選ばれる理由 Reason

アンテナレスキューとは一軒家のテレビアンテナ修理・工事のプロ集団です。お客様にご安心していただけることを第一に考え、緊急修理依頼から新築のアンテナ設置などを明朗会計でご提供しております。修理依頼・アンテナ工事などのご要望はお任せください。

  1. 安心の明朗会計!

    お見積り・ご相談無料
    お気軽にご相談いただけます

  2. 手厚い保証サービス!

    万が一不具合が発生した場合には
    施工後、安心の8年保証付き!

  3. 地域密着型の迅速な対応力!

    すべてのお客様に
    映る喜びをお届けしたい

  4. 各種サポート対応!

    自然災害故障は災害保険の適用範囲
    災害保険も申請サポート

アンテナ工事・取り付け料金の相場費用は?状況別の基礎知識を覚えよう

アンテナ工事

アンテナ工事

新築や引っ越し時に行うアンテナ工事。

賃貸に住んでいた方ならば、テレビは映るのが当たり前ですが、新築の一軒家に住む際にテレビを視聴する場合には、ご自身でテレビアンテナ工事を行う必要があります。

家の建設をお願いしていた工務店などで行ってくれる場合もありますが、お見積りが想像以上に高く、果たしてお見積りは適正金額なのか?とお悩みになる方も多いと思います。

中々、テレビアンテナの工事を行う機会がないだけに工事代金の適正金額は全く分からないという方がほとんどかと思います。

高い気がするけど言われたお見積り金額で行って良いのかな?
ぼったくられていないかな?

シッカリとした知識をない事で不安を抱えてしまうかも知れません。
その様な事にならない様に、こちらの記事ではテレビアンテナの種別にあわせた工事費用の相場金額や注意点をお伝えしていきます。

今後、引っ越し時などに新規アンテナやアンテナの交換などを検討されている方は、こちらで費用相場と基礎知識を学び損をしないアンテナ工事を行いましょう。

それでは、ここからアンテナ工事にかかる費用や一般的なアンテナ工事業者の相場費用を解説していきます。

事前に知っておきたいテレビアンテナの種類と特徴

アンテナ工事相場費用

テレビアンテナは一般的に屋根上についている魚の骨の形状の「八木式アンテナ」が頭に浮かぶ方が多いと思います。ですが、近年はテレビアンテナの種類も豊富になっており、「4K8K対応アンテナ」や家の景観を壊さない「デザインアンテナ」などテレビアンテナといっても種類により値段も大きく変わってきます。

テレビアンテナの種類によっては視聴できる番組や放送様式も変わってきます。ご自宅の電波状況にもよるのですが、どんなテレビアンテナを選択する必要があるのか?など各アンテナの種類や費用などを個別に説明していきますので、チェックしてみましょう。

取り付けたいテレビアンテナが決まっている方は、この項目を飛ばしていただき費用相場を確認してみてくださいね。

地デジを視聴する際に設置する3種のアンテナ

地デジを視聴する事を目的としたテレビアンテナを3種類ほどご紹介します。
下記の3種が地デジ放送受信用のテレビアンテナです。

  • 八木式アンテナ(魚の骨の様な形状のオーソドックスなテレビアンテナ)
  • デザインアンテナ(平面アンテナ・フラットアンテナ)
  • 室内設置用アンテナ

以上、3種類が地デジを視聴する際に設置するテレビアンテナになります。

それぞれ、形状は全く違います。形状以外にも、もっとも大きな違いとしては受信できる電波の強さが変わってきます。

それぞれ電波の受信力が違ってきますので見た目や値段のみで決めてしまうと後々、視聴に影響が出てしまい再設置を行う必要が出るなど、損をする事につながりますので1つずつどんなものか説明していきますので確認してみましょう。

八木式アンテナ

八木式アンテナ

写真をご覧になれば、「あー近所の屋根の上にたってるな~。」と思われる方がほとんどかと思います。昔から幅広い地域で使われているもっともメジャーなアンテナです。

最大の特徴としては、電波の受信力です。今回紹介している3種類のテレビアンテナの中で、一番電波を受信できます。設置場所は、基本的には屋根上設置が一般的となり、ご家庭によっては屋根裏に設置する事もあります。

この骨の形をしている1本を素子といい、素子の数が多いほど受信力が強くなります。弱電波地域などでは、大きな力を発揮します。電波の弱い地域の方であれば、八木式テレビアンテナを設置する事を検討しておきましょう。

メリット
  • 強い電波力
  • アンテナ本体価格が安い
デメリット
  • 屋根上設置の場合は天候の影響でトラブルが発生しやすい
八木式アンテナの設置・取り付け工事の相場費用はいくら?

八木式アンテナは、素子の数などにより金額は違ってくるのですが、本体価格としては2,000円~10,000円となります。本体価格とは別に、八木式アンテナを設置する為に「アンテナマスト」や「ワイヤー」や「屋根馬」などの部材が必要になるので別途費用がかかります。

工事を業者に依頼する場合には、「本体価格」+「周辺部材価格」+「技術料」などで30,000円~35,000円が相場の費用として必要になります。

デザインアンテナ

デザインアンテナ

次に紹介するのがデザインアンテナです。先程までの「The.テレビアンテナ」の形状とは異なり、箱型のテレビアンテナとなります。「平面アンテナ」や「フラットアンテナ」とも呼ばれており近年は新築のご家庭の80%は、こちらのデザインアンテナの設置を希望されております。

最大の特徴は、名前から分かる通りのデザイン性です。通常アンテナは屋根上設置でしたが、デザインアンテナは、ご自宅の壁面に設置します。カラーバリエーションも多い事から、ご自宅の壁面の色に合わせる事で、目立ち辛いといった特徴があります。

景観指定地区でも、デザインアンテナの設置であればOKといった事もあります。その他にも設置場所が壁面という事もあり強風などの自然災害時に倒壊するリスクが非常に少なくなります。

ですが、メリットばかりではなく八木式アンテナと比べると電波の受信力は落ちてしまうので希望したいけど、電波状況で設置する事が出来ないといったご家庭もある為、電波状況などの事前の確認が必要になります。

メリット
  • 高いデザイン性
  • 強風などの自然災害に強い
デメリット
  • 八木式アンテナに比べると本体価格が高い
  • 技術料が八木式アンテナ設置費用より高い
  • 電波の受信力に不安がある
デザインアンテナの設置・取り付け工事の相場費用はいくら?

デザインアンテナの本体価格は、5,000円~15,000円になります。

機能などにより、価格が異なりますが業者に依頼する場合には「本体価格」+「周辺部材価格」+「技術料」などで35,000円~40,000円が相場の費用として必要になります。

本体価格の違いや近年登場したばかりのアンテナですので八木式アンテナの設置価格より高く設定されている事が多いです。

また、下記の記事ではデザインアンテナをクローズアップして紹介していますのでデザイン案アンテナ工事を検討している方はあわせて確認してみましょう。

室内アンテナ

室内アンテナ

室内アンテナとは、字面の通り室内に設置するテレビアンテナになります。形状にもコンパクトな事から設置は非常に簡単です。テレビの近く窓際などに設置し、付属のケーブルでテレビに繋ぐ事で完了します。コンパクトである事や設置などをご自身でもできる事、室内設置なので天候の影響受けないなどの事からメリットが多いテレビアンテナの様に思えますが、3つの地デジアンテナでもっとも電波の受信力が弱いです。

電波の弱い地域では、視聴に問題が出る事が多くなります。一部の番組が映らない事や、ブロックノイズが発生するなどになります。室内アンテナを検討されている方は、購入や設置前に、十分に電波状況をチェックしてからにしてください。

最近では、あまり見られなくなりましたが室内でワンセグの視聴などが問題ない状態で見られるといった電波環境の良いご家庭でないと設置を検討しない方が良いでしょう。

メリット
  • 自分で設置できる
  • 室内設置の為、天候の影響を受けない
デメリット
  • 受信電波が非常に弱い
室内アンテナの設置・取り付け工事の相場費用はいくら?

室内アンテナの本体価格の相場は、1,000円~10,000円程度と本体価格に幅があります。

手軽に設置できるのが魅力ですので、業者に依頼をするという方はほとんどおられません。その為、業者に室内アンテナを設置してほしいという事を事前に伝える事をお勧めします。

※室内アンテナと、地デジアンテナの室内設置は全く別ですので混同しない様にしましょう。


以上が、地デジを視聴する為のテレビアンテナの3種類になります。
続いては、BS/CSを視聴する為のパラボラアンテナの紹介していきます。

衛星放送を視聴する為のBS/CSアンテナ

BS/CSを視聴する為のパラボラアンテナ。八木式アンテナなどと異なり、白いお皿の様な形状をしているアンテナになります。屋根上や、ベランダなどに設置されている事がほとんどです。

設置する目的としては地デジ以外の衛星放送を視聴できる事です。スカパーなども視聴する際にもBS/CSアンテナが必要になります。

電波も、衛星から受信する電波の為に地デジアンテナとは設置する際の方角や角度も全く違います。大きな特徴としては、設置する際は角度や方角が非常にシビアです。

地デジのアンテナに関しては、少しのズレであれば映りが悪いといった程度で視聴できる事が多いですが、BS/CSアンテナは、角度が1度ずれる事で視聴する事が出来なくなります

その為、設置の際は業者に依頼するのが一般的です。
また、BS/CSアンテナには次の2種類のアンテナがあります。

  • BS110゜アンテナ 2K(フルハイビジョン)
  • 4K8K対応アンテナ

BS110゜アンテナ 2K(フルハイビジョン)

BSアンテナ

こちらは、一般的なBS/CSアンテナです。
CS対応の記載があるアンテナであればスカパーなどの視聴も可能になります。

近年は、BSフジなど地上波の放送局がBS/CS放送を行っている事から、視聴できる番組も多くなっており、番組も専門性の高いものが多く人気があがってきています。

メリット
  • 地デジ以外の番組を受信できる
  • スカパーなどを契約すれば視聴できる
  • 専門性のある番組が多い
デメリット
  • BS/CSアンテナのみでは地デジは視聴できない
  • 設置作業がシビアなので業者設置が基本
BS/CSアンテナの設置・取り付け工事の相場費用はいくら?

BS/CSアンテナには、種類がある為に事前にどの番組を視聴したいかなど詳しく確認してから設置するアンテナを決める必要があります。通常の2K(フルハイビジョン)放送を見る為のBS/CSアンテナは「BS110゜アンテナ」と呼ばれるアンテナです。

BS/CSアンテナの本体価格は3,000円~10,000円になります。設置を業者に依頼する場合には「本体価格」+「周辺部材価格」+「技術料」などで20,000円~30,000円が相場の費用として必要になります。

スカパー視聴が目的の場合には、アンテナに「CS対応」の記載があるアンテナを選択しましょう。

4K8K対応アンテナ

4K8K対応BSアンテナ

4K8K対応アンテナとは、2018年の12月より放送がはじまった「4K8K放送」を受信できるテレビアンテナです。特徴としては、今までののフルハイビジョンよりもキレイな画質でテレビを視聴する事ができる様になりました。

見た目だけであれば、通常の2K(フルハイビジョン)アンテナと4K8Kアンテナは変わりませんが(白いお皿の形状)、4K8K対応しているテレビアンテナでないと4K8K放送を受信する事はできません

高画質な視聴をしたい。」「4K8K放送の番組を視聴したい。」などの際に、テレビアンテナを4K8K対応のアンテナに周辺機器も含め交換する必要があります。

メリット
  • キレイな視聴が可能
  • 4K8K独自の放送を視聴できる
デメリット
  • 費用が高い
  • アンテナ以外にも周辺機器を変える必要がある
4K8K対応アンテナの工事・取り付け工事の相場費用はいくら?

4K8K対応のテレビアンテナの本体価格は、8,000円~15,000円となります。設置を業者に依頼する場合には「本体価格」+「周辺部材価格」+「技術料」などで30,000円~50,000円が相場の費用として必要になります。

費用は、他のテレビアンテナと比べると高い費用となります。理由としては、4K8Kアンテナを設置し視聴する為には、アンテナ本体以外にも周辺機器も全て4K8K対応のものに交換する必要がある為です。

また、新築で設置する場合には4K8K対応アンテナとあわせて地デジアンテナも一緒に設置するなどを行うので、費用は高くなる傾向にあります。


ここまでが、テレビアンテナの取り付け・工事の相場費用となります。ここまで説明してきた金額はアンテナレスキューが市場調査を行った結果となり、対象はアンテナ専門業者を対象としている為、最安値程度の金額を記載しています。

工務店や大手電機屋さんに頼んだ際などは、中間マージンが発生してしまうなどがある為、上記の金額より高くなる事があるのでしょう。また、実際にご家庭の状況により技術料などが変わってくる為、参考までにしてください。

相場費用を大きく上回る様なお見積りの際は、業者選びを再度考える指標にしてみてくださいね。

ここまで紹介したテレビアンテナ工事はアンテナレスキューでも対応しておりますので、関東エリア・東海エリアにお住まいの方であれば最安値の金額で対応いたしますので、是非ご相談いただけたらと思います。

電話相談

テレビアンテナの修理や追加工事の場合の費用相場

アンテナ工事相場費用
レスキュー施工担当
レスキュー施工担当

追加工事の場合は、現在使用している機器などそのまま使用できる事が多い為、新規工事費用と比べると安い傾向がありますよ!

アンテナ工事には、新築などに設置する場合の新規工事の他にも新規設置ではなく追加工事や修理・補修工事などが必要になる場合があります。新築設置の場合と違い、追加工事の場合にはケーブルや固定器具などの使い回しが効く事から費用相場は、新規設置の場合と比べると安くなる傾向が多いです。

当然、一式交換の場合には新規設置の場合とほとんど変わりませんが新規工事と比べると値段が安くなるという事を知っておく事で損をしないで済むでしょう。

アンテナ周辺機器の故障などが発生した際の工事費用や、アンテナ本体交換のみの相場費用などを記載していますので次の6つの工事に該当される施工を希望している方は確認してください。

  • 地デジアンテナの交換
  • BS/CSアンテナの交換費用
  • ブースター(電波増幅器)の追加設置
  • 既存アンテナの撤去
  • 既存アンテナの処分
  • アンテナの方向調整・補強工事

では、詳細を詳しく説明していきます。

地デジアンテナの交換費用

費用相場15,000円~35,000円

現在、地デジアンテナを設置しておりアンテナ本体の寿命などによりアンテナ本体のみの交換費用の相場価格となります。地デジアンテナ本体価格も関係もあるので費用は前後しますが工賃込みの費用目安の金額となります。

老朽化した地デジアンテナの交換の場合には、周辺機器はそのまま使用できる事が多い為に15,000円~20,000円で工事する事が可能です。

BS/CSアンテナの交換費用

相場費用12,000円~22,000円

BS/CSアンテナの交換工事の費用となります。
こちらの場合も本体価格により費用は変動しますが工賃込みの相場費用となります。

また、BS/CS放送をご自宅の1部屋で見られれば良いか?もしくは全部屋で見たいかなどにより値段も大きく変わってきます。追加工事費用は安めの金額ですが、分配する部屋数が多いとメインの作業は分配工事となり、費用も上がってくるでしょう。交換工事の場合は、分配作業などが必要がない事から、記載してある12,000円~22,000円が相場費用となります。

ブースターの交換・追加設置

相場費用8,000円~30,000円

ブースターとは、電波増幅器をさします。「必要がないのに取り付けされてるんじゃ?」と相談される事が多いですが、基本的には設置する機器と思っていただいて良いでしょう。ブースターは、電波状況によほど恵まれた地域でない限り必要な機材となります。

また、地デジブースターの設置の場合は20,000円前後。地デジ・BS/CSの混合ブースターの場合ですと30,000円前後の価格になります。

既存アンテナの撤去(撤去のみ)

相場費用5,000円~

アンテナの撤去作業のみの費用です。本来、撤去と処分などあわせて行う事が多いのですが。

こちらでは、撤去の相場費用のみを記載しています。
撤去のみのご依頼ですとアンテナ本体の処分はご自身で行う必要があるのご注意くださいね。

また、下記の記事ではアンテナの撤去や処分について詳しく記載していますので、気になる方は確認してみると良いでしょう。

既存アンテナの処分(処分のみ)

相場費用3,000円~

アンテナ本体の処分費用です。
こちらも上記の撤去作業をあわせて行う事がほとんどです。

撤去と処分をあわせて、高所作業などが必要な場合には大体15,000円~ぐらいが相場の価格となっています。高所作業などが必要ない場所に設置されているテレビアンテナの場合には、費用も少し安く10,000円程度となるでしょう。

テレビアンテナの方向調整・補強費用

相場費用10,000円~

こちらの作業は、実際のご家庭の設置状況により大きく変動する事が多い項目です。ベランダや室内設置などの高所作業を必要としない場合は、10,000円前後。屋根上などの高所作業が必要となる場合には、20,000円前後の費用となります。

下記の記事では、方向調整の方法などをクローズアップして紹介していますので業者探しをされている方は参考にしてみてくださいね。


以上が追加工事の費用となります。
アンテナレスキューでは、追加工事のみでの対応も行っています。ご家庭の状況により、必要な工事は違ってくる為、「無料現地調査」を行いご家庭のあった工事のみを行います。

関東エリア・東海エリアにお住まいの方であれば一度アンテナレスキューにご相談ください。

電話相談

アンテナ工事費用はなぜ開きがあるのか?工事費用の仕組み

レスキュー受付担当
レスキュー受付担当

〇〇円~〇〇円と含みが多いアンテナ工事の金額。何故?この様な金額表記が多いのか説明していますので、確認してみてくださいね。

ここまで、新規工事にあわせて追加工事の相場費用を御伝えしていきました。

しかし、相場費用には開きがある状態でお伝えしている為、大体の相場費用は伝わっているかと思いますが、なぜ価格に数万円の開きがあるのか?と気になるかと思います。

次の4つの理由で工事価格に開きが出ます。

  • テレビを視聴する部屋数により機器の数が変わる
  • ご自宅の電波状況によりアンテナ本体が変わる
  • 電波状況によりブースターなどの付随する機器が変わる
  • 設置する場所の形状により固定器具や設置方法が変わる

この様な理由から、工事費用に開きがでるのです。

実際に、各ご家庭の建物は一軒一軒異なる為、作業内容が変わるのです。かつては、そんな状況から業者の言い値がまかり取っていましたが、近年はインターネットを主流としているアンテナ業者などが増えてきた事から価格が透明化されている為、悪徳業者などは減ってきていると思います。

ただ、その一方でネットに疎い業者などは以前までの様な高額で不透明なお見積りを出している所があります。ご家庭の状況による価格に開きは出るという事は理解しつつも、相場からかけ離れてお見積りをしてくる業者の場合は、業者を再検討するのが良いでしょう。

下記の記事では、アンテナ業者の選び方などをクローズアップして紹介していますので参考にしていただけたらと思います。

まとめ

如何でしたでしょうか?

アンテナ工事の相場費用を理解しつつ業者選びをする事で損をしないアンテナ工事が可能になります。工事を検討する際のポイントは次の3つです。

  • 必要な工事内容や相場を理解する
  • 新規工事と追加工事では費用が違ってくる
  • お見積りが相場とかけ離れていないか確認

以上となります。

アンテナレスキューでは、工事前の「事前相談」「お見積り」「現地調査」など施工前のまでの作業は無料で対応行っておりますので、工事を検討している方は、一度ご相談ください。

工事対応は、当日~翌日施工をモットーにしていますので、対応エリアは関東エリアと東海エリアのみとなっています。残念ながら他地域の方は、こちらの記事を参考にしていただき業者選びを行うと良いでしょう。

損をしないアンテナ工事を行っていただき楽しいテレビライフを送ってくださいね。

アンテナ工事の相談は気軽に!
調査・見積り・ご相談はコチラ
電話相談

関連記事

テレビアンテナの事なら
お気軽にご相談ください!
通話料無料
携帯・PHSもOK
24時間365日受付対応中です!
※施工担当は、自社及び提携代理店が対応します。

最近の記事

  1. BSが視聴できない!マンション・アパートなどでBS放送を視聴するに…

  2. テレビを増やしたい!そんな時に使用するのが分配器!分配器の接続方法…

  3. CS放送を視聴する為に必要な工事は?BS放送とCS放送の違いについ…

  4. テレビの電波が弱い原因は?アンテナレベルが低いと表示された時の改善…

  5. 急にテレビが映らない!映りが悪くなってしまう原因から対処法までを徹…

  6. アンテナのワイヤーの緩みにはご用心!倒れて事故や故障に繋がる前にワ…

  7. 注目の最新テレビアンテナ!ユニコーンアンテナとは?工事費用から特徴…