題がなくスペースが確保できる際には、屋根裏にテレビアンテナを設置できる条件は整っているといえます。

また、屋根裏設置が難しいケースや多くいただく質問などをご説明していきますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

建物や屋根の材質の違いには注意が必要

屋根の材質

屋根裏に設置を検討する際に、重要な点として電波状況とお伝えしましたが、その他にも屋根や建物の材質などを考える必要があります。鉄筋構造の住宅や、ガルバリウムの屋根など素材に金属をしている住宅の場合には、設置が難しい場合があります。

鉄筋などの金属を使用している住宅の場合には、電波が遮られてしまうや反射・吸収してしまうという特徴があります。業者などに電波測定を行ってもらい問題ないと言われている場合には、良いですが。ご自身でチェッカーなどを購入する前に、鉄筋などが使用されていないご自宅なのか確認してみましょう。

設置可能といわれているのは、木造住宅です。屋根は瓦やスレートなどの金属以外が使用されている場合に限ります。無駄にチェッカーを購入してしまわない様に、事前に確認し設置可能か確認しておきましょう。

屋根裏に設置できるのは地デジアンテナのみ

地デジアンテナのみ

屋根裏に設置できるのは基本的には地デジアンテナのみと思ってください。

地デジアンテナは、屋根や壁などの障害物があっても、障害物の素材が金属でない限り電波を受信する事ができます。しかし、BS/CSなどの衛星放送の電波は、地上波電波と異なり、障害物を抜けて電波が届く事がないのです。

屋根裏に天窓がある様な特殊な例であれば、設置する事が可能です。「ベランダや屋根上に設置するのは嫌だな~。」と思われる方は、業者などに目立たない場所に設置できないか聞いてみるのが良いでしょう。

屋根上などに太陽光パネルがある場合は注意が必要

太陽光パネル

屋根上に、太陽光パネルがあるご自宅では屋根裏にアンテナを設置するのは難しいケースが多いです。

基本的には、アンテナを向ける方向に太陽光パネルがあると電波を受信しづらい事が多いです。屋根上全面に太陽光パネルが設置されている様なご自宅では設置は難しいでしょう。

しかし、太陽光パネルの大きさが小さい場合や隙間などある場合には、電波が通る事が可能になる為、設置する事が可能です。

天候による影響はあるのか?

天候による影響

テレビアンテナを屋根裏に設置した場合、風などの影響を受ける事がなくなります。

ですが、雪などが多い地域では積もってしまう事でテレビ視聴に影響がでないか心配になる方もいらっしゃるかと思います。

実際に、雨や雪というのは電波を吸収してしまう性質がある為、多少の影響はあるかも知れませんが基本的には問題ありません。屋根裏に設置する事で雨粒などがテレビアンテナに付着する事がない為、「水膜減衰」がおきません。

豪雪地域などでは、屋根上に数mの雪が積もる事がある様な場合には、電波が弱くなってしまう可能性も十分にありますが、その様な地域では屋外に出す事で別のリスクが伴いますので結果的には屋根裏へのアンテナ設置は選択肢の1つと考える事ができるでしょう。

屋根裏は気温が高くなるから影響は?

気温による影響

テレビアンテナを屋根裏に設置しない方が良いといわれる理由の1つに気温の高さが挙げられます。

実際に、屋根裏は暑くなりますので機器によっては設置が適していない場合もあります。しかし、テレビアンテナは屋外に設置する事を前提として作られている為、直射日光などの暑さにも耐える事ができ、「使用温度範囲」などは設定されていません。

今まで屋根裏に設置した事で気温による問題が出たという事はありませんので、特に問題はないと言えるでしょう。


この様に、条件を満たしている事で屋根裏にテレビアンテナを設置する事ができます。

まずは、目視で点検口があるかや設置できるスペースがあるかを確認していただき問題なければ、電波の測定を行ってみましょう。

電波測定や、テレビアンテナの固定方法などには技術や専門の道具が必要な事からご自身で行う事は難しいかもしれません。この様な場合にアンテナレスキューに相談いただけましたら電波測定を行い、最適な提案をいたします。「太陽光パネルがあるけど大丈夫かな?」などお気軽にご相談頂ければと思います。

関東エリア・東海エリアのみの対応となりますが、24h受け付けておりますのでお気軽にご相談頂ければと思います。

屋根裏にアンテナを設置するメリット・デメリットとは?

E202対処法
レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

屋根裏設置にはメリット・デメリットの両方ありますので、どちらが良いか判断基準として確認してみてくださいね!

地デジアンテナを屋根裏に設置する事で、メリットとしてメンテナンスの頻度が少なくなるという事が挙げられます。理由としては、天候による影響を受け辛いからです。

ですが、メリットばかりではなくデメリットとして電波障害などを受けやすくなるといった電波によるデメリットが多いのが屋根裏設置です。

ここからは、メリット・デメリットを解説していきますので双方確認しておきましょう。

では、屋根裏設置のメリットから見ていきましょう。

屋根裏にテレビアンテナを設置するメリットとは?

屋根裏設置のメリット

屋根裏にアンテナを設置するメリットは、多く存在します。
メリットの多くは、メンテナンスに関係する内容が多いです。

海沿いや風の強い地域などで頻繁にメンテンナンスが発生してしまっている場合などには、検討してみるのが良いでしょう。

家の景観を損なわない

屋根上や壁面にテレビアンテナを設置する事がないので、家の景観を損ねる事がありません。

最近では、デザインアンテナなど目立ち辛いテレビアンテナも増えてはいますが、アンテナを設置している事に変わりはありません。屋根裏設置の場合ですと、屋外からテレビアンテナを設置している事が分からないので、光TVやケーブルTVなどからの移行の際も、見た目が変わらず移行する事が可能です。

雨によるアンテナの劣化が起きない

テレビアンテナは、防水加工などが行われている為、雨の影響などは基本受けません。

ですが、長年使用していると防水加工の効果が薄れてしまう為、ケーブルの接続部分などに水滴が入りショートなどを起こしてしまいテレビ映りに影響を及ぼしてしまう事があります。

その他にも、水滴はサビの原因にもなります劣化が進みやすくなります。

その点、屋根裏設置の場合は多少の湿気などの影響は受ける事はあるかもしれませんが、本体に水滴がつく事がない為、劣化などし辛く長持ちしやすい設置環境となります。

風などによるアンテナの破損や倒れが起きない

夏場の台風の時期などには、テレビアンテナが倒れてしまったや方向が変わってしまったなどが頻繁に発生します。多少の風などでは、影響を受ける事がありませんが台風などの強い風などでは影響を受けてしまうのが屋外設置のテレビアンテナの問題点の1つです。

屋根裏設置の場合には、風などの影響を受けない為、方向や角度が変わってしまうといった事が発生しません。長年設置していると劣化で固定器具が緩んでしまい風が強い日に落下してしまうなんて事がありますが、その様な事は起きないのもメリットの1つとして挙げられます。

外壁や屋根のメンテナンスの際に邪魔にならない

ご自宅の外壁塗装や、屋根工事の際などに邪魔にならいのも1つの特徴です。

屋根裏設置の場合や外壁設置の場合には、場合によっては1度テレビアンテナを外してから工事を行うといったケースがありますが、この様な影響を受ける事がありません。

頻繁に外壁や屋根交換を行う事はないと思いますが、いざ屋根や壁面塗装を行う際に邪魔にならないというのはメリットです。

防水処理の必要がない

アンテナを屋外に設置する際には、防水処理を施します。

防水処理も長い間、時間が経過する事で防水処理能力が落ちてきてしまいます。頻繁にメンテナンスを行う方であれば、この様な防水処理も行うので問題はないかもしれませんが、アンテナは基本設置した後はメンテナンスフリーで故障するまで使う事がほとんどだと思います。

防水能力が落ちたテレビアンテナは劣化しやすくなり、水滴が入った部分は腐食が進んでしまいます。

この様な事がない事で、長く使用する事が出来るのです。

方向調整などに足場の必要がない

屋根裏設置のテレビアンテナは方向調整を容易に行う事が出来ます。

壁面設置や屋根上設置の場合などは、足場の設置を行い調整する必要がある為、足場の準備をする必要がある事や、屋根上の場合には危険が伴います。

屋根裏に設置する場合などには、設置の際なども足場の準備などは必要がなく点検口さえあれば簡単に方向調整を行う事が出来るのです。

紫外線による影響を受けない

同軸ケーブルや、テレビアンテナは紫外線による影響を受けます

耐紫外線ケーブルなども存在しているのですが、ケーブルの品質が低いものなどを使用してしまうと1年程度でボロボロになってしまうという事もあります。

紫外線を浴び続ける事で、ケーブルの周りのビニールが劣化してしまうのです。

屋根裏設置の場合には、紫外線を直接浴びる事がないのでケーブルの劣化などはし辛くなるのです。

屋根裏にテレビアンテナを設置するデメリットとは?

屋根裏設置のデメリット

ここまでは、多くのメリットを紹介してきましたがデメリットも多く存在します。

メリットして挙げられるのは、メンテナンスに関する事が多いですがデメリットは、電波に関する内容が多いです。逆に言えば、電波の問題が無ければ設置できるという事です。

では、どの様なデメリットがあるか1つずつ見ていきましょう。

建物の材質や周辺環境によっては設置できない

こちらは、先程もご説明しましたが金属による影響を受けてしまいます。

通常の屋根上設置より低い位置に設置される事になる為、お近くにビルやマンションなどがある際など「遮蔽障害(しゃへいしょうがい)」を受けてしまう事があるので注意が必要です。

お住まいの地域や立地によっては電波が入り辛い

家の材質や、周辺環境に問題がなくとも電波の入りが悪く視聴に影響が出てしまう場合があります。

この様な場合には、ご自宅で一番受信環境が良い屋根上に設置するのがベストなのですが、屋根裏設置にしてしまう事で、受信レベルが落ちてしまい、テレビ視聴に影響が出てしまうかも知れません。

この場合などには、ブースター(電波増幅器)などを設置する事で改善されるケースがあります。

LED照明などの電波障害を受ける事がある

LED照明が電波に悪影響を及ぼす場合があります。

特に屋根裏設置の場合などは、照明からの距離が近い為、影響を受けやすくなります。

この場合、照明をつけていない場合などには通常通り視聴できるのですがLED照明を使用している際などにテレビ映りが悪くなります。この様な場合はLED照明が原因で電波障害が起きていると考えるのが良いでしょう。

電波障害を起こさない様な対策されたLED照明に交換する事で改善されますので、この様な現象がみられた場合には交換してみると良いでしょう。

屋根上設置や壁面設置などより設置工事の費用が高くなる

通常の屋根上設置や壁面設置の工事料金より高くなる事が多いです。

設置する際にケーブルなどの処理の工数があがる事で、費用が高くなる傾向があります。

ただし、必ずしも高くなるといった訳ではなく、高所作業が必要なくなる事で通常より安くなる事もありますので対応してもらえる業者に相談してみると良いでしょう。

家の塗装などを行った際に電波の受信が悪くなる事がある

屋根裏にアンテナを設置した後には、通常通り視聴できていたが外壁塗装を行った後からテレビ視聴に問題が出るケースがあります。この様な事が起きる原因としては、塗料に金属が含まれている場合があります。

金属が含まれている塗料を使用してしまうと電波を遮ってしまう為、テレビ映りが悪くなる事があります。

屋根裏にアンテナ設置している方は、外壁塗装を行う際にはシッカリと業者に確認しておきましょう。


この様に多くのメリット・デメリットが存在します。

検討される基準としては、海辺などの雨風の影響を受けやすいといった地域や天候によるメンテナンスが面倒といった方は、屋根裏設置を検討してみるのが良いでしょう。

業者などに電波が悪いと言われた事がある地域や、テレビ映りが悪くなったりする事がある様な地域では受信電波に不安がある為、屋根上などの受信力が一番強い場所に設置しましょう。

アンテナレスキューでは、「現地調査」で電波測定を行い設置に問題がないか?正しく設置できるか?などを判断した上でアンテナ設置・交換が可能です。屋根裏に設置したい方などは、「ご相談・お見積り・現地調査」などの施工前に関しては、無料で対応していますのでお気軽のご相談ください。

電話相談

まとめ

如何でしたでしょうか?地デジアンテナを、屋根裏に設置する事はメリットが多く存在しますが、設置条件が少し複雑で判断が難しいケースが多いです。

また、設置に問題がない場合でもキレイに視聴する為には、細かい調整が必要になるケースが多いので注意が必要ですになります。地デジアンテナを屋根裏に設置する為のポイントは次の3つです。

  • 屋根裏設置する為には条件をクリアしているか?
  • 屋根裏設置の際は、メンテナンスが少なくなる
  • 金属は電波を遮ってしまうので注意が必要

問題がない場合には、屋根裏設置はアンテナも長持ちする事や天候による影響を受け辛い事からオススメの設置方法です。八木式アンテナ以外にもデザインアンテナも屋根裏に設置する事が可能です。

既存のアンテナから交換を行う場合には、撤去作業なども必要になる事から危険が伴いますのでプロの業者に依頼するのが良いでしょう。

アンテナレスキューでも、屋根裏への新規設置・交換から既存のアンテナの撤去など幅広く行っていますので、検討されている方は、是非ご相談ください。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…